IT企業とは?意味や含まれる仕事内容を簡単にわかりやすく解説!

IT企業とは?意味や含まれる仕事内容を簡単にわかりやすく解説!
ABOUT ME
no-image
ライター SanamiSasaki
フリーライター|新卒で金融業に従事し、出産後未経験で地元のメディアを運営する会社に転職。現在は推し活と育児を両立しながら、さまざまなWebメディアで執筆しています。

IT企業という言葉は浸透しているものの、何をしている会社なのか明確には理解できていない人も多いのではないでしょうか。また、IT企業の求人には未経験からチャレンジできる求人も多いものの、「本当に専門知識がなくてもいいの……?」と不安に感じる声もあるようです。そこで今回は、IT企業とは何かを簡単に解説していきます。IT企業に含まれる職種についても解説していくので、興味があるならぜひ参考にしてみてください。

IT企業とは?意味を簡単に解説

ITとはInformation Technology(情報技術)を意味する言葉の略称で、コンピュータネットワークを使用した情報技術を指します。簡単にいうと、情報を入手したり保存したり伝達したりする技術のこと。

そして、IT企業とは何かというと、ソフトウェアやハードウェア、通信サービス、情報処理などのサービスを提供する会社を指します。コンピュータ関連の技術を取り扱うのがIT企業ですが、コンピュータはいろいろなことができるため、事業の幅が広く全体像を把握しにくいのが現状です。次々に新しい技術が生まれ、すごいスピードで進化しています。

IT企業の仕事内容は?

IT企業は5つのカテゴリに分類され、仕事内容はそれぞれ異なります。

  • ソフトウェアの開発・管理
  • ハードウェアの開発・管理
  • 通信サービスの開発・管理
  • 情報処理サービスの開発・管理
  • Web制作会社

詳しく確認していきましょう。

ソフトウェアの開発・管理

ソフトウェアはコンピュータの中でさまざまな処理をするための命令をするプログラムを指します。たとえば、普段多くの人が使っているマイクロソフト社のWordやExcel、パソコンやスマホの土台となるOSなどもソフトウェアのひとつ。ニーズに合わせてソフトウェアを設計・開発してリリースする一連の流れが、ソフトウェア開発です。ソフトウェア開発には大きく分けて「Webシステム」「アプリケーション」「組込みシステム」の3つがあり、ニーズに合わせてさまざまな機能のソフトウェアを開発します。

ハードウェアの開発・管理

ハードウェアは、パソコンやモニター、キーボード、マウスなどの機器のことです。最近はスマホ端末やゲーム機、家電もインターネットにつながるようプログラムが組み込まれているため、直接のIT機器でなくてもハードウェア企業に分類され、IoTの広がりに大きく貢献しています。ハードウェアの設計や開発、管理するのが、ハードウェア会社の仕事。電子回路を設計したり機器の動作を制御するシステムを開発したりといった仕事が挙げられます。

通信サービスの開発・管理

通信サービスとは、インターネットや電話などの通信インフラを提供することです。通信サービスを構築したり必要機器を管理したりするのが、通信サービス会社の仕事です。通信サービスは「固定通信」「移動体通信」「インターネットサービスプロバイダ」などに分類されます。現在はスマホの普及によりインターネットの利用者が増えており、インターネット環境の整備は通信サービス会社の重要な課題です。

情報処理サービスの開発・管理

情報処理サービスとは、ハードウェアやソフトウェア、通信サービスなどを組み合わせてシステムの提供や運用、管理を行うサービスを指します。情報処理サービスの目的は、企業の業務が円滑に進むサポートや業務の効率化を叶えること。情報処理サービスを展開する企業はシステムインテグレータ(Sler)と呼ばれ、ソフトウェア会社やハードウェア会社と連携しながら顧客が求めるシステムを構築します。

Web制作会社

ECサイトや企業のコーポレートサイトなどといったWebサイトの制作を手掛けているのがWeb制作会社です。Web広告やSNS運用といった、インターネット上のさまざまなWebコンテンツに関連するサービスを行う会社もあります。Web制作会社にはディレクターやデザイナー、エンジニアなどさまざまな分野のプロが在籍しており、クライアントの要望を踏まえたWebコンテンツを作成しています。

IT企業で働ける職種一覧

IT企業で活躍する職種には、以下のようなものが挙げられます。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ITコンサルタント
  • Webデザイナー
  • マーケター

それぞれの職種の業務内容を簡単に押さえていきましょう。

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)は、情報システムやソフトウェアの設計や開発を行う職種です。求められているシステムを明確にして仕様書に落とし込むのがシステムエンジニアの仕事。開発プロセスの上流工程と呼ばれる領域を担当し、システム全体の設計、開発、運用、保守といった役割を担います。

システムエンジニアとは?具体的な仕事内容や年収、必要なスキルを紹介
システムエンジニアとは?具体的な仕事内容や年収、必要なスキルを紹介 「システムエンジニア(SE)に興味があるけど、そもそもITって何?」「未経験からSEになれるのかな?」という疑問や不安を抱える人は多い...

プログラマー

システムエンジニアの作った設計をもとに、プログラミング言語を用いて必要なプログラムを作るための「プログラミング」を行うのがプログラマーの仕事です。システムエンジニアが設計したシステムを、実際に作動するようプログラミングします。プログラミング言語にはいくつかの種類があり、仕事のジャンルにより使う言語はさまざま。作ったプログラムのテストを行い、バグを発見するのもプログラマーの仕事です。

ITとは?IT関連用語や仕事をわかりやすく解説
ITとは?IT関連用語や仕事をわかりやすく解説 「IT技術」は、近年ますます注目度が高まっています。ITは普段の生活やビジネスにも欠かせない存在になっている一方で、そもそも「ITとは...

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、簡単に言うとITを駆使して企業の経営課題の解消のための提案を行う仕事です。企業の経営戦略を理解したうえでシステム開発の提案や必要なツールの導入などのアドバイスやサポートを行い、企業の課題や問題を解消します。現在さまざまな場面でIT化が進んでいますが、企業によっては昔からのアナログな業務を続けていたり、ITを導入していてもうまく活用できていなかったりすることもあります。そのような会社のIT化を助けるのが、ITコンサルタントの仕事です。

ITコンサルタントとは?仕事内容や年収、向いている人を簡単に解説!
ITコンサルタントとは?仕事内容や年収、向いている人を簡単に解説! ITコンサルタントとはどのような仕事なのか、なんとなくイメージできるものの、実はよく分からないという方もいるのではないでしょうか。...

Webデザイナー

Webデザイナーは主にWebサイトの制作やデザインを行う仕事です。ヒアリングにより作成の目的や伝えたい内容を理解して、構成やレイアウト、カラーなどを選定、クライアントが求めるデザインに落とし込みます。見栄えだけではなく、使いやすさやわかりやすさなど、機能的なデザインも求められます。最近は在宅ワークや副業でWebデザイナーとして活躍する方も増えています。

Webデザイナーは未経験から目指せる!具体的なステップや求められるスキルも紹介
Webデザイナーは未経験から目指せる!具体的なステップや求められるスキルも紹介 「Webデザイナーって未経験からでも目指せるの?」「異業種で仕事をしていても転職できるの?」Webサイトのデザインやコーディン...

マーケター

マーケターとは、マーケティング業務を行う職種です。マーケティングとは商品が売れる仕組みをつくることです。市場調査やニーズの把握、集客のための戦略立案、広告の運用など、売上を生み出すための業務がマーケターの仕事で、仕組みを考え実践し、成果を分析、改善という流れを繰り返します。Webマーケティングの場合成果が計測できるため、うまくいったかどうかが判断しやすいのが特徴です。

Webマーケティングに必要なスキルとは?マーケターの仕事内容も解説
Webマーケティングに必要なスキルとは?マーケターの仕事内容も解説 電通の調査によると、2021年にインターネット広告費が、マスコミ媒体広告費を初めて上回ったことが明らかになりました。インターネット広告...
あわせて読みたい
IT系の仕事とは?未経験でも挑戦できる?主な職種や仕事内容を解説
IT系の仕事とは?未経験でも挑戦できる?主な職種や仕事内容を解説「IT系の仕事にはどんな職種があるの?」「IT業界は専門知識が必要で未経験からの挑戦は難しそう」 このような疑問を抱く方は少なくない…

IT企業の例

実体が把握しやすいよう、IT企業の例をチェックしていきましょう。

ソフトウェア関連会社

ソフトウェア関連会社には、日本オラクルやジャストシステム、サイボウズなどが挙げられます。開発するソフトウェアにはOSやアプリケーションソフト、デバイスドライバ、ミドルウェア、ファームウェアなどさまざま。例えばサイボウズは会社における業務効率化向上やコミュニケーションツールをメインに開発しています。テレワークの導入やクラウド化の推進により、今後ますます需要が見込まれています。

ハードウェア関連会社

ハードウェア関連会社は、日本IBM、ソニー、NEC、富士通などが挙げられます。パソコンやスマホのメーカーというイメージが強いかもしれませんが、テレビなどの家電もハードウェアです。最近はIoT技術の発展によりモノのIT化が進んでおり、生活をより豊かにするデバイスもたくさんあります。精密機械を扱う会社のため、IT企業の中でも専門性が高いといえるでしょう。

通信サービス会社

通信サービス会社は、スマホの3大キャリアで通信インフラを提供しているNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが挙げられます。ネット通信やネット検索には、通信サービス会社が欠かせません。通信インフラの構築やネット接続に必要な機器を販売するのも、通信サービス会社の役割です。格安SIMのMVNO事業、固定電話回線やケーブルテレビなどを提供する会社も、通信サービス会社に該当します。

情報処理サービス会社

情報処理サービス会社には、NTTデータや野村総合研究所、アクセンチュアなどがあります。インターネットを介して業務を行う企業や病院、銀行、官公庁などでは、大規模なシステムを導入する必要があります。そんなときのシステムを構築、運営をサポートするのが、NTTデータや野村総合研究所などの情報処理サービス会社です。会社の成り立ちによりメーカー系や外資系、独立系といった分類があります。

Web制作会社

Web制作会社には、博報堂プロダクツやチームラボなど大小さまざまな会社があります。会社によって得意とするサイトの種類が異なります。たとえば博報堂プロダクツは、ECサイト制作に必須な機能がひとつになったパッケージを提供。チームラボの場合はさまざまなデジタルコンテンツの作成を行っています。ブランディング支援を兼ねたWebやアプリの制作も実施しています。

IT企業に未経験から転職するには

未経験からIT企業への転職を検討している方もいるでしょう。未経験者を歓迎するIT企業の求人も多く、基本的にはスキルがなくても転職は可能です。ただし、IT業界といってもその職種はさまざま。企業によってはある程度の知識が必要なケースもあります。資格の勉強やスクール受講などによりITにまつわる知識を身につけておくと、未経験からの転職も有利になるかもしれません。

資格の勉強をする

ITの知識を身につけるには、資格の勉強をするのもおすすめです。IT職種では実力が重視されるケースが多く、資格がないと働けないということはありません。しかし、IT関連の資格を保有していれば、スキル習得に向けて学ぶ姿勢を示すことにつながります。未経験者におすすめなのは、ITパスポートと基本情報技術者試験の2つ。

  • ITパスポート:基礎的な知識を証明できる
  • 基本情報技術者試験:働くうえで必要な技術や実践力を証明できる

転職活動する前に上記の資格を目指してみるのもいいでしょう。

スクールで学ぶ

独学で学ぶのに不安がある方は、スクールで学ぶのもいいでしょう。目指す職種のスクールであれば、プロの講師から実践に即したスキルを教えてもらえます。不明点は質問できるため、疑問を残さずに学習を進めることができるのがスクールの魅力。カリキュラムに沿って勉強を進めるため、途中で挫折しにくくなります。

スキルを身につけIT業界への転職を目指そう!

IT企業とは何か簡単に説明すると、ソフトウェアやハードウェア、情報処理システムなどコンピュータを用いたサービスを提供する会社のこと。コンピュータでできることは多岐にわたるため、仕事内容もさまざまです。なかでもWebにまつわる業界は変化も大きく、未経験からでも知識や技術を身につければ活躍のチャンスも十分にあります。

女性向けキャリアスクール「SHElikes」は、全40以上の職種スキルが定額で学び放題です。パソコン一つで働けるクリエイティブスキルが学べるコースが多数用意されており、スキルを身につけてIT企業への転職を検討している方にもおすすめです。「SHElikes」に興味があるなら、まずは無料体験レッスンに参加して、内容をチェックしてみてください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。