【要約のコツ】文章を要約するには?上手い文章の書き方と練習方法を紹介 

【要約のコツ】文章を要約するには?上手い文章の書き方と練習方法を紹介 
ABOUT ME
no-image
ライター SanamiSasaki
フリーライター|新卒で金融業に従事し、出産後未経験で地元のメディアを運営する会社に転職。現在は推し活と育児を両立しながら、さまざまなWebメディアで執筆しています。
エディター Kakuhata Kyosuke
同志社大学 生命医科学部医情報学科卒。在学中、基礎科学や生体情報の取得・制御、プログラミングについて学ぶ。大学院進学後Pythonデータ解析や生体化学を学んだあとライター業を開始。現在はフリーランスとして活動し、キャリア領域のメディアを中心にSEO記事を編集・執筆している。

要約は、文章の中で大切な箇所を短くまとめるスキルです。学生なら入試の小論文や就職活動、社会人なら報告書やマニュアル作成など、役立つ場面は多くあります。苦手意識がある人も多いですが、書き方のコツを理解すれば意外と簡単に要約できるようになるでしょう。

今回は、文章を要約するコツを解説します。文章の書き方に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

要約の意味とは?

要約とは、文章の要点をわかりやすく伝えることです。詳細や冗長的な表現を省き、文章のテーマや伝えたいことを整理して文章を端的に構築し直します。ただ単に文章を短くするのではなく、「必要な情報」と「不要な情報」を見極めることがコツです。重要なキーワードをピックアップしてまとめることで、元の文章よりも情報の密度が高くなりわかりやすくなります。

ちなみに文章のすべての内容を盛り込みつつ短くしてしまいがちですが、これは要約ではなく「凝縮」にあたります。文章の要点のみ抜き出す「摘出」を行うことが要約です。

要約の必要性

要約力があれば余計な情報をそぎ落として文章における核心を把握しやすくなるため、情報があふれる現代において重要なスキルとも言えるでしょう。周囲とのコミュニケーションや業務の効率化など、役立つシーンもたくさんあります。ここからは「学生の場合」「社会人の場合」に分けて文章要約の必要性を説明します。

学生の場合

学生であれば学校生活の中で、読解問題や小論文、レポートなど要約のスキルが必要な場面も多くあります。どの分野においても問いを読んで要点を掴めなければ、問題の趣旨を理解することができません。就職活動においても、自分のスキルや経験を要約して記載できれば、目を通してもらえる可能性も高まるでしょう。

社会人の場合

ビジネスにおいて、説明したり説明を聞いたりするのは日常茶飯事です。プレゼンテーションや会議などで要点を絞ることができれば、サービスの顧客や職場の上司・同僚などの相手に伝えたいことを伝達しやすくなるでしょう。聞いた説明のポイントを自分で要約できると、理解もしやすくなります。

また要約力を活かして副業もできるでしょう。例えばニュース記事やブログ記事の作成をするライター、SNSで発信するインフルエンサー、Webコンテンツを管理するディレクターなどといった仕事があります。要約のスキルがあれば、選べる仕事の幅も広がるかもしれません。

要約文の書き方とコツ

要約がどんなものか理解できても、実際に書くとなると難しいと感じる人のために文章を要約する際の書き方とコツを解説します。要約文を書くときは、以下のステップで進めていきましょう。

  1. 文章の内容を大まかに理解する
  2. 意味段落に分ける
  3. 段落ごとに要点を抜き出す
  4. 自分の言葉でまとめる

それぞれの手順とコツを解説していきます。

1.文章の内容を大まかに理解する

事前準備として、何文字の要約文にするかを決め文章の内容大まかに把握ましょう。元の文章からどのくらい削ればいいのかわかると、取り組みやすくなります。文章の詳細について把握する必要はなく、文章の全体像を頭に入れることがコツです。

具体的にはタイトルと目次、見出し、プロローグ、エピローグに着目すると、主張したいことや文章の流れが読み取りやすくなります。特にタイトルや見出しは要旨が凝縮されているケースが多いでしょう。繰り返し出てくるキーワードがあれば、印をつけておくのがおすすめです。読みながらチェックできると時間も短縮できます。

2.意味段落に分ける

文章を読んだら、文章を意味段落に分けていきます。意味段落とは、同じ内容について記載された文章のまとまりのこと。「しかし」「逆に」「さて」など、接続詞で意味段落が別れるケースが多いので、接続詞に注意しながら読むとわかりやすいでしょう。

例文は文章をわかりやすくするためのものなので、要約には不要です。内容が理解できれいれば読まなくても問題ないでしょう。

3.段落ごとに要点を抜き出す

意味段落に分けたら、それぞれの段落の要点を抜き出して、伝えたい部分をピックアップしていきましょう。どのような目的で作られた文章であるかにもよりますが、多くの文章には結論・根拠・例が含まれています。意味段落の最後や、例文の直前が要点になっていることが多いですしょう。

その段落にある内容が結論なのか根拠なのか例なのか読み取り、重要と思われる文章を抜き出します。要約する際に文章の要点をピックアップするコツとしては以下の「5W1H」を意識することです。

  • When:いつ
  • Where:どこで
  • Who:だれが・どのように
  • What:何を
  • Why:なぜ
  • How:どのように

という「5W1H」を重視すると、ピックアップするポイントが見つかりやすくなるかもしれません。抜き出したキーワードや文章を並べつつ、不要な情報を削除すれば、要約文全体の骨組みの完成です。出来上がった骨組みを見て内容がスムーズに把握できでないと感じたら、抜き出す箇所が間違っている可能性もあります。

4.自分の言葉でまとめる

最後に抜き出したポイントを文章にして整えていきましょう。要約のポイントは、一文は短くする、曖昧な表現は避ける、着地は明確にすること。元の文章をそのまま引用するのではなく、自分の言葉でまとめることが大切です。専門用語は補足説明する、わかりやすく言い換えるなど工夫しましょう。

要約ができたら読み直して、意味が通じる文章になっているか確認してみましょう。元の文章の構成のままわかりやすく簡潔になっていれば、要約の完成です。

要約文が上達する練習方法

要約文はトレーニング次第でスキルアップすることができます。要約文を上達させる練習方法をいくつかご紹介します。

  • ニュースを毎日ひとつ家族や友だちに説明する
  • 新聞の社説やコラムを要約する
  • 本や映画の感想を書く
  • 自動要約ツールを活用する

それぞれ具体的に解説します。

ニュースを毎日ひとつ家族や友だちに説明する

ニュースを何かひとつピックアップして毎日家族や友だちに説明するのもいいでしょう。説明するためには、相手が理解できるように情報を整理する必要があります。要点を抜き出す訓練になり、説明力が高まるでしょう。手軽にできる要約の練習にもってこいです。

新聞の社説やコラムを要約する

新聞の社説やコラムを読んで、文字数を設定して要約するのもおすすめの練習方法です。社説に書かれているのは書き手の意見です。意見を中心に要約し、100文字程度にまとめましょう。ひとつの題材が取り上げられているため、結論も抜き出すトレーニングに適しています。毎日練習できるため、習慣化できれば要約スキルも向上しやすいでしょう。

そのほかのコラム記事を要約するのも良いかもしれません。5W1Hを意識しながら読み、情報の全体像を把握する練習になります。完成した要約文は身近な人に読んでもらい、わかりやすい文章かどうかフィードバックをもらうのも有益な方法です。

本や映画の感想を書く

本を読んだり映画を見たりするのが好きな方は、感想を書くのも要約の練習になります。なぜなら、感想を書くためには本や映画の内容を要約しなければならないからです。本や映画であれば起承転結もわかりやすく、要点を掴みやすいでしょう。要約に抵抗感がある方も、好きな本や映画が題材であれば無理なく取り組めるはず。

専用のノートを作って感想を記載していけば、読書や映画鑑賞の記録にもなるでしょう。感想を書くためには要点を掴もうと意識する必要もあり、読書や映画鑑賞の質を高めることにもつながります。

自動要約ツールを活用する

要約した文章をチェックしてもらえないと、きちんとできているかどうかわからず上達につながりません。そんなときは自動要約ツールを活用するのも一つの手です。最近は読み込んだ文章をAIが要約してくれるサービスもたくさん登場しています。自分で要約した文章と自動要約ツールが作成した文章を比較することで、要約力アップにつながるでしょう。

ただし自動要約ツールによっては精度が低く、正しい要約を生成できるとは限りません。情報の取捨選択は求められるので、あくまでも参考として文章を見てみることが大切です。

要約文を書くときの注意点

要約文を書くときには、以下のような注意点が挙げられます。

  • 文章の構成の順を変えない
  • 元の文章のまま使わない
  • 自分の意見を含めない

それぞれ詳しく解説します。

文章の構成の順を変えない

構成を含めて要約するのが基本のため、文章の順を入れ替えるのはNGとされています。文章の構成を入れ替えると、元の文章の意図を損なう可能性があるからです。元の文章から構成が変わる場合、要約ではなく要旨になってしまうので注意しましょう。元の文章に出てくる情報の流れ通りに要約することが大切です。

そのままの文章は使わない

要約するときは、元の文章をそのまま抜き取ってこないようにしましょう。不要な部分を抜き出して切り貼りしただけで文章として成立することもありますが、これは要約とは言えません。なぜなら、要約は文章をきちんと理解している必要があるからです。要約で大切なのは、言いたいことを理解したうえで自分なりの表現で言い直すこと。場合によっては適切な方法で文章の引用をしなければ著作権に反するため、そのまま使わないことが原則です。

自分の意見を入れない

自分の表現に言い換える中で、元の文章にない個人的な意見や解釈を入れたくなってしまうこともあるかもしれませんが、基本的に避けましょう。自分の考えや解釈を入れると作者の意図とは異なる意味になったり、改ざんや曲解と誤解されたりすることがあります。そのため本文に記載していない情報は入れないように注意し、元の文章にある情報をそのまま伝達できる要約を作成することが大切です。

文章力のスキルを磨くにはSHElilkesもおすすめ

SHElilkes(シーライクス)は幅広いクリエイティブスキルが学び放題の女性向けキャリアスクールです。SHElilkesには「Webライティングコース」や「コピーライティングコース」などのコースが用意されています。初心者向けの入門コースや実践力をつけたい人向けのコースなど、目的に応じてライティングスキルの習得が目指せるでしょう。

学びと実践を循環するスクールであるため、スキルが手につきやすいのがSHElilkesの魅力。文章のプロから実践を交えつつ教えてもらえるため、文章力のスキルを定着させられるでしょう。

関連記事:コピーライティングとは?基本テクニックから応用まで解説
関連記事:ライティングスキルとは?一生もののスキルを身につける

SHElilkesで文章力を高めよう

要約力は、学生から社会人までさまざまな場面で役立つスキルです。要約して話の要点を把握するクセがつけば、勉強や仕事だけでなく普段のコミュニケーションにも役立つでしょう。ライターやSNS運営、ディレクターなど要約力を活かせる副業もさまざまです。

要約力を身に付けるトレーニング方法はいろいろありますが、SHElilkesで文章の基礎を学ぶのもひとつの方法です。SHElilkesで文章力アップを目指したいなら、まずは無料体験レッスンに参加してみることから始めましょう。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。