デジタルマーケティングとは?施策や事例をわかりやすく解説

デジタルマーケティングとは?施策や事例をわかりやすく解説

「デジタルマーケティングにはどんな戦略があるんだろう?」
「成果を出している事例が知りたい…」

このような悩みにお答えします。デジタルマーケティングはネット社会の現代において、企業にとって必要不可欠な戦略の一つです。一方で、やり方を間違えると自社にとって損失を招く可能性もあります。したがってインターネット上でのマーケティング施策を担当する方は、適切な方法を理解しておきましょう。

今回は、デジタルマーケティングの意味や実際の施策、成果を挙げている企業事例などについて解説します。「デジタルマーケティングの全体像を理解したい…!」と考える方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

CONTENTS
  1. デジタルマーケティングとは
  2. 企業にとってデジタルマーケティングが重要な理由
  3. デジタルマーケティングの代表的な施策
  4. 【2024年】デジタルマーケティング施策の最新トレンドは?
  5. デジタルマーケティング戦略の企業事例
  6. デジタルマーケティングを導入するステップ
  7. デジタルマーケティングで成果を挙げるポイント
  8. デジタルマーケティングを導入する際の注意点
  9. デジタルマーケティングに関するよくある質問
  10. デジタルマーケティングで事業を成長させよう

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは、インターネットやWebメディア、デジタル広告などを活用したマーケティング施策全般を意味します。具体的な定義は人や企業によっても異なりますが、ネット上のメディアやスマホやパソコンなどのデジタルデバイスを活用したマーケティング施策が該当します。

つまりデジタルマーケティングとは、デジタルテクノロジーを利用して、自社の売上や認知を拡大するために採用する戦略の全てと考えられるでしょう。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

デジタルマーケティング・Webマーケティングの違い

デジタルマーケティングとWebマーケティングは近い意味をもちますが、内容はやや異なります。デジタルマーケティングにはスマホやパソコン、デジタルサイネージなどのリテールメディア、「デジタル機器を活用した施策」も含まれます。またMAやCRMなどのツールを活用したマーケティングも同様です。

一方でWebマーケティングはオウンドメディアやSNS、SEOなどのインターネット上の施策と考えられることが一般的です。つまりWebマーケティングとは、デジタルマーケティングに含まれる施策の一つとなります。

企業にとってデジタルマーケティングが重要な理由

デジタル機器やインターネットの普及により、デジタルマーケティングの重要性は高くなっています。しかし事業者がデジタルマーケティングを採用することには、下記のメリットも存在します。

  • 自社にとって適切な施策が見つかる
  • 多くのデータを入手できる

順番に見ていきましょう。

自社にとって適切な施策が見つかる

デジタルマーケティングはオフラインでの施策と異なり、柔軟なマーケティング戦略を展開することが可能です。例えばWeb広告ではユーザーの性別や年齢、年収や家族構成など属性を絞って情報を発信できます。

そのため自社の商品やサービスに適切な戦略を見つけられるでしょう。効果測定もできるため、マーケティング施策の改善点を発見できることもメリットの一つです。

多くのデータを入手できる

多くのデータや情報を入手できることも、デジタルマーケティングを採用する重要な要素の一つです。例えばSNSでアンケート調査を行えば、特定の地域以外のユーザーから回答を得られます。またオウンドメディアを運営している場合、自社サイトの滞在時間やユーザー属性などを分析することが可能です。オフラインでの施策よりも短期間で膨大なデータを集められるのは、デジタルマーケティングの利点と考えられます。

デジタルマーケティングの代表的な施策

ここからは、デジタルマーケティングの代表的な施策を見ていきましょう。人によっても適切なマーケティング手法は異なりますが、下記の施策を採用する方がしばしば見られます。

  • CRM
  • SEO
  • データ分析
  • Web広告
  • リストマーケティング
  • コンテンツマーケティング
  • SNSマーケティング
  • マーケティングオートフォーメーション

それぞれの特徴を解説します。

CRM(顧客関係管理)

CRMとは「Customer Relationship Management」の略称であり、「顧客関係管理」や「顧客関係性マネジメント」を意味します。具体的な定義は企業によって異なりますが簡単にいうと、既存顧客との関係性を円滑にする施策と考えられるでしょう。

例えばWeb上で顧客にアンケート調査を行いユーザーの不満を改善することで、リピート率が高くなることが期待できます。つまりデジタルマーケティングを活用したCRMは、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとったマーケティング用語であり、「検索エンジン最適化」と意味することが一般的です。具体的にはGoogleやYahoo!などの検索エンジンで自社のコンテンツを上位表示させる施策を意味します。

SEOでは適切なキーワード選定や質の高いコンテンツの配信、ユーザーニーズに沿ったサイト設計などが重要です。検索エンジンで上位表示を達成することにより、運営するオウンドメディアや自社商品やサービスの認知拡大が期待できます。

Web広告

Web広告は、検索エンジンやSNS、スマホアプリやオンラインプラットフォームなどに広告を出稿することです。広告を表示するターゲットの属性を細かく設定できることが魅力であり、広告運用に長けている方であれば短期間での成果が期待できます。効果測定のツールも充実しているため、効率的なデジタルマーケティング施策の一つといえるでしょう。

ただし広告を出稿する料金やユーザー属性などは媒体によって異なります。したがってWeb広告を活用する際は、各媒体の特徴を理解し、自社の商品やサービスに興味があるユーザーに情報を届けられるプラットフォームを選ぶことが大切です。

こちらもおすすめ
広告の種類20選!媒体ごとの特徴や効果、運用のコツも解説
広告の種類20選!媒体ごとの特徴や効果、運用のコツも解説広告は商品・サービスを認知し見込み客になってもらうために非常に重要な手段です。一括りに広告といってもさまざまな種類があり、目的に合わ…

動画マーケティング

近年では動画を活用したマーケティング施策が注目されつつあります。「サイバーエージェント、2022年国内動画広告の市場調査を実施」の調査結果では、動画広告の市場は1年間で133%*1以上成長していることがわかります。

そのため、YouTubeやVimeoなどを活用した動画マーケティングは重要といえるでしょう。また映像は人の記憶に残りやすいことから、デジタルサイネージ広告を使用する企業も増えつつあります。

ただし動画マーケティングに使用するコンテンツを作成するには撮影や動画編集などの作業が必要なので、自社のリソースや費用対効果を考慮したうえで導入を考えましょう。

リストマーケティング

リストマーケティングとは顧客リストのユーザーを対象とした、ダイレクトマーケティングの一つです。具体的には、メルマガやLINE公式アカウントなどの運用が挙げられます。オウンドメディアやSNSでリストに登録してもらうことが一般的であり、ユーザーに有益な情報を届けることで顧客満足度の向上が期待できます。

またクローズドな場におけるユーザーとのコミュニケーションは、個々に対して直接的なやり取りを実現できます。顧客の生の声を拾い上げ、迅速に対応することが比較的容易となり、信頼関係を築きやすくなるでしょう。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、さまざまなメディアで情報発信を行い商品やサービスの利益向上などを目的に行う施策の一つです。オウンドメディアの場合は投稿する記事やホワイトペーパーなどがコンテンツに該当します。また複数のメディアでコンテンツを配信することによりユーザーとの接点が増え、ブランディング向上や認知拡大なども期待できるでしょう。

一方でコンテンツマーケティングで成果を挙げるには時間がかかる可能性があります。そのためコンテンツ制作のリソースを考慮したうえで、導入を検討しましょう。

こちらもおすすめ
コンテンツマーケティングとは?意味や具体的な手順、ポイントをわかりやすく解説
コンテンツマーケティングとは?意味や具体的な手順、ポイントをわかりやすく解説コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるユーザーに対して価値のあるコンテンツを発信し、コミュニケーションを通じて、顧客と深いつ…

SNSマーケティング

SNSマーケティングとはその名の通り、InstagramやTikTokなどのSNSを活用して行うマーケティング施策を指します。商品の販売や認知拡大を目的に利用することが一般的であり、基本的な発信活動は無料でできることが特徴です。

ターゲットに適切な配信を行えば顧客のファン化が期待できる手法でもあり、信用経済社会の現代において重要な戦略の一つです。また近年では、SNSで発信活動を行いながらリストマーケティングを併用する企業・事業者も増えつつあります。

こちらもおすすめ
SNSマーケティングのメリット・デメリットとは?成功のポイントも解説!
SNSマーケティングのメリット・デメリットとは?成功のポイントも解説!個人・企業問わず、気軽にアカウントの開設や運用ができるSNS(ソーシャルネットワーキングシステム)。世界中で利用者が増加し続けている…

マーケティングオートフォーメーション

マーケティングオートフォーメーションとは、マーケティング施策・活動を自動化する概念を意味します。わかりやすくお伝えすると、「システムやツールなどを活用して、売るための仕組みを自動化すること」です。

具体的にはメルマガの自動配信や、LINE公式アカウントで利用できる「Lステップ」などが挙げられます。マーケティングオートフォーメーションを導入することで一部のマーケティング施策を自動的に行えるので、自社のリソース確保につながるでしょう。

【2024年】デジタルマーケティング施策の最新トレンドは?

デジタルマーケティングは、テクノロジーの発展や経済状況によって効果が大きく異なります。そのため最新のトレンドも理解しておきましょう。

まだ不確定な要素はありますが、2024年はAIを活用したマーケティングが注目されています。AIマーケティングはまだ確立されていませんが、業務の自動化やコンテンツの自動作成などに使用されています。例えば将来性の高いECサイトを活用したマーケティングやCRMにAIを導入して、顧客満足度の改善を図る企業などが挙げられるでしょう。

またARやVRなどの視覚的な訴求ができるマーケティングを導入する事業者も増えつつあります。技術の進歩によって広告媒体やマーケティングトレンドは変化するので、最新ニュースは常にチェックしておきましょう。

デジタルマーケティング戦略の企業事例

デジタルマーケティングの全体像は理解できたものの、「実際にはどんな事例があるんだろう…?」と悩む方がいるかもしれません。ここでは、デジタルマーケティングで成果を挙げている企業事例を見ていきましょう。

株式会社ユーザベース

株式会社ユーザベースは、経済ニュースアプリ「NewsPicks」で動画広告によるデジタルマーケティングを実施しています。2023年、NewsPicksは「総合ニュース」「専門情報・ニュース」のサブスクリプション型ニュースサービスにおいて、性別を問わず全属性で利用時間No.1*2を獲得しました。また女性が使うニュースサービスにおいても利用時間No.1*2の実績を誇ります。

デジタルマーケティングの活動内容はさまざまですが、その一つとして静止画広告だけでなく動画広告の運用に注力しました。活用媒体はFacebookやInstagram、TikTokなどのSNS、Yahoo!などさまざまです。内容について気になる方はぜひ以下の記事をご覧ください。

こちらもおすすめ
「動画広告は新規ユーザー獲得の要」NewsPicksを運営するユーザベースが、SHElike…SHE株式会社(以下、SHE)では、デザインやマーケティングなど40以上の職種スキルが学び放題の女性向けキャリアスクールSHElik…

日本政府観光局(JNTO)

日本政府観光局(JNTO)は、WebサイトやSNS、データ活用による海外プロモーション支援など、デジタルマーケティング手法を積極的に活用しています*3。例えばSNSでは、InstagramやFacebook、YouTubeなどを活用して観光情報を発信しています。X(旧Twitter)やWeiboからは交通や自然災害などの情報を届けるなどさまざまな施策を実行しているので、情報発信に関するデジタルマーケティングの事例になるでしょう。

またJNTOは、自治体やインバウンド事業者に向け、デジタルマーケティングの活動で得たノウハウや知見をガイドラインとして公開していることも特徴です。

デジタルマーケティングを導入するステップ

ここからは、デジタルマーケティングを導入する具体的なステップを紹介します。取り扱う商品やサービスにもよっても異なりますが、これから施策を行う方は下記のステップを参考にしてください。

  1. 市場の分析を行う
  2. ターゲットを選定する
  3. マーケティング施策を決める
  4. 効果測定を行う

順番に解説します。

1.市場の分析を行う

デジタルマーケティングで成果を挙げるには、まず市場の分析が必要です。具体的には、競合他社の状況や市場のトレンド、消費者の行動やニーズなどの調査が挙げられます。現状を理解することにより自社が勝ち取れるポジションが明確になり、より具体的なマーケティングプランが見つかりやすくなります。

データ収集と分析には、オンライン調査やSNSのトレンド分析、市場調査レポートなどを活用するとよいでしょう。また市場分析に活用できる「STP分析」などのフレームワークを利用することも有効な手段です。

2.ターゲットを選定する

市場分析が完了したら、結果をもとに効果的にアプローチすべきターゲットを選定しましょう。年齢や性別、興味・関心や居住地などの属性を明確にして、ペルソナまで作成することが大切です。

また自社に合ったターゲットがわかりにくい場合は、競合他社がターゲットにしている属性を参考にするとよいでしょう。ただし競合他社を参考にする場合は、「どこで差別化を図るか」を考えることが大切です。

3.マーケティング施策を決める

ターゲットの選定後、どのデジタルマーケティング施策を採用するかを決定します。例えばオウンドメディアを活用する場合は、SEOやコンテンツマーケティングが重要になるでしょう。短期間での認知拡大を目指すなら、Web広告やSNSマーケティングの利用を検討することがおすすめです。ターゲットの属性や目標を達成する期間を設定して、適切な施策を行いましょう。

4.効果測定を行う

マーケティング施策が決まったら実行して、効果を測定しましょう。具体的にはWebサイトへのアクセス数や滞在時間、CVR(コンバージョン率)やユーザー行動を分析します。効果測定を行うことでコンテンツの改善点が明確になるでしょう。ターゲットユーザーへの配信を最適化するためにも、自社でPDCAに取り組み、適切なデジタルマーケティングを模索してください。

デジタルマーケティングで成果を挙げるポイント

デジタルマーケティングの効果を最大限に発揮するなら、下記のポイントを意識しておきましょう。

  • 複数のメディアを活用する
  • 仮説・検証を繰り返す
  • 適切なツールを使用する

成果を挙げるコツはさまざまですが、まずは上記の3つに取り組んでみてください。順番に解説します。

複数のメディアを活用する

複数のメディアを活用することにより、マーケティング効果を加速できる可能性があります。例えば顧客リストを作成する場合は、SEOとSNSを併用することで多くの流入が見込めるでしょう。SEO×Web広告を行うことで、短期間での認知拡大や利益向上が期待できます。

これらは「クロスメディアマーケティング」と呼ばれる戦略であり、デジタルマーケティングで使用される施策の一つです。リソースが増えるデメリットはありますが短期間での成果を目標にする方は、ぜひ取り組んでみてください。

仮説・検証を繰り返す

デジタルマーケティングには情報戦の側面があります。そのため、仮説と検証を繰り返して最適解を導き出すことが大切です。例えば思うような効果がでない場合、情報をもとに改善点を見つける必要があります。

一方で期待以上の成果が挙げられた場合でも、「なぜ上手くいったのか」と考えることが重要です。自社独自の施策を作り上げるためにも、常に分析を行いましょう。

適切なツールを使用する

分析を効率的に行う際は、専用のツールを導入しましょう。有名なツールでは、「Google Analytics」や「キーワードランキング追跡ツール」などが挙げられます。またWebサイトにきたユーザーの行動を調査するなら、「ヒートマップツール」を利用する必要があるでしょう。無料で使用できるデータ分析ツールなども存在するので、自社に合ったサービスを使用してください。

デジタルマーケティングを導入する際の注意点

デジタルマーケティングは企業の成長に重要な施策の一つです。しかし下記の注意点も理解しておきましょう。

  • 費用対効果を考慮する
  • 短期間での成果が見込めない可能性がある
  • デジタル以外のマーケティング施策も検討する

順番に解説します。

費用対効果を考慮する

デジタルマーケティングを導入する際は、費用対効果をしっかりと考えましょう。理由は、施策によっては高額なコストが発生するからです。例えばWeb上に広告を出稿する場合、クリック率に対する費用が生じることが一般的です。またコンテンツの作成を外部に委託する場合は、制作料が発生します。

したがってデジタルマーケティングを採用する際は、マーケティングに使える費用と必要なコストを算出して効果を期待できる施策に取り組むことが大切です。

短期間での成果が見込めない可能性がある

デジタルマーケティングの施策によっては、長期的な目線で運用する必要があります。例えばSEOの場合、コンテンツを投稿してすぐに上位表示されるケースは多くありません。SNSも同様に、まずはアカウントを成長させることが大切です。

広告を活用すれば期間を短縮できる可能性はありますが、費用やランニングコストが発生します。そのためデジタルマーケティングは、効果を実感できるまでの期間は施策によって異なると理解しておきましょう。

デジタル以外のマーケティング施策も検討する

デジタルマーケティングは、全てのビジネスに適しているとは限りません。例えば50代以上のユーザーをターゲットにする場合は、デジタル広告よりも折り込みチラシなどが有効な可能性があります。ターゲットの居住地によっては、PRを目的にしたイベント開催などが適切になるでしょう。

つまりマーケティングで成果を挙げるには、ターゲットにとって最適な施策を考えることが大切です。

デジタルマーケティングに関するよくある質問

最後に、デジタルマーケティングに関するよくある質問を紹介します。

デジタルマーケティングの仕事内容は?

デジタルマーケティングの仕事内容は多岐に渡りますが、一般的には広告運用やSEOなどが挙げられます。しかし企業の目的によっては、リストマーケティングや戦略の立案なども必要になるでしょう。

デジタルマーケティングに資格は必要?

デジタルマーケティングの仕事に、資格は必要不可欠ではありません。しかし関連する資格を有していると、キャリアに有利に働く可能性はあります。たとえば「Google Analytics個人認定資格」や「マーケティング・ビジネス実務検定」などの資格があげられます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

こちらもおすすめ
マーケティング資格おすすめ10選 - 国家資格や転職に役立つ資格も紹介
マーケティング資格おすすめ10選 – 国家資格や転職に役立つ資格も紹介Webマーケティングの需要拡大とともに注目されつつあるマーケティング資格。経営に関する幅広い知識を求められる国家資格から、マーケティ…

デジタルマーケティングで事業を成長させよう

デジタルマーケティングは、企業の事業拡大に重要な戦略の一つです。ただしターゲットの属性によって適切なマーケティング施策は異なります。したがって市場調査やユーザーニーズを分析して、ペルソナにとって最適な施策を検討することが大切です。

女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)では、コンテンツマーケティングやSNSマーケティングなど、デジタルマーケティングに必要なスキルをプロの講師から学ぶことが可能です。WebデザインやSEOライティングなどの周辺スキルも学習できるので、マーケティング効果を高めるヒントが見つかるでしょう。

さまざまなスキルを身につけてマーケティング領域で活躍したい方は、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

参考:
*1:株式会社サイバーエージェント「サイバーエージェント、2022年国内動画広告の市場調査を実施」より
*2: 株式会社ユーザベース「女性が使うニュースサービスNo.1を獲得 – NewsPicks」より
*3:日本政府観光局(JNTO)「デジタルマーケティング手法を活用し、コロナ禍においても日本の魅力を届ける」より

ABOUT ME
ライター KeitoKurisu
埼玉県の美容学校を卒業後、銀座の美容室での経験を経て、雑誌・広告業界のヘアメイクとして活動。その後、SEOメディア事業や映像制作会社を立ち上げ、脚本とディレクター業務を行う。現在は、アート作品の個展を行いながら、フリーライターとして活動中。
エディター Kakuhata Kyosuke
同志社大学 生命医科学部医情報学科卒。在学中、基礎科学や生体情報の取得・制御、プログラミングについて学ぶ。大学院進学後Pythonデータ解析や生体化学を学んだあとライター業を開始。現在はフリーランスとして活動し、キャリア領域のメディアを中心にSEO記事を編集・執筆している。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。