Webデザインの独学は何から始める?デザインの勉強方法を徹底解説

Webデザインの独学は何から始める?デザインの勉強方法を徹底解説
ABOUT ME
ライター Keisuke Ito
一橋大学卒。投資銀行や資産運用会社での社会人経験がある傍ら、ライターとして5年ほどの実績。転職や起業、キャリア形成や資産運用、不動産投資など多様なジャンルで多数の記事の執筆実績あり。証券アナリスト資格保有。

近年、Webデザインの重要性は高まっており、Webデザインのスキルを身につけることで、キャリアアップやキャリアチェンジを実現している方も多くいます。

Webデザインについて勉強するメリットを理解しつつも「何から始めればよいかわからない」と悩んでいる方もいるでしょう。実は、必要なスキルや勉強のロードマップを理解していれば、Webデザインを独学でも勉強することは可能です。

この記事ではWebデザインに求められるスキルや、独学で勉強する方法を紹介します。Webデザインのスキルをつけてキャリアアップに役立てたいという方は、ぜひ参考にしてください。

Webデザインは独学で勉強できる?

Webデザインを独学で勉強することは可能です。しかし、仕事に役立つほどのハイレベルなスキルを手に入れるのは容易ではありません。Webデザイナーとして活躍するためには幅広い知識が必要なため、闇雲に勉強しても思うようには身につかないでしょう。

Webデザインの能力を培うためには、どのような順序で勉強して必要なスキルを習得すべきなのかをしっかりと整理したうえで、効率よく取り組むことが大切です。

Webデザインに向いている人であれば、独学でもスキルを効率よく習得できる可能性が高いでしょう。こちらの記事も参考に、自分がWebデザインに適しているかを考えてみてください。

Webデザイナーに向いている人の8つの特徴|必要なスキルや役立つ資格も紹介
Webデザイナーに向いている人の8つの特徴|必要なスキルや役立つ資格も紹介 Webデザイナーとは、Web周りのデザインをする人のことです。デザインする対象は、サイトやランディングページ(LP)、SNS投稿用バナ...

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーになるには、Webデザインに対する基礎知識を習得する必要があります。また、それだけでなくデザインを具現化するためのデザインツールの使用方法や、プログラミングなどの知識も必要です。

Webデザインの業務をおこなうために必要なスキルをおさえておきましょう。

Webデザインの基礎知識

Webデザインの基礎知識を習得し、見やすくきれいなコンテンツを描ける状態になることが求められます。Webデザインは大きく分けて次の3つの要素で構成されます。

  • レイアウト
  • タイポグラフィ
  • 配色

Webサイト上の記事や画像、ボタンなどの配置は、ユーザーの使いやすさや見やすさに大きく影響を及ぼします。

タイポグラフィとは文字のフォントやデザインのことです。同じ文章でも、フォント使いや強調するキーワードの選択や装飾文字のデザインなどによって文章の印象は大きく変わります。

最後に配色もWebデザインの重要な要素です。色合いは、見やすさや印象の残りやすさに大きく影響します。

また、企業やブランドのコンセプトに合わせた配色を求められるケースも少なくありません。クライアントのニーズに的確に応えるためにも、配色に関する知識を習得しておくようにしましょう。

デザインツールのスキル

Webデザインの現場では、さまざまな専用のツールを使用します。ツールを使いこなせる状態になることで、デザインの仕事に対応しやすくなります。

少なくとも、次のツールは使いこなせるようになると良いでしょう。

  • Adobe Photoshop
  • Adobe illustrator

現場では、以下のツールもしばしば使用します。

  • Adobe Dreamweaver
  • Adobe XD

以上の二つはやや高度なツールになるので、仕事で必要になったタイミングで習得する、というスタンスでも問題ないでしょう。

プログラミングスキル

プログラミングスキルもWebデザイナーにとって欠かせないスキルの一つです。せっかく見やすいWebデザインを思い描いたとしても、プログラミングができなければWeb上に具現化できません。

Webデザインを進めるうえでは、少なくともHTMLとCSSの知識は必須です。多くのWebサイトにおいては、コンテンツを表示させるためにこの二つのプログラミング言語を使用しています。

さらに、JavaScriptやjQueryのスキルも習得していれば、さらにWebデザイナーとしての付加価値が高まるでしょう。

Webデザインの独学勉強の学び方

Webデザインを独学で勉強したいものの、何から学べばいいのかわからずに悩んでいる方も少なくないでしょう。

実はWebデザインを学ぶ方法は多くあります。本やWebサイト、ブログや動画などを参考にするのも一つの方法です。また、Webデザインに役立つ資格取得に向けて勉強する方法もあります。自分に合った方法で、効率的にスキルを培っていきましょう。

本で学ぶ

Webデザインに関する専門書で学ぶのが有効な勉強方法の一つです。本ではWebデザインに関する基本的な知識を網羅的に習得できます。

しかし、ただ読んでいるだけではスキルは中々身につかないでしょう。、本に沿って手を動かしながら、実際にWebサイトを構築してみることで、効率よくWebデザインの基礎的なスキルを身に着けられるでしょう。

Webデザインを学べる参考書は多数出版されており、初心者向けの基礎を学べる本もあります。どの本がよいのか悩むという方のために、おすすめのデザイン教本を3つ紹介しますので、ぜひ手に取ってみてください。

おすすめのデザイン教本

  • 『いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門』著:伊藤 庄平、益子 貴寛、久保 知己、宮田 優希、伊藤 由暁

Webデザインを一から学ぶうえでおすすめの一冊です。レイアウト、配色、タイポグラフィやプログラミング言語など、Webデザインに必要な基礎知識が一冊に網羅されています。

理論から実例といった流れで構成されており、学んだ知識を実践に活用しやすい構成となっているのが特徴です。一通り理解すれば、Webサイトを一人で制作できるようになるでしょう。

  • 『Webデザイン・スタンダード 伝わるビジュアルづくりとクリエイティブの最新技法』著:境 祐司、小浜 愛香、森本 友理、野田 一輝、北村 篤志、有吉 学

Webデザインについて、特に視覚的な側面からスキルアップしていきたい方におすすめの本です。

最新のWebデザインに関する知識がまとめられています。レイアウトの他、配色、グラフィック、UXデザインなど、視覚的に優れ、ユーザーが使いやすいWebサイトをデザインするうえで必要な知識に重点をおいているのが特徴です。

  • 『作りながら学ぶ HTML/CSSデザインの教科書』著:高橋 朋代、森 智佳子
created by Rinker
¥4,000 (2024/05/26 16:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

初心者がWebデザインに取り組むうえでハードルになりやすいHTMLやCSSのプログラミングを習得できる本です。実際にWebサイトを制作しながら、実践的なソースコードを学ぶ構成となっています。

「なぜその手順をおこなうのか」も説明しているため、単なる暗記に終始せず、応用が効くかたちで知識を身につけることができます。

サイトやブログで学ぶ

Webデザインの情報に対するニーズは高いため、Webサイトやブログ上でも多くの情報が公開されています。複数のコンテンツを読むことで、必要な知識を一通り身に着けられるでしょう。

Webサイトやブログは日々アップデートされているので、より最新のWebデザインに関する情報を閲覧可能です。また、実際にWebデザイナーとして活躍している人の情報を見ることで、モチベーションアップにもつながるでしょう。

YouTubeや動画教材で学ぶ

YouTubeや動画教材を通じてWebデザインを学ぶのも有効な方法です。YouTubeや動画についても、無料で視聴できるコンテンツが多く存在します。講師が実際にデザインの作業を行いながら解説してくれるなど、動画ならではのわかりやすさが魅力です。

わかりやすさに重点を置いて、特定の情報にフォーカスして紹介している動画もあります。自分が必要な情報を発信しているチャンネルをうまく見つけて参考にしていきましょう。

資格の勉強をする

Webデザインに役立つ資格は多数あります。取得に向けて勉強を進めるのも一つの方法です。

Webデザイナーになるうえで必須の資格は特にありませんが、資格取得を目指すことでスキルアップができますし、資格保有をアピールすることでより魅力的な仕事につくチャンスも増えるでしょう。

たとえば、次のような資格の勉強をするのが、Webデザインを習得するうえで有効です。

  • ウェブデザイン技能検定
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定

Webデザインの独学は何から学ぶ?ロードマップで解説

Webデザインを独学で学ぶためのロードマップをおさえておきましょう。Webデザイナーになるためには、多くの知識やテクニックを習得する必要があります。学習の順序を理解して、効率よく取り組むことが重要です。

単に知識を詰め込むのではなく、実際に手を動かして、Web制作に取り組むことをおすすめします。

具体的なWebデザインを学ぶロードマップは次の通りです。

  1. Webデザインの基礎を学ぶ
  2. つくりたいデザインを決める
  3. デザインをトレースして、デザインソフトの練習をする
  4. オリジナルの制作物を作り、スキルを磨く

STEP1 Webデザインの基礎を学ぶ

レイアウト、タイポグラフィ、配色といったWebデザインの基礎を学ぶのが第一です。Webデザイナーは芸術的なセンスが重要と思われがちです。

しかし実際には、基本的なルールをおさえて応用していけば、芸術的センスに関係なく、見やすく使いやすいWebサイトを構築することができます。

STEP2 つくりたいデザインを決める

一通り基礎知識を習得したら、次は実際にWebデザインを制作するつもりで、知識を応用していきましょう。最初は自分が作ってみたいWebサイトを想定して、それを作り上げるつもりで取り組んでみるのがおすすめです。

たとえば、Webデザインの仕事を獲得する時に役立つ、自分の実績をまとめたポートフォリオサイトの原型を作ってみるなどの方法が考えられます。

STEP3 デザインをトレースして、デザインツールの練習をする

最初は一からデザインを構築するのではなく、既存のWebサイトなどを参考にデザインツール上で模写してみるのがよいでしょう。

すでに公開されているWebサイトを参考にすることで、実際にWebデザイナーとして活躍するためのテクニックを身につけられるはずです。

STEP4 オリジナルの制作物を作り、スキルを磨く

デザインツールがある程度使いこなせるようになったら、少しずつ自分なりのアレンジを加えオリジナルの制作物に仕上げていきましょう。最終的にはオリジナルのデザインを具現化してください。

オリジナルのWebデザインをある程度つくれるようになったら、Webデザイナーとして仕事を受ける土台は出来上がったといえます。もしチャンスがあれば、Webデザインの仕事を受注し、取り組んでみましょう。

Webデザインを独学で学ぶメリットデメリットは?

Webデザインを独学で学ぶメリットは次の3点です。

  • 費用を抑えられる
  • 自分のペースで学べる
  • 自分が希望するデザインを最短でつくれる

動画やWebサイトで勉強するだけなら費用はかかりません。本を購入するにしても数千円以内で済むでしょう。また、マイペースで学べるため、仕事などで忙しい人でも少しずつスキルを高めていけるというメリットもあります。

また、Webデザインコースは汎用的な知識やスキルを習得するカリキュラムになっている場合が多いです。つくりたいデザインがはっきりしている場合には、必要なスキルを優先的に身に着けることで、最短でデザイン制作に取り組めるでしょう。

一方でデメリットは次の通りです。

  • 網羅的に知識をつけるのが難しい
  • 挫折しやすい

Webデザインに知見がないと、そもそもどのようなスキルをつけておけば良いかがわからないため、Webデザイナーとして活躍するために必要な知識を網羅するのは難しく感じられるかもしれません。また、費用がかからない分モチベーションを担保するのが難しく、挫折しやすいというデメリットもあります。

Webデザインの勉強は難しい?

Webデザインは、デザインの基礎知識に加えて、ツールとプログラミング言語の双方を習得しなければならないため、難しいと感じる方もいます。

たとえば、同じクリエイティブ系のスキルでいえば、Webライティングやグラフィック制作などは、基礎知識とツール習得の必要はあっても、プログラミング言語をあまり使いこなせなくとも、仕事を受注することは可能です。

ただし、勉強方法やロードマップがわかっていれば、Webデザインを独学で学ぶのはそこまで難しいことではありません。本業が忙しいなどの理由でスクールに通う余裕がないという方は、マイペースにWebデザインを勉強していくのも一つの方法といえます。

一方で、最短でスキルをつけたい、もっと効率よくWebデザインを学びたいという方には、オンラインスクールなどに加入して学ぶ方法もあります。Webデザイナーというキャリアの実現に向けて、自分がやりやすい方法で勉強を進めてください。

初心者におすすめSHElikesのWebデザインコースの特徴

SHElikesでは女性のキャリアアップにつながる多様なオンラインコースを用意しています。そのなかの一つに、Webデザインコースもあります。一からWebデザインを学んでWebデザイナーになりたいという方におすすめです。

毎日2時間程度勉強すれば、約2カ月でWebサイト制作の基礎を身に着けられるため、働きながらでも知識を習得できます。転職、副業、フリーランスと、さまざまな形でWebデザイナーとして活躍する上で役立ちます。

Webデザイナーになるために必要な基礎知識を効率よく取得したいなら、ぜひSHElikesのWebデザインコースも検討してみてください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

SHElikesを使って働きながらWebデザインを学んだロールモデルたち

働きながらSHElikesのWebデザインコースで勉強をして、実際にデザイナーとして活躍している方は多数います。ここからはそのなかで3人の女性のロールモデルを紹介します。今後Webデザイナーを目指すうえでの参考にしてみてください。

ふかさん|やりがいも収入も失った私が、やりたいことを見つけて年収約200万UPでデザイナー転職を叶えるまで

やりがいも収入も失った私が、やりたいことを見つけて年収約200万UPでデザイナー転職を叶えるまで

受講者事例:やりがいも収入も失った私が、やりたいことを見つけて年収約200万UPでデザイナー転職を叶えるまで

ふかさんは、もともとIT企業でシステムエンジニアとして働いておりITスキルはある状態でした。そして、部署異動でルーティンワークが増えてやりがいを感じられないなかで、Webデザイナーの仕事に興味を持ちました。

そんな中、女性だけのコミュニティで安心して学べることに魅力を感じ、SHElikesに入会して学ぶことに。毎月もくもく会を事前予約して勉強時間を確保するなど、働きながらスキルアップを進めていきました。

最終的には、SHElikesで培ったスキルを活かして転職し、さらに副業も手掛け、年収を約200万円アップさせることに成功しました。

ちあきさん|事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまで

受講者事例:事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまで

ちあきさんは、現職の仕事内容が思い描いたものと違ったため、転職に向けたスキルアップの目的でSHElikesに入会しました。

スクール入会後は週の初めにスケジュールを立てて効率的に学習しました。平日夜と休日の午前中を勉強時間にあてて、計画的に進めていきました。

お仕事チャレンジでSNSのバナー制作などを手掛けてポートフォリオをつくり、転職活動に役立てました。最終的にECサイトの運営担当への転職に成功し、現在ではサイト制作やSNS運用などを手掛ける仕事を手掛けています。

千晴さん|キャリア迷子だった事務職の私が、一度は独学で挫折した『憧れのデザイナー』に転職できた理由

受講者事例:キャリア迷子だった事務職の私が、一度は独学で挫折した『憧れのデザイナー』に転職できた理由

千晴さんは、企業に依存せず働けるようになるために、一度はWebデザインの独学に取り組みましたが挫折。あらためて体系的に勉強するために、SHElikesに入会しました。しました。

シーメイトと積極的に交流することで、モチベーションを保ちながらスキルアップすることができ、今度は挫折せずに済みました。最終的にWebデザイナーの副業を手掛けるようになり、収入アップにつながっています。

Webデザインを独学で学ぶなら、何から勉強するかを整理することが大切

専門書やWebサイト、動画などをうまく活用することで、Webデザインのスキルは独学でも身に付けることができます。今回の記事でご紹介した勉強する上でのロードマップをおさえたうえで、効率よくスキルを習得していきましょう。

一方で「一人では挫折してしまいそう」「最短でスキルを身に着けたい」という方は、費用をかけてオンラインスクールを活用するのも一つの手です。SHElikesのWebデザインスクールは初心者からでも最短2カ月でWebデザインに必要なスキルを身につけられます。興味がある方は、まずはぜひ、無料体験レッスンを受講してみてください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。