“平凡”な私が、30代でライターに一歩踏み出すまで。そして、これから

“平凡”な私が、30代でライターに一歩踏み出すまで。そして、これから
ABOUT ME
ライター SHElikesコンペ編集部
SHEライターコンペの採用作品をご紹介するアカウントです。 SHElikesでは受講生が参加可能なSHEコンペが定期開催されています。 Webデザイン・ライティング・マーケティング等、学んだスキルを活かして案件獲得を目指していただけます。
“平凡”な私が、30代でライターに一歩踏み出すまで。そして、これから

「あなたみたいな平凡な子は、勉強していい大学に入って大きな会社に入るのが1番」

そう言い聞かされて育った私は、夢を語ったことがありませんでした。正直、仕事はお金のため。「こんなもんだよね」が口癖だった20代、上司にキャリアビジョンを尋ねられても、当たり障りのない回答しかできませんでした。

今回はそんな”平凡”な金融OLだった私が、どうして30代からライターとしてのキャリアをスタートさせたのか、そしてこれからどんな一歩を踏み出していきたいのかお話します。

もし、あなたが今の働き方や将来のキャリアへの不満・不安にモヤモヤしているなら、「わたしにもできそう」と思えるきっかけになったらいいなと思います。

30代、ライフステージの変化を経て

30歳前後で、結婚・出産を経験。人生の優先順位や、生活リズムが大きく変わったタイミングでした。

育休復帰と同時にスタートした、目まぐるしい日々。仕事・友人・恋・趣味……20代までの日常を彩っていたさまざまな要素が、一気に仕事と家庭の重たい2本柱に凝縮されたようで息苦しさを感じていました。

年次を重ねて、できることも責任も増えた。私が、会社の一員として成し遂げるべきことも理解している。だけど、この満たされない気持ちはなんだろう?

「このまま一生、この生活を続けるのかな?」

毎朝、混雑する通勤電車に揺られながら、そんなことを考えていました。周りのスーパーマンのような上司や先輩には憧れるけど……何度考えても「なりたい姿」には重ならないのでした。

”平凡”に縛られながら、私もまた依存していた

 悶々とする毎日を送っていた私は、あるとき自分の思考にこびりついている言葉に気がつきました。

「あなたは”平凡”」

それは、私を縛り付けてきた呪いの言葉であると同時に、枠からはみ出さない心地よさを与えてくれる言葉でもありました。

ワクワクすることに出会っても「”平凡”な私には無理だ」と逃げてきたこれまで。そんな自分に気づいたときから、私の人生は変わり始めました。

STEP1:人生は一度きり。私のなりたい姿って?

まず私は、これまで心の奥にしまい込んできたワクワクを、一つひとつ紐解くことから始めました。

幼少期から今までの人生で、楽しかったこと・嬉しかったこと・得意なこと……私がワクワクするシーンには「受け取る相手の反応を想像して計画を練ること、言葉で伝えること」が関係していました。

記者・雑誌の編集者・アナウンサー……学生時代に密かに憧れた「伝える仕事」。だけど、そのたびに「あなたは”平凡”」という言葉がこだまして、「そうだよね、私になんか、無理だよね」と、ヘラヘラしながら挑戦すらせずしまい込んだ夢たちでした。

好きなことほど、「失敗が怖い」、「叶わないことが怖い」。そんなふうに思うことはありませんか?私は、そんな気持ちを抱いては、”平凡”を言い訳に放り出すことを繰り返してきました。でも人生は一度きり。今度は絶対に逃げないと決めました。

STEP2:スモールステップで一歩踏み出した

とはいえ、仕事と子育てをしながら未経験転職や本格的なスクーリングはハードルが高いのが現実。そんなときに出会ったのがWebライターというお仕事でした。登録してみたクラウドソーシングサービスには、未経験でも挑戦できる案件や、単発の案件もたくさんあったのです。

「やってみないと、わからないよね」

こうして私は、「未経験者OK!」を謳う、収入としてはかなり小さな案件から、ライター活動をスタートさせたのでした。ダメでもともと。今の自分にできることを少しずつ。スモールステップを繰り返すうちに、Webライターという仕事に夢中になっていく私がいました。

STEP3:SHElikesと出会って、加速した歩み

こうして独学でライター活動を細々とはじめたものの、なんだか遠回りをしている気もして悩んでいたときに出会ったのがSHElikeでした。

ライティングはもちろん、マーケティングやデザインといった多くのスキルを、”つまみ食い”で学べるところが魅力です。Webライターとして一歩踏み出したことで、自分に足りないものがどんどん見えてきた、そんな当時の私にぴったりだと思えました。

コース受講のほか、月に1度のコーチングで夢へのロードマップを整理して、着実にスキルを増やすことができる仕組みです。そして何よりも学習のモチベーションになったのは、それぞれの理想を実現するために日々学びを重ねる仲間の姿でした。

SHElikesには、年齢や属性に関係なく、夢を語り合う女性たちがたくさんいます。「私の夢は〜」とカジュアルにみんなが宣言できるこのコミュニティは、”平凡”の枠から飛び出すのが怖くて、夢を持ったことがなかった私に衝撃を与えました。

「私も、夢を持ってもいいんだ」

実はそれまで、ライター活動をしていることを友人や親に言えずにいたのです。子どももいる30代の私が、夢を追ってライターを目指しているなんて伝える勇気がありませんでした。でも、SHElikesに出会って、そして夢に熱狂する仲間の姿に触れて、理想に向かって努力する自分のことも認めてあげられるように。堂々と大好きな仕事について話ができるようになり、それと同時に応援してくれる人も増えていきました。

そんな環境のおかげで、現在私はライターとして独立し、子育てと好きな仕事を両立する生活を叶えています。自分の思考を克服して、一歩ずつ踏み出してきたことが、いつの間にか人生をより豊かに変えていったと実感しています。

一歩の勇気で、景色が変わる

今の私には「人の行動や気持ちを動かすコンテンツのプロになる」という夢があります。

まだまだ抽象的な私の夢。これから、戻ることもあるかもしれないし、斜めの方向にジャンプすることもあるかもしれない。でも、一歩踏み出すたびに、その解像度は着実に増していきます。

「20代の頃にもっと学んでおきたかった……」。正直、そんなふうに思うこともあります。でも、恐れることはもうなくなりました。一歩の勇気さえあれば、見える景色が変わっていくことがわかったから。

私はいくつになっても夢を更新し、歩み続けます。

************

本記事はSHElikesの受講生を対象とした「SHEライターコンペ」の採用作品です。(執筆者 やまだ ひろかさん)

SHElikesについて
https://cutt.ly/cwv7g0aJ

自分らしいキャリアのヒントに出会えるメディア、SHEsharesはこちらhttps://shares.shelikes.jp/

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。