マズローの5段階欲求とは?仕事に取り入れる方法や注意点も解説

マズローの5段階欲求とは?仕事に取り入れる方法や注意点も解説

マズローの5段階欲求は人間の心理の理解だけではなく、ビジネスシーンでのフレームワークとしても活用されています。また人の感情や欲求を理解することは事業を成長させるだけではなく、自分の悩みや課題を解決する糸口になるかもしれません。

そのため、人間心理の基盤の一つとも考えられているマズローの5段階欲求説を理解することは、さまざまなシーンで活用できる可能性があります。

そこで今回は、マズローの5段階欲求の意味や各階層の意味、分類ごとの考え方などについて、わかりやすく解説します。記事の後半ではマズローの5段階欲求を仕事に取り入れる際の考え方も説明しているので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

マズローの5段階欲求とは

マズローの5段階欲求は、アメリカの心理学者「アブラハム・マズロー」によって提唱された心理学論理です。人の感情や欲求、行動の動機などを分析するフレームワークとしても活用されており、ビジネスにおいてはコンサルタントやカウンセラーも参考にしています。マズローの5段階欲求はピラミッド構造になっており、人間には、下から順番に下記の欲求が存在するとされています。

段階別の欲求内容
自己実現欲求何かを成し遂げたり成長したりすることを求める
承認欲求他者からの評価や自尊心を満たすことを求める
社会的欲求社会を通した人とのつながりを求める
安全の欲求心身の健康や経済的な安定を求める
生理的欲求食事や睡眠など生命の維持に必要なことを求める

マズローの5段階欲求は生理的な欲求から始まり、最終的には精神的な充足を求める階層構造です。下の階層から満たすことにより上へ上へと新たな欲求が発生するピラミッド構造になっています。

マズローの5段階欲求の各階層の意味

ここからは、マズローの5段階欲求で表現されている各階層の意味を見ていきましょう。

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 社会的欲求
  4. 承認欲求
  5. 自己実現欲求

それぞれ順に解説します。

1.生理的欲求

生理的欲求はマズローの5段階欲求の最下層に位置する欲求です。食事や睡眠など人間が生きていくうえで最も必要な欲求といわれており、生命の維持に必要な要素が含まれています。

例えば仕事が忙しくて睡眠不足が続くと、「寝る時間が欲しい…」と考えるでしょう。食事を取れない日々が続くと、「まずは食料を確保しないといけない」と、生命維持を守るために人は行動することが一般的です。

現代の日本で生理的欲求に焦りを感じることは少ないかもしれません。しかし人には「命を守る生理的な欲求がある」と理解することは大切です。

2.安全の欲求

安全の欲求は、生理的に満たされた後に実感する欲求であり、身体的・精神的な安全や安定を求める欲求を指します。具体的には、心身の健康や経済的な安定などが該当するでしょう。

例えば食事や睡眠がとれる環境を確保しても、経済的に不安定な場合は精神的なストレスを抱えてしまいます。病にかかると仕事ができなくなり、生理的欲求に影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

つまり安全の欲求は、自身の生命維持を継続させるための欲求とも考えられます。生活の不安を取り除かないと次の階層に進めない方も一定数いるため、経営や組織運営をしている方は従業員の環境なども確認してみるとよいでしょう。

3.社会的欲求

社会的欲求とは、他者とのつながりを求める欲求を指します。簡単にお伝えすると、恋人や家族への愛情や友達の友情、組織やコミュニティなどでの所属感など、社会を通した人とのつながりを求めることです。生活が安定している人や一定の収入を得ている方に発生する欲求といわれており、人生の充実度に影響する感情の一つです。

例えば生理的欲求と安全の欲求が満たされていても人とのつながりを実感できない場合、孤独を感じるかもしれません。一方で信頼できる知人や友人、大切な家族などがいる方は人生の充実度が高まり、より良いライフスタイルを実現できると考えられます。

4.承認欲求

承認欲求はその名の通り、他者から認められたい・評価されたいなどの求める心理的な欲求です。具体的には仕事の成果に対する適切な評価や、キャリアアップなどが該当するでしょう。また顧客からの感謝の声なども、承認欲求を満たす要素として考えられるようです。また承認欲求は「低位」と「高位」に2種類に分類されることもあります。

欲求の階層求める欲求
低位の承認欲求他者から注目されたい・認められたい・褒められたい・必要とされたい・感謝されないなどの欲求
独学(アプリ)高位の承認欲求自分を高く評価したい・自信をつけたいなどの欲求

ただし承認欲求の充実度は人によって異なります。例えば低位に位置する承認欲求が満たされるだけで満足する人もいれば、高位の承認欲求を強く求める方も存在します。承認欲求は自分や他人のモチベーションにつながる要素なので、しっかりと理解しておきましょう。

5.自己実現欲求

自己実現欲求とは、自分らしさを求める最も高い階層に位置する欲求を指します。自分のスキルや能力を最大限に発揮できる環境を求める動機でもあり、より成長したいという願望が強く現れます。また仕事やビジネスだけではなく日常生活においても、理想のパートナーや家庭などを求めるとされているようです。

自己実現の欲求の階層に位置する方はモチベーションがとても高く、人生が非常に充実している傾向があります。目標に向かって一直線に進めるフェーズでもあり、組織マネジメントにおいては「社員を自己実現欲求まで高めることが大切」と考える企業も存在します。

マズローの5段階欲求の補足:自己超越欲求

マズローの5段階欲求の提唱者である「アブラハム・マズロー」は、5段階の欲求を提唱した後に、人間にはもう一つ高い欲求「自己超越欲求」が存在すると述べています。

自己超越欲求とは自己実現を満たした方に発生する感情であり、他者や社会貢献などを追及する欲求とされています。自分以外にポジティブな影響を提供したいと感じる感情であり、マズローの5段階欲求が満たされた方に発現する欲求です。

ビジネスシーンにおける自己超越欲求では個人のキャリアップや収入アップではなく、部下の成長や組織の利益などの欲求に該当するでしょう。

マズローの5段階欲求の分類

マズローの5段階欲求は各階層の意味を考えるだけではなく、階層を分類して考えることがあります。

ここではマズローの5段階欲求をより深く理解するために、3つの分類方法を勉強しておきましょう。

物質的欲求と精神的欲求

マズローの5段階欲求は、下記の要素によって分類されることがあります。

名称分類階層
物質的欲求生理的欲求
安全の欲求
精神的欲求社会的欲求
承認欲求
自己実現欲求

物質的欲求とはその名の通り、物で満たされる欲求を指します。具体的には水や食料、衣服や住居などの「もの」が該当するでしょう。一方で精神的欲求は、社会や他者とのつながりから満たされる欲求のことです。

つまり各階層によって求める内容が異なるので、マズローの5段階欲求をより理解したい方はしっかりと理解しておきましょう。

外的欲求と内的欲求

次に、欲求の対象がどこにあるのかを理解する「外的欲求」と「内的欲求」を見ていきましょう。具体的な分類は下記の通りです。

名称分類階層
外的欲求生理的欲求
安全の欲求
社会的欲求
内的欲求承認欲求
自己実現欲求

外的欲求は外部から報酬や評価、理解を求める欲求を指します。金銭的な報酬やキャリアアップ、社会とのつながりなどが該当するでしょう。内的欲求とは、自身の内面から発生する欲求を指します。外部からの評価ではなく自発的な行いによる達成感や充実感を求める感情です。

外的欲求と内的欲求を理解することで行うべき行動のヒントが見つかるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてください。

欠乏欲求と成長欲求

最後に、欠乏欲求と成長欲求の分類を理解しておきましょう。

名称分類階層
欠乏欲求生理的欲求
安全の欲求
社会的欲求
承認欲求
成長欲求自己実現欲求

欠乏欲求とは簡単にお伝えすると、不足しているものを求める欲求を指します。食事や睡眠、経済的な安定や他者とのつながりなどが不足(欠乏)している状態のことです。一方で成長欲求はその名の通り、自分の可能性や広げることや、理想の実現などの成長を目的にした状態を指します。

つまりマズローの5段階欲求は、自己実現欲求以外は「自分が不足している何かを満たすための欲求」とも考えられるでしょう。したがって組織マネジメントやライフスタイルの充実を目指す方は、自分に足りないものを理解することから始めてみるとよいかもしれません。

マズローの5段階欲求を仕事・ビジネスに取り入れる考え方

マズローの5段階欲求の概要は理解したものの、「マズローの5段階欲求をビジネスにどうやって活用すればいいんだろう…?」と悩む方もいるかもしれません。マズローの5段階評価を仕事に取り入れる方法に正解はありませんが、具体的な方法がわからない方は下記の項目を参考にしてみてください。

なお最適解は人によって異なるので、ここで紹介する考え方を参考に自分なりの方法を見つけてみましょう。

組織作りでの考え方

企業や事業者によっては、組織作りにマズローの5段階欲求を取り入れる方がしばしば見られます。具体的には、従業員の欲求階層を理解して、それぞれのフェーズに対応できる支援や制度を整えることなどが挙げられます。

例えば生理的欲求と安全の欲求を満たす組織を作るためには、適切な給与体系や安心して働ける職場環境、健康保険などの福利厚生を充実させることが大切かもしれません。社会的欲求や承認欲求を満たして社員のモチベーションを挙げるには、適切な評価体制や教育サポートなども重要になるでしょう。

つまり組織作りにおけるマズローの5段階欲求は、従業員が充実して仕事に取り組める環境作りにつながると考えられます。

商品・サービス開発での考え方

商品やサービスなどを開発する際にも、マズローの5段階欲求は役立つ可能性があります。なぜならターゲットの欲求階層を分析することで、より深いユーザーニーズが発見できるかもしれないからです。

例えば安全の欲求の階層にいる方が見込み顧客になる場合、安心して利用できる保険サービスやセキュリティシステムなどが相手に刺さると考えられます。子育てをしている方を対象にしているなら安全的欲求を満たせる、オーガニック系の食品や飲料水などが求められているかもしれません。

ターゲットが属する階層によって顧客ニーズは異なるので、市場分析をしながら適切な商品開発を行いましょう。

マーケティング戦略での考え方

マズローの5段階欲求は、マーケティング戦略の策定に活用できます。例えば安全の欲求を満たすことを目的にした商品を販売する場合、安全性や信頼性を強調できるマーケティング施策が有効かもしれません。

社会的欲求の階層にいる方をターゲットにしているなら、見込み顧客は人とのつながりを求めている可能性があるため、SNSマーケティングを採用すると多くのリーチが期待できるでしょう。

各階層によってユーザーの行動は異なります。欲求は人の活動の動機にも関わる要素なので、マズローの5段階欲求を理解したうえで適切な戦略を考えてみてください。

あわせて読みたい
簡単に解説!マーケティングとは?意味や手法、戦略を初心者にもわかりやすく紹介
簡単に解説!マーケティングとは?意味や手法、戦略を初心者にもわかりやすく紹介ビジネスの現場では、マーケティングという言葉を頻繁に耳にします。しかし具体的にマーケティングとはどういう意味なのか、どのような活動を…

コピーライティングでの考え方

コピーライターによっては、キャッチコピーやボディコピーなどの執筆にマズローの5段階欲求を利用しています。理由は、ターゲットの心理的な願望に訴えかけられるヒントを見つけられるからです。

例えば承認欲求を満たしたいユーザーをターゲットにしているなら、成功体験やキャリアアップが期待できる広告コピーが刺さる可能性があります。マズローの5段階欲求を理解することで、ターゲットが求める本当の願望が理解できるかもしれません。

したがって商品やサービスを訴求する文章を執筆する際は、ユーザーの属性を分析しながら相手が気になるコピーを作成してみましょう。

あわせて読みたい
コピーライティングとは?考え方や基本テクニック、上達させるコツまで解説
コピーライティングとは?考え方や基本テクニック、上達させるコツまで解説コピーライティングとは、商品やサービスの認知拡大や訴求時に必要なライティングスキルです。言葉でユーザーの心を掴み、行動を促すことを目…

マズローの5段階欲求を深く学べる書籍2選

ここでは、マズローの5段階欲求をより深く学べる本を紹介します。マズローの理論を活用して人生を豊かにしたい方や、仕事やビジネスで活用できる具体的なノウハウを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

マズロー心理学入門:著 中野 明

「マズロー心理学入門」は、マズローの5段階欲求の概要をわかりやすくまとめている書籍です。マズローの5段階欲の意味をより深くしたい方におすすめの一冊であり、人間の消費行動の勉強にもつながる本と考えられます。

マズローの5段階欲求を提唱した「アブラハム・マズロー」の意図も解説しているため、提唱者の意図や考え方も汲み取れるでしょう。マズローの5段階欲求をより深く知りたい方は、ぜひ「マズロー心理学入門」を読んでみてください。

created by Rinker
¥1,650 (2024/07/19 01:39:47時点 Amazon調べ-詳細)

お客様が見えなくなったら読む本:著 松野恵介

「お客様が見えなくなったら読む本」は、マズローの5段階欲求をセールスに落とし込んだ本です。ビジネス的な要素が強いためマズロー心理学をより理解したい方には、やや不向きかもしれません。

しかし各階層に合わせた商品・サービスの売り方やポイントも解説しているので、マーケティングや営業の担当者など、幅広い層のビジネスパーソンにとって勉強になるはずです。顧客ニーズの理解やセールスに悩んでいる方には、「お客様が見えなくなったら読む本」をおすすめします。

マズローの5段階欲求を取り入れる際の注意点

最後に、マズローの5段階欲求を日常や仕事に取り入れる際の注意点を紹介します。

  • 反対意見が存在する
  • 階層は上下に変動する

上記の項目を意識したうえで、マズローの5段階欲求を自分なりに活用してください。

反対意見が存在する

マズローの5段階欲求には、一定数の反対意見が存在するようです。反対する理由はさまざまですが理由の一つには、人が求める欲求は時代や文化によって異なることが挙げられるでしょう。

例えば現代はSNS社会とも呼ばれる時代でもあり、地位や収入よりも承認欲求を満たしたいと考える方がしばしば見られます。またマズローの5段階欲求は下の階層から満たすことを前提としていますが、世の中には自分の可能性である自己実現の欲求を最優先にする方が存在することも事実です。

したがってマズローの5段階欲求は、柔軟に考えながら取り入れることが大切かもしれません。

階層は上下に変動する

人が位置する欲求の階層は、環境によって上下に変動します。例えば社会的欲求を求めている方がトラブルで収入に影響が出た場合、求める欲求は安全の欲求に切り替わるかもしれません。一方で人とのつながりが満たされることで承認欲求も充実し、自己実現欲求を求めるようになる可能性もあります。

つまりマズローの5段階欲求の動き方は、その人の性格や環境によって変わると理解しておきましょう。

マズローの5段階欲求を仕事に活用しよう!

マズローの5段階欲求は、自己理解やビジネスに役立つ理論の一つです。時代によって各階層の内容は変化するかもしれませんが、人間の本質的な感情理解には役立つ説といえるでしょう。人生を充実させたい方や事業を成長させたい方は、マズローの5段階欲求を取り入れてみてください。

女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)では、ビジネスに役立つ実践的なスキルを学習できます。コピーライティングやマーケティングなども勉強できるので、マズロー心理学を活用した戦略に生かせるかもしれません。

受講者同士がつながれるコミュニティとしての側面もあるため、多くの仲間ともだえるでしょう。ビジネスで活躍するノウハウを身につけたい方は、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

ABOUT ME
ライター KeitoKurisu
埼玉県の美容学校を卒業後、銀座の美容室での経験を経て、雑誌・広告業界のヘアメイクとして活動。その後、SEOメディア事業や映像制作会社を立ち上げ、脚本とディレクター業務を行う。現在は、アート作品の個展を行いながら、フリーライターとして活動中。
エディター Kakuhata Kyosuke
同志社大学 生命医科学部医情報学科卒。在学中、基礎科学や生体情報の取得・制御、プログラミングについて学ぶ。大学院進学後Pythonデータ解析や生体化学を学んだあとライター業を開始。現在はフリーランスとして活動し、キャリア領域のメディアを中心にSEO記事を編集・執筆している。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。