IT業界の職種とは?エンジニア系など分野別の仕事を一覧で紹介!

IT業界の職種とは?エンジニア系など分野別の仕事を一覧で紹介!
ABOUT ME
ライター 石田 千尋
人材紹介会社でキャリアアドバイザーを担当した後、IT企業の人事を経験。2021年よりライターとして活動を始め、SEO・インタビュー記事を中心に執筆。
エディター 古澤 椋子
鹿児島大学大学院水産学研究科修了。水産系社団法人にて、水産に関わる調査研究、行政との折衝などを経験したのち、水産系ベンチャーにて、広報を担当。2023年からフリーライターとして活動を始め、主にエンタメ系の記事を執筆。SHElikesでキャリア、マインド共に変化した経験から、SHEsharesのライターを務める。

近年IT技術の発達により、IT業界は注目されています。株式会社LITUSの調査によると転職先で人気の業界として、IT業界が挙げられています。*1

一方で、IT業界にはどのような仕事があり、自分に合っているのはどの職種なのかと悩む方もいるでしょう。

本記事では、IT業界の職種を分野別に紹介します。IT業界での就職や転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

IT業界とは?

IT業界とは、情報・通信技術(Information Technology)を活用してサービスの展開や、開発をおこなう企業が属する業界です。IT業界は主に以下の4つに分かれています。

  • ハードウェア業界
  • ソフトウェア業界
  • インターネット・Web業界
  • 情報処理サービス業界

IT業界と一言で言っても、業界ごとに内容は異なります。それぞれの違いを理解して自分にあった職種を探しましょう。

ソフトウェア業界

ソフトウェアとは、コンピュータ上でさまざまな処理を行うプログラムです。ソフトウェア業界では、ユーザーのニーズに合った機能や役割を持つさまざまなソフトウェアを開発しています。代表的な企業はソフトバンク株式会社株式会社NTTデータサイボウズ株式会社などです。

ソフトウェアの開発には、顧客の依頼に応じてオーダーメイド開発をする「受託開発」と、自社でパッケージ品を開発して販売する「パッケージ開発」の2種類があります。

ハードウェア業界

ハードウェアとは、パソコン本体やスマートフォン、タブレット端末などコンピューターに命令を入力する機器を表します。ハードウェア業界では、電子機器を代表とした機械や装置、設備などの製造や販売を行っています。

IoT市場の拡大やドローンなど新技術を活用した製品の登場もあり、今後も成長が期待できる業界です。代表的な企業には、ソニー株式会社パナソニック株式会社株式会社日立製作所などの企業があります。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界では、インターネットを通じてユーザーが求めるWebサービスを提供しています。Webサービスの種類はSNSやソーシャルゲーム、eコマースなど多岐にわたります。

Webサイト制作やWebサービスの制作・運営などを行うのも、インターネット・Web業界の特徴です。株式会社サイバーエージェント楽天グループ株式会社LINEヤフー株式会社などが代表的な企業になります。

情報処理サービス業界

情報処理サービス業界では、顧客企業のシステム開発や運用を行います。情報処理サービスを行う企業はシステムインテグレーター(SIer)とも呼ばれています。 

情報処理サービス業界の企業は、主にメーカー系・ユーザー系・独立系の3つに分かれているのが特徴です。それぞれ以下の特徴があります。

メーカー系ハードウェアメーカーの親会社が開発に関わるプロジェクトや、案件に携わることが多い。親会社の製品と組み合わせたシステム構築を行う。
ユーザー系金融や鉄道など大手企業のシステム部門から独立したケースが多い。IT知識以外にも親会社の業界に関連する専門知識も求められる。
独立系親会社を持たずに、独自にシステム開発を行う。日本のSIerの多くは独立系に分類される。

下記の記事でもIT業界について触れているので、合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
ITとは?IT関連用語や仕事をわかりやすく解説
ITとは?IT関連用語や仕事をわかりやすく解説「IT技術」は、近年ますます注目度が高まっています。ITは普段の生活やビジネスにも欠かせない存在になっている一方で、そもそも「ITと…

IT系職種一覧 – 開発・エンジニア職

IT業界にはさまざまな職種があり、IT系職種の仕事内容や求められるスキルはそれぞれ異なります。ここでは、開発・エンジニア職について紹介します。

システムエンジニア

システムエンジニアの役割は、クライアントにヒアリングし、最適な仕様のシステム開発を行うことです。システムエンジニアは主に以下の業務を対応します。

  • 要求分析
  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • テスト 
  • 運用・保守

システムエンジニアには、システムに関する専門知識やクライアントへの提案力、チームで円滑に取り組むためのコミュニケーション能力などが求められます。論理的思考力や問題解決能力が優れている人はシステムエンジニアに向いているでしょう。

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を用いてさまざまなシステムやアプリケーションを作成します。ヒアリングしてプログラムの仕様書を作成するのがシステムエンジニアに対し、実際にプログラミングの作業を行ってシステムを作成するのがプログラマーです。

プログラマーとして活躍するためには、担当するシステムで使われる基礎的なプログラミング言語を身につける必要があります。新しい技術を学んだり、スキルを磨き続けるのが苦ではなかったりする人はプログラマーに向いているでしょう。

Webエンジニア

Webエンジニアとは、WebサイトやECサイトなどの機能の開発や、システム・アプリケーションの設計から運用保守までのWeb開発全般を担うエンジニアです。

Webエンジニアを細分化すると、主に「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」に分けられます。

フロントエンドエンジニアは、主に「ユーザーが目にする部分」の構築を担当します。Webアプリケーションのホーム画面やログイン画面などユーザーから目に見える部分を開発するのがフロントエンドエンジニアの役割です。

バックエンドエンジニアは、「ユーザーが目にしないサーバー部分」の処理を担当します。Webサービスの会員登録の処理や、決済の処理など、ユーザーからは目に見えない裏側のサーバーの動きを開発するのがバックエンドエンジニアの仕事です。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、ITサービスにおけるインフラの設計・構築・運用・保守を行うエンジニアです。インフラエンジニアがサーバーやネットワーク、OSなどの基盤を整えることで、ITシステムやインターネットを利用できます。

インフラエンジニアは以下の5つの職種に分かれます。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • クラウドエンジニア
  • セキュリティエンジニア

インフラエンジニアは企業によって定義や仕事内容が異なるので、求人を確認する際はどのような知識を求められているのか把握しましょう。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトの制作を担当するデザイナーです。企業や個人から依頼を受けたり、自社サービスに使用するWebサイトの制作を行ったりするのがWebデザイナーの役割になります。

Webデザインは主にPhotoshopやIllustratorなどのデザインツールを用いて、ファーストビューやバナーなどWebページに必要な素材を加工・編集していきます。

デザイン業務だけではなく、Webページ作成に向けたクライアントの要望を聞いてページの構成を決めたり、HTMLやCSSといったプログラム言語を使ったりしてWebサイトを作ることも仕事の範囲内です。

IT系職種一覧 – 営業・コンサルタント職

IT業界ではエンジニアをはじめとした開発職だけではなく、営業職やコンサルタント職も活躍しています。ここでは、IT業界で活躍する営業・コンサルタント系の4つの職種を紹介します。

SI営業

SI(SIer)営業は、ソフトウェアやシステムを販売する営業職です。形のないものを売るため、「無形営業」とも呼ばれます。

SI営業は、お客さまの課題をヒアリングし、自社のソフトウェアや開発能力に応じて課題の解決策を提案します。SI営業には営業としてのスキルだけではなく、自社が提供するシステムに関する専門知識も必要です。

もともとエンジニアを経験している人や、ITシステムに関する知識を持つ人はSI営業にキャリアチェンジしてもなじみやすい傾向でしょう。

SaaS営業

SaaSとは「Software as a Service」の略で、クラウドを介して提供するソフトウェアです。例として、会計ソフトや動画配信サービスなどが挙げられます。

SaaS営業では、一般的な営業と比べてプロセスごとに以下の職種に細分化されています。

  • インサイドセールス
  • カスタマーサクセス
  • フィールドセールス

SaaSでは商品を継続利用してもらうことで利益を得ます。そのため、SaaS営業は商品を売って終わりではなく、顧客と信頼関係を築く姿勢が重要です。

あわせて読みたい
カスタマーサクセスとは?意味や仕事内容をわかりやすく紹介!
カスタマーサクセスとは?意味や仕事内容をわかりやすく紹介!カスタマーサクセスという職種は、顧客が商品やサービスから最大の価値を得られるよう支援し、顧客満足度を向上させることが目的です。 「カ…

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、技術面で営業をサポートします。ソフトウェアや電子機器の製品の説明や、提案に沿って製品の良さを伝えていくのが仕事です。

製品を実際に使ってもらうために実演したり、不具合が生じた際には対応したりすることがあります。扱う製品の専門性が高いため、セールスエンジニアはクライアントに製品の説明や提案をする際にも、より高度な専門知識が必要な職種です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、企業の経営面から課題を見つけ、ITを活用して業務の効率化や改善などの解決方法を提案する職種です。多くのITコンサルタントはコンサルティングファームに在籍しています。

ITコンサルタントは、クライアントの現状と課題の把握が必要不可欠です。「IT組織の変革が必要か」「課題を解決するためにはITの活用が適切か」「どのようなシステムを導入すべきか」などのITに関わる構想策定から検討までをITコンサルタントが担当します。

IT系職種一覧 – マーケティング職

近年企業のマーケティングは重要視されており、マーケティング職の存在も注目されています。IT業界のマーケティング職にはどのような職種があるのでしょうか。ここでは、3つのマーケティング職種について紹介します。

Webマーケター

WebマーケターとはWebサイトやオウンドメディア、 SNS、メールマガジンなどのオンラインを活用してマーケティングを行う職種です。

Web上でのユーザーの行動を分析して、効率的に製品やサービスが売れるようさまざまな手法を活用するのが仕事です。具体的には以下の手法を用いて行います。

  • Web広告運用
  • SEO対策
  • LPO(ランディングページの最適化)
  • SNS運営

Webマーケターの業務内容は幅広く、常に最新情報をキャッチアップして施策を実行する必要があります。

データアナリスト

データアナリストとは、大量の収集した情報を分析する「データ分析の専門家」です。分析したデータでユーザーの行動やニーズを予測し、自社やクライアントが抱える課題解決を支援します。

データアナリストの仕事は、主に「コンサル型」と「エンジニア型」の2種類です。コンサル型は、データ分析で得た結果をもとに課題解決するためのコンサルティングを行うので、コンサルティングファームやマーケティング会社などで活躍しています。

エンジニア型はデータ分析の結果からサービスの品質向上を目的とした改善を行うため、Webメディアの運営企業や、ソーシャルゲームの運営企業などで活躍しているのが特徴です。

データサイエンティスト

データサイエンティストとは、ビッグデータを解析して、ビジネスでの課題を解決するための必要な情報を抽出する職種です。

データサイエンティストは、データアナリストが分析したデータをもとにアルゴリズムの実装や、データ分析モデルを構築します。データアナリストがデータの効果分析を行って支援するのに対し、データサイエンティストは分析した結果から得た発見を、ビジネスの課題解決や戦略の立案に役立てるのが仕事です。

IT系職種一覧 – マネジメント職

IT業界では、プロジェクトを遂行するためにもマネジメント職種が欠かせません。ここでは代表的な3つの職種について紹介します。

プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーとは、開発をはじめとしたプロジェクトを遂行する際の現場責任者です。プロジェクトの要件定義から納品までを管理し、トラブルが起きそうなときは対策を考えたりフォローしたりして、納期に遅れないようにスケジュールを調整していきます。

また、プロジェクトリーダーにはスケジュール管理能力だけではなく、メンバーを管理する能力も求められます。メンバーの特性やスキルを考慮して、メンバーの能力が最大限発揮できるよう配置を行うのもプロジェクトリーダーの役割です。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体の全責任を持つ職種です。クライアントにヒアリングして納期や予算を決定し、成果物を納品するまでの進行を管理します。

プロジェクトリーダーが現場に携わる業務の責任を負うのに対し、プロジェクトマネージャーはクライアントを含めた社外関係全般に責任を持ちます。小さいプロジェクトや会社の規模によっては、プロジェクトリーダーがプロジェクトマネージャーを兼務する場合もあります。

Webディレクター

Webディレクターとは、Webサイトの企画立案や制作、運用における責任者です。エンジニアやWebデザイナー、ライターなどのメンバーを管理し、プロジェクトが円滑に進むように調整します。

Webディレクターは、所属する企業が制作会社か事業会社かによって業務内容が異なります。制作会社では、クライアントからサイトの方針や予算をヒアリングし、受注した案件を完成させるためにディレクションを行います。幅広い案件に携われるのでさまざまなクライアントの制作経験を積むことができ、ディレクターとしての基礎的なスキルを身につけられるでしょう。

事業会社では、自社のサイトの改修やリニューアルなど自社のWebサイトの運用を行います。広告運用やSEO対策、アクセス解析などを行うことがあるので、マーケティングスキルが身につけられるでしょう。

IT業界の仕事に未経験から転職する方法

IT業界の仕事に未経験から企業へ転職するには、職種に関連するスキルを身につける必要があります。

未経験から転職するには、専門のスクールに通ってスキルを身につけるのがおすすめです。女性向けキャリアスクールのSHElikes(シーライクス)では、時間や場所にとらわれずに全40以上の職種スキルが学び放題です。パソコンやスマートフォンなどオンラインでコース動画を視聴できます。

学習の振り返りをおこなうコーチングや、同じ目標や趣味嗜好で集まれるコミュニティもあるので、学び続けやすい環境があります。また、SHElikes内には挑戦できるお仕事案件もあるので、身につけたスキルを実践する機会もあります。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

あわせて読みたい
IT系の仕事はエンジニアだけじゃない!主な職種や必要なスキルを解説
IT系の仕事はエンジニアだけじゃない!主な職種や必要なスキルを解説「IT系の仕事にはどんな職種があるのかな?」「ITというとエンジニアの印象が強いけれど、ほかにはどのような仕事があるのだろう?」 こ…

関連スキルを身につけてIT業界の職種に就こう

IT業界はさまざまな分野に分かれていて、職種ごとに業務内容や求められるスキルが異なります。希望するIT職種に関連するスキルを身につけることで、未経験でも就職・転職して活躍できる可能性は高いでしょう。

女性向けキャリアスクールSHElikesでは、WebデザインやWebマーケティングなどをはじめとしたIT関連スキルが身につけられます。全40以上の職種スキルが学び放題なので、自分の興味ある職種も見つけられるでしょう。

IT職種に就きたいと考えている人は、まずはスキルを身につけるための第1歩として無料体験レッスンに参加してみてはいかがでしょうか?

※出典
*1:株式会社LITUS「転職に関するアンケート」より

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。