マネージャーに向いている人の特徴は?必要なスキルも解説

マネージャーに向いている人の特徴は?必要なスキルも解説
ABOUT ME
ライター Matsuo
ライター|元プログラマー
エディター 古澤 椋子
鹿児島大学大学院水産学研究科修了。水産系社団法人にて、水産に関わる調査研究、行政との折衝などを経験したのち、水産系ベンチャーにて、広報を担当。2023年からフリーライターとして活動を始め、主にエンタメ系の記事を執筆。SHElikesでキャリア、マインド共に変化した経験から、SHEsharesのライターを務める。

組織やチームの目標を設定して、メンバーを指導し、目標達成に導くマネージャーという役割にはどのような人が向いているのでしょうか。この記事では、マネージャーに向いている人・向いていない人の特徴やマネジメントに必要なスキルについて、わかりやすく解説します。自分にマネージャーの適性があるのかどうかを知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

マネジメント能力とは

マネージャーに求められるマネジメント能力とは、簡単に言えば「経営資源の管理能力」のことです。マネジメント能力は主に管理職に求められ、マネージャーの責任範囲は担当するチームや部署となります。

また、マネージャーの仕事は日常業務に留まりません。会社の目標をチームで達成するため、マネージャーには目標設定や業務管理、メンバーの育成や指導などの役割が求められます。組織を効率的に運営するためには、リーダーシップやコミュニケーション力、問題解決力、戦略的思考、変化への柔軟な対応力などのマネジメント能力が不可欠です。

マネージャーに向いている人の7つの特徴

マネージャーには、リーダーシップやコミュニケーション力などのマネジメント能力が必要です。ここではさらに、マネージャーに向いている人の7つの特徴をご紹介します。

  • コミュニケーション能力がある
  • 感情をコントロールできる
  • スケジュール管理が得意
  • 全体を俯瞰できる
  • 分析力が高い
  • 周りの人から信頼されている
  • 責任感が強い

コミュニケーション能力がある

マネージャーが効率的にチームをリードするためには、コミュニケーション能力が欠かせません。コミュニケーション能力がある人の特徴として、優れた聴取力と相手の意見を尊重し、理解しようと努める姿勢が挙げられます。また、複雑な情報でもわかりやすく伝えられたり、相手に合わせた適切なフィードバックでポジティブな指導を行えたりする人もマネージャーに向いています。これらの特徴が備わっていることで、チーム内で良好な人間関係を築き、円滑に業務を遂行することが可能となるでしょう。

あわせて読みたい
コミュニケーションスキルとは?高い人の特徴や高め方を解説
コミュニケーションスキルとは?高い人の特徴や高め方を解説やりとりしていて気持ちの良い人や、「この人ともっと話したい」と感じる人に出会ったことはありますか?また、そのような人に憧れたり羨まし…

感情をコントロールできる

感情をコントロールできる人は、冷静な判断力がありストレスに強い傾向にあります。仕事で緊急事態に直面しても柔軟な対応ができるため、マネージャーに向いていると言えるでしょう。また、感情をコントロールできれば気分の波に振り回されることがなく、他者と円滑にコミュニケーションを図ることができます。これらの特徴から、感情をコントロールできる人は、マネージャーとして精神的な安定感を持ちながら、効果的な指導力を発揮できると期待できます。

スケジュール管理が得意

プロジェクトの進捗を見据えて効率的なスケジュールを立て、管理するのが得意な人もマネージャーに向いています。タスクの優先順位を適切に設定し、予期せぬ事態にも柔軟に対応できるよう調整しながら仕事を進めるスキルは、マネージャーに不可欠です。また、チーム内で作業の進捗を共有できるスケジュール管理ツールなどを活用し、作業の進捗をリアルタイムで把握するといったデジタルリーダーシップも重要な要素です。

全体を俯瞰できる

マネージャーには、チームやプロジェクトの全体を俯瞰して各要素の関係性を理解し、複雑な問題にも最善の解決策を見つける能力が求められます。そのため、戦略的な視点を持ち、チームやプロジェクトの未来を見据えた行動ができる人はマネージャーに向いています。柔軟性や変化への適応力も備わっていれば、チームメンバーだけでなく、幅広いプロジェクト関係者にも配慮することができ、より円滑に業務を進めることが可能となるでしょう。

分析力が高い

マネージャーは、データを活かして意思決定をしたり、戦略を策定したりする必要があります。そのため高い分析力を持ち、複雑な情報やデータを元に論理的な思考で問題に取り組むことが得意な人は、マネージャーに向いています。分析力があれば未来の動向を見据えて、客観的な視点で情報を分析し、素早く判断を下すことができるでしょう。

周りの人から信頼されている

他者の立場や感情を理解して、適切にサポートする役割のマネージャーには、周りの人からの信頼が不可欠です。誠実で一貫性のある行動と分け隔てのない対応ができる人は、周囲の人に安心感を与え、信頼を得ることができます。また、部下との関係性だけでなく、各所のステークホルダーとの信頼関係を深めることは、業務を円滑に進行することに役立ちます。

責任感が強い

責任感が強い人は仕事に対する使命感が強く、問題が発生した際には自ら主導して解決に向けて努力できます。また、約束や期限を厳守するため周囲の人からの信頼も厚く、マネージャーに向いている人材と言えます。責任感があれば、ビジネス環境に変化が起きても同僚や部下をサポートし、率先して解決策を見つけリーダーシップを発揮できるでしょう。

マネージャーに向いていない人の特徴

ここではマネージャーに向いていない人の特徴をご紹介します。自己評価やキャリアの方向性を見つめ直す参考にしてください。

感情的になりやすい

マネージャーは、プレッシャーやストレスがかかる状況でも冷静な対応が求められます。その点、感情の影響を受けて周りが見えなくなる人は冷静で客観的な判断が難しい傾向にあり、マネージャーに向いていないと考えられます。感情の起伏が過剰だとチームの安定性や信頼関係にも悪影響を及ぼす恐れがあるため、注意が必要です。

統率力がない

統率力は、目標達成に向けてチームをまとめて率いる能力のことです。つまりリーダーシップに似た言葉であり、この能力が不足しているとチームを率いることができません。統率力がないマネージャーの下ではチームの一体感が損なわれ、目標達成が困難になります。また、タスクやプロジェクトの調整が難しくなり、コミュニケーションにも悪影響を及ぼすでしょう。

1人で仕事をするのが好き

1人での仕事を好む傾向が強い人は、協調性が不足している可能性があり、チーム間での情報共有やコミュニケーションに課題が生じる可能性が高まります。また、リーダーシップが不足していると、チームを統率するのも難しくなります。協調性や共感力が必要なマネージャーの役割に、1人で仕事をするのが好きな人は向いていないでしょう。

優柔不断

優柔不断な人は、マネージャーに向いていない可能性が高いです。優柔不断な人は迅速な意思決定が行えず、業務の進行に支障をきたす恐れがあります。また、目標達成に向けてチームを導くマネージャーの役割において、適切な指導が難しくなります。プロジェクトや業務の進捗もコントロールしにくく、計画の変更もスムーズに行えないため、チームの運営における効率が悪くなる可能性が高まるでしょう。

マネジメントに必要なスキル

チーム全体で目標を達成するためには、マネジメントに関する複数のスキルが必要となります。ここでは、マネジメントに必要な5つのスキルを解説します。

  • 人材育成スキル
  • 目標設定スキル
  • アセスメントスキル
  • テクニカルスキル
  • ファシリテーションスキル

人材育成スキル

マネジメントに欠かせない人材育成スキルは、メンバーの成長とチームの目標達成に必要なスキルです。人材育成スキルには、目標設定や適切なフィードバック、モチベーション管理、スキル向上、コーチングなどが含まれます。マネージャーの人材育成スキルによってメンバーが成長できる環境が整えば、チームの生産性が向上しスキルやモチベーションを効果的に引き出すことができるでしょう。

目標設定スキル

チームで仕事をするうえで、具体的で実現可能な目標を示し、計画的に業務を進行できるようにすることが大切です。そのため、マネジメントにおいて明確かつ達成可能な目標を定め、メンバーにわかりやすく伝える目標設定スキルは不可欠です。また、進捗のモニタリングと調整を行うスキルも求められます。目標設定が適切であれば、チーム全体のモチベーションを維持しやすくなり、チームの生産性が向上するでしょう。

アセスメントスキル

アセスメントスキルは、メンバー一人一人のスキルや状況を把握し、最大限のパフォーマンスを引き出すためのスキルです。長所と短所を含む個々の特性を理解することで、適切な環境を整えサポートすることができます。その結果、非効率的な業務体制を改善しながら、チームメンバーを指導することが可能となるでしょう。

テクニカルスキル

テクニカルスキルは業務遂行能力とも呼ばれ、特定の仕事や業界において必要な専門的な知識や技術を指します。業務を円滑に進行するために必要なスキルであり、マネジメントにおいても重要な要素です。マネージャーが問題解決や意識決定を行う際には、業界や職種に関する深い知識や技術が求められます。テクニカルスキルを持つことで、メンバーとコミュニケーションを取りやすくなり、業務に対して具体的な指導が可能となります。

ファシリテーションスキル

ファシリテーションスキルは、会議や研修などをスムーズに進行し、参加者の意見を引き出して議論を進め、最終的に合意形成を図るためのスキルです。具体的には、論理的思考力、聴く力、質問力などが求められます。ファリテーションスキルはマネジメントの一環として、チームの意思決定や円滑なコミュニケーションを促進するために大切なスキルです。

マネージャーに向いている人はリーダーシップとチームワーク力がある人

この記事では、マネージャーに向いている人の特徴や向いていない人の特徴、マネジメントに必要なスキルについて解説しました。マネージャーに向いている人は、リーダーシップとチームワーク力がある人です。これに加え、人材育成スキルや目標設定スキルなどのマネジメントスキルも求められます。これらの特徴やスキルを有する人は、チームを目標達成に導くマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
コミュニティマネジメントとは?効果や取り組みの具体例を解説
コミュニティマネジメントとは?効果や取り組みの具体例を解説近頃話題となっている「コミュニティマネジメント」という言葉、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。コミュニティ施策は、企業の…

女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)は、全40以上の職種スキルが学び放題です。デザインやマーケティングなどのスキルだけではなく、マネジメントに役立つ思考方法などを学ぶことができるビジネスコースもあります。興味がある方は、ぜひ一度SHElikesの無料体験レッスンに参加してみてください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。