マーケターとは?仕事内容や必要なスキル、なり方まで徹底解説!

マーケターとは?仕事内容や必要なスキル、なり方まで徹底解説!
ABOUT ME
ライター shin
航空系の会社に勤務した後、フリーランスとしての活動を開始。現在は主にWebメディアに携わりつつ海外を転々としている。

「マーケターとは、具体的にどのような職種?」
「マーケティングの仕事に必要な知識やスキルが知りたい」

以上のように思う方はいるでしょう。そこで、本記事ではマーケターの概要や仕事内容、平均年収を解説。また、マーケターに求められる知識とスキルや、未経験からマーケターになる方法も紹介します。

マーケターの仕事が気になる方やマーケティングの仕事がしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

マーケターとは

マーケターとは、マーケティング業務を担当する人のことを指します。主な業務内容は、商品やサービスを売るための仕組みを作ることです。

商品やサービスがどれだけ魅力的でも、消費者の手に届かなければ意味がありません。商品やサービスのメリットを消費者に伝えて購買を促し、購入した人に満足してもらうことがマーケターの役割です。

なお、マーケターの仕事は「マーケティング手法やテクニックを活用して消費者に購買行動を起こさせること」のように捉えられることもあります。しかし、本来は「消費者が求めている商品やサービスを開発・訴求し、消費者のニーズを満たすこと」だといえるでしょう。

ちなみに、以下の記事ではマーケティングの意味や戦略などについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
簡単に解説!マーケティングとは?意味や手法、戦略を初心者にもわかりやすく紹介
簡単に解説!マーケティングとは?意味や手法、戦略を初心者にもわかりやすく紹介ビジネスの現場では、マーケティングという言葉を頻繁に耳にします。しかし具体的にマーケティングとはどういう意味なのか、どのような活動を…

マーケターの仕事内容

マーケターの仕事内容は、主に以下の4つです。

  • 市場やターゲットの調査・分析
  • 商品やサービスの企画と開発
  • 販促方法の考案と実行
  • 分析と効果測定

それぞれを詳しく説明します。

市場やターゲットの調査・分析

マーケターの仕事の1つは、市場やターゲットの調査と分析です。優れた商品やサービスのアイデアを思いついても、需要が少なかったり競合が多かったりすると販促は難しいでしょう。売れる商品やサービスを開発するためには、調査を通じて市場の動向やターゲット層のニーズ、競合他社、適正な価格などを把握する必要があります。

調査方法は、アンケートやインタビューなどが一般的です。市場調査で情報を集めたら分析し、商品やサービスの開発に活かします。

商品やサービスの企画と開発

市場調査で情報を収集して分析したら、データをもとに商品やサービスの企画と開発をします。上層部に対して商品やサービスの内容、ターゲット層、アプローチ方法などに関するプレゼンをしたり、製品を開発する部門と連携して計画を練ったりして、企画と開発を進めていきます。

なお、企業によっては商品やサービスの企画と開発にマーケターが直接関わらない場合もあります。「マーケターの仕事は調査と分析で、商品やサービスの企画と開発は別の専門部署が担う」のようにはっきりと業務分担されているケースもある点は押さえておきましょう。

販促方法の考案と実行

販促方法を考えて実行するのも、マーケターの仕事です。販促方法によって商品やサービスの売れ行きが決まるといっても過言ではないため、マーケターが担う業務のなかで特に重要な仕事だといえるでしょう。

販促方法は、ターゲットによって変わります。たとえば、10代や20代を対象にするならInstagramやTikTokなどを活用したプロモーション、50代や60代向けの場合はテレビやラジオのCMが効果的でしょう。

社内の広報や営業部門と連携したり、場合によっては広告代理店に依頼したりして売上を最大化するためのアプローチ方法を企画するのが、マーケターの役割の1つです。

分析と効果測定

商品やサービスの販促をしたあとは、定期的に分析と効果測定を行います。事前に立てた目標通りの結果が出ているか否かをチェックし、目標の達成が難しいと考えられる場合は改善策を講じます。分析と改善を繰り返すことで、マーケティングが成功する可能性は高まるでしょう。

なお、基本的にマーケティングは結果が出るまでに時間がかかります。すぐに成果につながらなくても焦らず、長期的な視点でマーケティングを行うことが大切です。

マーケターの種類

ひとくちにマーケターといっても、さまざまな種類があります。今回は以下の4つを紹介するので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

  • Webマーケター
  • SNSマーケター
  • コンテンツマーケター
  • リサーチャー

また、以下の記事ではマーケティングの種類について解説しているので、目を通してみてください。

あわせて読みたい
マーケティングの種類とは?分析手法もわかりやすく解説
マーケティングの種類とは?分析手法もわかりやすく解説「マーケティングにはどのような種類がある?」「マーケティングの戦略は、どのように立てればいい?」 このような疑問をもつ方もいるのでは…

Webマーケター

Webマーケターは、Webチャネルを用いたマーケティングを行います。ホームページやSNS、インターネット広告、メールなどさまざまな方法でユーザーにアプローチをし、商品やサービスの販売、ブランド認知度の向上などを目指します。

Webマーケティングの需要は、今後も高いといえるでしょう。その理由は、インターネットが普及した昨今ではWebを通じて情報収集をしたり商品を購入したりする人が増えているからです。

なお、Webマーケターとして活躍するためには、SEOに関する知識の習得や各SNSの特性の理解などが必要不可欠です。Webマーケティングの詳細は以下の記事で解説しているので、チェックしてみてください。

あわせて読みたい
Webマーケティングとは?基本から最新動向まで
Webマーケティングとは?基本から最新動向まで「Webマーケティングって何?」「Webマーケティングって必要なの?」 特にWeb関連の仕事に携わり始めたばかりの方であれば、このよ…

SNSマーケター

SNSマーケターは、InstagramやX(旧Twitter)、Facebookのようなソーシャルメディアを通じてマーケティング活動を行う職種です。商品やサービスの宣伝・販売、ブランド認知度の向上、ファンやフォロワー数の増加などを目指します。

また、ユーザーからの「いいね」に反応したりコメントに返信したりなど、SNSを介してコミュニケーションをとるのもSNSマーケターの役割の1つです。

SNSのユーザー数は増加しており、SNSで商品やサービスの情報を集める人も増えています。そのため、SNSマーケティングの重要度は高いといえるでしょう。

あわせて読みたい
SNSマーケティングとは?仕事内容や必要スキルまで解説
SNSマーケティングとは?仕事内容や必要スキルまで解説SNSのユーザー数は増加しており、SNSマーケティングの重要度は高まっています。しかし、「SNSマーケティングの仕事内容が分からない…

コンテンツマーケター

コンテンツマーケターは、情報を発信してユーザーと関係性を構築し、商品やサービスの販売につなげる役割を担います。オウンドメディアやメールマガジン、ホワイトペーパーなどを通じて有益な情報を発信し、売上の増加や知名度の向上、ファンの獲得などを狙います。

例としては、商品の使い方やメリットを動画で分かりやすく紹介したり、専門家による調査結果をPDFで提供したりなどがあげられます。商品やサービスを売るために直接的なアプローチをするわけではなく、ユーザーのニーズに焦点を当てて価値のある情報を届けるのがコンテンツマーケティングの目的だといえるでしょう。

なお、以下の記事ではコンテンツマーケティングの事例や成功の秘訣などを紹介しています。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティングとは?意味や具体的な手順、ポイントをわかりやすく解説
コンテンツマーケティングとは?意味や具体的な手順、ポイントをわかりやすく解説コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるユーザーに対して価値のあるコンテンツを発信し、コミュニケーションを通じて、顧客と深いつ…

リサーチャー

リサーチャーは、マーケティング戦略を立てるための市場調査を行います。アンケートやインタビュー、座談会、統計調査などさまざまな手法で市場をリサーチし、顧客のニーズやトレンド、業界の動向などを把握します。

リサーチャーが必要とされるのは、主に新しい商品やサービスの企画や開発をするときです。商品やサービスが売れるか否かは、リサーチャーの市場調査に左右されるといっても過言ではないでしょう。

マーケターに求められるスキルや知識

ここからは、マーケターに必要なスキルや知識を紹介します。結論からいうと、以下の4つが求められます。

  • 情報収集スキル
  • データ分析スキル
  • コミュニケーションスキル
  • マーケティングの知識

それぞれを詳しく見てみましょう。

情報収集スキル

1つ目は、情報収集スキルです。マーケターは、市場の動向やトレンド、消費者のニーズなどに関する情報を正確に把握することが求められます。また、アンケートやインタビュー、公的機関がリリースしている調査結果のチェックなどさまざまな情報収集法のなかから、適切な方法を選ぶ能力も必要です。

マーケティングの仕事をしたい方は、適切な手法で必要な情報を収集するスキルを身につけるようにしましょう。

データ分析スキル

データ分析スキルも、マーケターに必要です。マーケティングをする際は、収集したデータを分析して商品やサービスの企画開発やプロモーション方法の立案などに活かすことが求められます。

なお、データを正しく扱うためには、論理的思考力が必要だといえるでしょう。その理由は、論理的な思考をもとにデータを分析することで、売上が見込まれる商品やサービスを開発できたり、効果的なプロモーション方法を考案できたりする可能性が高まるからです。

コミュニケーションスキル

マーケターになるためには、コミュニケーションスキルも身につける必要があります。マーケターは商品やサービスの開発部門や営業担当、経営層などと意思疎通をしながら業務に取り組むことが多いため、誰とでも良好な関係を築ける能力が必要です。

加えて、自分の考えを正しく伝える能力や、相手の話を正確に理解する能力も求められるでしょう。その理由は、顧客へのアプローチ方法を営業担当に分かりやすく共有したり、商品開発部門の意見を正確に汲み取ったりできないと、売れる商品の開発や効果的な訴求方法の考案は難しくなるからです。

また、SNSを活用してマーケティングをする際は、ユーザーからのコメントや質問への対応が求められます。ユーザーと良好な関係を作り上げるためには、テキストで円滑なコミュニケーションをとるスキルが必要です。

マーケティングの知識

マーケティングに関する知識を身につけておくことも、マーケターには欠かせません。商品やサービスが売れる仕組みを作るためには、ユーザーが購買行動を起こす際の心理的なプロセスや「3C分析」「4P分析」のようなフレームワークの知識が必要です。

コミュニケーション力や分析力が優れていても、マーケティングに関する知識やノウハウがなければ効果的な戦略の立案や売れる商品・サービスの企画をするのは難しいでしょう。マーケターとして活躍するためには、マーケティングの知識を磨く必要があります。

あわせて読みたい
Webマーケティングに必要なスキルとは?マーケターの仕事内容も解説
Webマーケティングに必要なスキルとは?マーケターの仕事内容も解説電通の調査によると、2021年にインターネット広告費が、マスコミ媒体広告費を初めて上回ったことが明らかになりました。インターネット広…

マーケターに向いている人の特徴

マーケターに向いている人の特徴は、以下の3つがあげられます。

  • 数字に強い
  • トレンドに敏感
  • 粘り強くチャレンジできる

それぞれを詳しく説明します。

数字に強い

数字に強い人は、マーケターに向いています。マーケティングの仕事では膨大な数字を扱ったり数値データを分析して戦略を立案したりするため、数字を使って物事を考えられる人はマーケターの適性があるといえます。

なお、ロジカルに考えられる能力もマーケターには必要です。なぜなら、たとえ数字に強くても、論理的に数値データを分析して戦略を立てたり仮説と検証を繰り返したりできないと、マーケティングが成功する可能性は低くなってしまうからです。

トレンドに敏感

マーケターに向いている人の特徴の1つに、トレンドに敏感であることがあげられます。消費者のニーズや市場の動向などは定期的に変わるため、常に最新のトレンドをチェックして知識をアップデートすることが大切です。

SNSやテレビ、Webメディアなどを通じて最新の情報を把握し、トレンドに合ったマーケティング戦略を考案・実行できる人は、マーケターの適性があるといえます。

粘り強くチャレンジできる

粘り強くチャレンジできる人も、マーケターに向いています。マーケティングの仕事に華やかな印象を抱く方もいるかもしれませんが、マーケターは「仮説を立てて検証し、その結果を分析して改善策を講じる」というサイクルを成果が出るまで地道に繰り返すことが求められます。

すぐに結果が出なくても諦めず、成功するまでコツコツと継続できる方は、マーケティングの仕事に向いているでしょう。

マーケターの平均年収

厚生労働省によると、マーケターの平均年収は約630万円とされています*1。年収は勤務先の企業の規模やスキルなどに左右される場合もありますが、基本的には年齢とともに上がっていき、55歳〜59歳の約793万円がピークのようです*1

また、「フリーランス白書2020」でマーケターに近い職種の年収を見てみると、クリエイティブ・Web・フォト系は400万円未満が23.6%、400〜800万円未満は24%、800万円以上は12.1%とされており、コンサルティング系の場合は400万円未満が4.7%、400〜800万円未満は8.9%、800万円以上は22.6%です*2

フリーランスのマーケターとして働く場合、案件や業務内容、スキルなどによって年収に大きく幅がある点は押さえておきましょう。

あわせて読みたい
Webマーケティングのフリーランスとは?なり方や年収、案件獲得方法まで
Webマーケティングのフリーランスとは?なり方や年収、案件獲得方法までWebマーケティングはSNS・Webサービスの普及により、需要が高まっている職業の1つです。しかし、Webマーケターとしてフリーラン…

マーケターの仕事のやりがい

マーケターの仕事のやりがいは、主に以下の3つが考えられます。

  • 仕事の成果が可視化される
  • 自分が携わった商品やサービスが世間に広まる可能性がある
  • 幅広い知識やスキルを身につけられる

それぞれを詳しく見ていきましょう。

仕事の成果が可視化される

マーケターの仕事のやりがいの1つは、仕事の成果が可視化されることです。マーケティングの結果は売上や公式サイトへのアクセス数、SNSのフォロワー数やエンゲージメント数などの数値に反映されるため、仕事の成果を客観的に把握できます。

マーケティング戦略が成功して売上アップやエンゲージメント数の増加などを達成できると大きなやりがいを感じられるうえ、今後の仕事のモチベーションも高まるでしょう。

自分が携わった商品やサービスが世間に広まる可能性がある

自分が企画や開発に関わった商品やサービスが多くの人の手に届くのも、マーケターの仕事の醍醐味だといえます。

収集したデータを分析して新たな商品やサービスを生み出し、試行錯誤しながらマーケティングを行うことは困難な面もあるでしょう。しかし、商品やサービスが世の中に広まって多くの人のニーズを満たせると、達成感や充実感を得られるはずです。

幅広い知識やスキルを身につけられる

仕事を通じて幅広い知識やスキルを身につけられるのも、マーケターの仕事のやりがいの1つです。マーケターは市場調査やデータ分析、商品開発、広告運用などさまざまな業務を担うため、仕事をするなかでさまざまなスキルの習得を目指せます。

複数のスキルを身につけることでマーケターとしての市場価値が高まったり今後のキャリアの可能性が広がったりするため、モチベーションが高まるといえます。

マーケターになるには?未経験からのなり方

「未経験でもマーケターになれる?」と思う方もいるでしょう。結論からいうと、以下の2つを行えば未経験からでもマーケティングを仕事にできる可能性は高まります。

  • 資格を取得する
  • スクールを活用する

未経験からのなり方について詳しく説明します。

資格の取得

1つ目は、資格を取得することです。マーケターになるにあたって必須の資格はありませんが、資格があるとスキル保有の客観的な証明になり、就職や転職活動をするときや案件に応募するときにアピールできます

マーケターにおすすめの資格は、以下の3つです。

  • マーケティング検定
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • 中小企業診断士

上記の資格の取得に向けて学習をするなかで、マーケティングに関する知識やスキルを習得できるでしょう。また、資格を履歴書に書くことで、自分のスキルを証明できます。

ちなみに、以下の記事ではWebマーケティングに役立つ資格をまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
Webマーケティングに役立つ資格13選|独学での勉強方法や資格取得のメリットも解説!
Webマーケティングに役立つ資格13選|独学での勉強方法や資格取得のメリットも解説!インターネットやスマートフォンの普及により、Webマーケティングの需要が高まってきています。「Webマーケティングの仕事に興味がある…

スクールの活用

未経験からマーケターを目指したい方は、スクールを活用してみてください。スクールは、主に通学型とオンライン学習型の2種類があります。

通学型は対面式で学習するスタイルで、不明点をすぐに質問できるのがメリットの1つです。また、ほかの受講生との交流を通じて、情報交換をしたりモチベーションを高めたりできる可能性もあります。

一方で、オンライン学習型は時間や場所に縛られずに学習を進めることが可能です。移動中や就寝前のような隙間時間を活用して勉強できるため、効率よく知識やスキルを習得できるでしょう。

ちなみに、女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)はオンラインで受講可能で、マーケティングの基礎やSNSマーケティング、コンテンツマーケティングなどを学べます。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

あわせて読みたい
Webマーケティングスクールおすすめ5選を紹介!講座内容や費用などを徹底比較
Webマーケティングスクールおすすめ5選を紹介!講座内容や費用などを徹底比較オンライン化が進む現代において、Webサイト上での販売や認知拡大の戦略を立てるWebマーケティングの需要は高まっています。需要の高ま…

マーケターとは何かを理解して、マーケティングを仕事にしよう

マーケターの主な役割は商品やサービスを売るための仕組みを作ることで、そのためには市場調査やマーケティング戦略の立案、効果測定と分析など幅広い業務を担当します。ときには困難に直面することもありますが、仕事の成果が目に見えたり多くの人のニーズを満たせたりなど、大きなやりがいを感じられる仕事だといえるでしょう。

マーケティングの仕事をするために必要な知識やスキルを身につけたい方には、女性向けキャリアスクールSHElikesがおすすめです。全40以上の豊富な職種スキルが定額・学び放題*で、前述の通りマーケティングに関する学習ができます。また、Webデザインやコピーライティング、広告運用などのコースもあるため、マーケティングに役立つスキルの習得も目指せます。

無料体験レッスンを実施しているので、興味のある方はぜひ参加を検討してみてはいかがでしょうか。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※スタンダードプランの場合

※出典
*1:厚生労働省「職業情報提供サイトjobtag」Webマーケティングの平均年収より
*2:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
「フリーランス白書 2020」第 2 部 クロス集計より

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。