TikTokでバズりやすい動画編集のコツ5選!ソフトやアプリも紹介

TikTokでバズりやすい動画編集のコツ5選!ソフトやアプリも紹介
ABOUT ME
ライター KeitoKurisu
埼玉県の美容学校を卒業後、銀座の美容室での経験を経て、雑誌・広告業界のヘアメイクとして活動。その後、SEOメディア事業や映像制作会社を立ち上げ、脚本とディレクター業務を行う。現在は、アート作品の個展を行いながら、フリーライターとして活動中。
エディター Kakuhata Kyosuke
同志社大学 生命医科学部医情報学科卒。在学中、基礎科学や生体情報の取得・制御、プログラミングについて学ぶ。大学院進学後Pythonデータ解析や生体化学を学んだあとライター業を開始。現在はフリーランスとして活動し、キャリア領域のメディアを中心にSEO記事を編集・執筆している。

TikTokは縦型のショートムービーやライブ配信で注目を集める、若年層に人気のSNSの一つです。フォロワー数に関係なく一定の再生回数が取れることから、SNSで人気になりたい方や、ビジネスの認知拡大として多くの方に利用されています。

そのため、TikTokでバズりやすい動画編集のやり方を理解することは非常に大切といえるでしょう。

今回は、TikTokで動画を作る方法や動画編集のコツ、おすすめの動画編集ソフト・アプリなどを紹介します。「TikTokでバズってみたい!」と考える方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

TikTokで動画を作る方法

まずは、TikTokのスマホアプリで動画を作る方法を見ていきましょう。なおパソコン版のTikTokでは動画編集機能が利用できません。そのためTikTokの標準機能で動画を編集したい方は、スマホアプリを使用してください。

ステップ1:動画を撮影・アップロードする

TikTokに動画を投稿する際は、スマホや撮影機材で事前に映像を収録する必要があります。TikTok画面下に表示されている「+」をタップすると撮影画面に切り替わるので、動画素材が必要な方は先に撮影を行いましょう。

映像素材がスマホに入っている方は、画面に表示されている「アップロード」から使用する素材を選択してください。

ステップ2:動画を編集する

動画の撮影・アップロードが完了すると、動画編集画面が表示されます。なおTikTokでは、下記の編集機能を利用することが可能です。

機能内容
カット動画の分割
音源挿入BGMの挿入
テキストテキストの挿入
エフェクト白い・可愛い・ビューティーなどのエフェクトの使用が可能
フィルター動画の色味を調整できるフィルターを挿入
速度動画の速度を0.3〜3倍まで変更可能
アフレコ動画内に音声を挿入

TikTokの編集画面の右にメニューが表示されているので、必要な機能を利用しましょう。編集が完了したら画面下の「次へ」を選択します。

ステップ3:動画を投稿する

編集が完了したら最後の投稿設定を行いましょう。キャプションは最大4000文字までのテキストを入力することが可能です。#タグやメンションの設定を行う際は、ここで済ませておきましょう。全ての入力が完了したら、画面下の「投稿」をタップします。

TikTokでバズりやすい動画編集のコツ5選

ここからは、TikTokでバズりやすいと考えられる動画編集のコツを紹介します。作成するコンテンツによっても異なりますが、TikTokでの動画編集が慣れていない方は下記のポイントを意識しましょう。

  • 音楽に合わせた編集をする
  • 冒頭で視聴者の興味を惹く
  • 流行り・人気の楽曲を使用する
  • 視聴者にアクションを求める
  • 動画編集ソフト・アプリを使用する

上記の5つについて解説します。

音楽に合わせた編集をする

TikTokにかかわらず、魅力的な動画を作成するなら音楽に合わせたコンテンツを作成しましょう。というのも映像とBGMがミスマッチな動画は、視聴者に違和感を抱かせる可能性があるのです。例えば楽曲のビートに合わせて動画のシーンを切り替えるだけでも、映像とBGMのシンクロ率は高くなるでしょう。

また曲調に合わせた世界観を作ることで、動画に統一感が生まれます。楽しいコンテンツを作る際はアップテンポな曲を使用して、映像の切り替え場面などにこだわってみてください。

冒頭で視聴者の興味を惹く

SNSでバズっている動画の多くは、動画の冒頭3〜5秒前後で視聴者の興味を惹く工夫がされています。具体的には動画の始まりで、「初心者でもできる動画編集テクニック5選!」や「これを食べると危険!」などのオープニングが表示されると、気になって最後まで再生されるかもしれません。

TikTokは手軽にスクロールして次にコンテンツを再生できるので、動画の開始数秒で相手の心を掴むことが大切です。

流行り・人気の楽曲を使用する

人気の楽曲を使用することで、視聴者の手を止められる可能性はグッと高くなります。そのため動画に使用するBGMは、ランキング上位の音楽や多くの人気配信者が使用する曲を活用するとよいでしょう。TikTokの編集画面では人気の楽曲を検索できるので、作成した動画にあった人気の音楽を使用してください。

自身で音楽を挿入することも可能ですが、外部サイトの音源を利用する際は著作権の侵害に抵触するかもしれません。そのため別サイトのBGMを活用する際は、利用規約を必ず確認しましょう。

視聴者にアクションを求める

TikTokやInstagramのリール動画では、視聴者にアクションを求めるコンテンツを作成する傾向があります。例えば動画の最後で「気になる方はコメント!」と促すことで視聴者が行動を起こしてくれる可能性があります。

ユーザーからのアクションが多いアカウントはアルゴリズムに優遇される確立が高くなるかもしれません。またファンと交流を深めるためにも、コンテンツを見てくれた方に何かしらの行動をしてもらえる工夫をしてみてください。

動画編集ソフト・アプリを使用する

TikTok内の編集ツールも便利ですが、よりユニークな動画を作りたい方は専用のアプリやソフトを使用するとよいでしょう。動画編集ソフト・アプリでは高度な編集機能や、プロのクリエイターが作成したテンプレートなどを利用することが可能です。

近年ではTikTokに直接投稿できるツールも増えているので、動画の編集からアップロードまでを効率化できることも魅力と考えられます。

TikTokにおすすめの動画編集ソフト・アプリ

ここでは、TikTokにおすすめの動画編集ソフト・アプリを紹介します。各ツールの特徴を紹介するので、自分にあった製品を使用しましょう。

こちらもおすすめ
ロゴなしで使える無料の動画編集ソフト・アプリ11選!選び方や注意点も解説
ロゴなしで使える無料の動画編集ソフト・アプリ11選!選び方や注意点も解説「ちょっとした動画を編集するだけだから、無料のソフトを使いたい」「無料でちゃんと使えるソフトはあるのかな?」 このような悩みを抱えて…

Adobe Premiere Pro

デバイスパソコン
対応OSndows:10,11
macOS:v10.14以降
メリット本格的な編集機能を搭載
Adobeソフトと連動して利用できる
ネット上での情報量が多い
デメリット初心者には操作が難しい可能性がある
月額料金が発生する
無料体験あり

Adobe Premiere Proは、Adobe社から提供されている動画編集ソフトの一つです。TikTokだけではなくYouTubeやテレビ業界など、幅広い業界で使用されています。Premiere Pro専用のテンプレートを無料で配布しているクリエイターも多く、他の動画編集ソフトよりも使用できる映像素材が多いことも魅力の一つです。

完全未経験の方には操作方法が難しいかもしれませんが、YouTubeなどにはPremiere Proのレクチャー動画が配信されています。そのため、コストをかけずに使い方を理解できるかもしれません。TikTok以外のシーンでも活躍するソフトなので、動画編集の副業にも興味のある方はPremiere Proをお試しください。

参考:Adobe Premiere Pro

Final Cut Pro

デバイスパソコン
対応OSWindows:非対応
macOS:v10.14以降
メリット本格的な動画編集が可能
美しいグラフィックで編集できる
直感的に操作できる
デメリットMac専用
完全有料ソフト
無料体験あり

Final Cut Proは、Mac専用の動画編集ソフトです。テレビや映画などの本格的な映像制作業界でも使用されており、プロ級の作品を作りたい方におすすめといえます。魅力的なテンプレートなども充実しているため、一定のスキルさえあれば視聴者が楽しめるコンテンツを作成できるでしょう。

ただしFinal Cut Proの機能は45,000円のソフトなので、人によっては高額と感じるかもしれません。Mac専用のソフトのためWindowsユーザーは利用できないデメリットも存在します。とはいえ高度な機能を搭載しながら直感的に利用できることは魅力です。Macで動画編集を行いたい方は、Final Cut Proを利用してみましょう。

参考:Final Cut Pro

Filmora

デバイスパソコン(スマホアプリあり)
対応OSWindows:7以上
macOS:v10.14以上
メリット手軽に操作できる
動画素材が充実している
デメリット一部有料
無料体験あり

Filmoraは直感的に操作できることで人気の動画編集ソフトです。プロの動画クリエイターが作成したテンプレートやAI機能を利用できるため、動画編集に慣れていない方でも魅力的な作品を作れるでしょう。一般的なエフェクトやトランジションだけではなく、装飾されたテキストやステッカーなどを活用できることも魅力の一つです。

基本的な機能は無料で利用できますが、無料版では書き出した動画にウォーターマークが入るデメリットがあります。そのためFilmoraを使いたい方は無料版を試してから、有料版の契約を検討してください。

参考:Filmora

CapCut

デバイススマホ
対応OSiOS/Android
メリット本格的な動画を作成できる
直感的に使用できる
デメリット商用利用不可
無料体験完全無料

CapCutは、TikTokやInstagramなどの動画作成で人気のアプリです。完全無料で利用できるうえ本格的な動画編集機能を搭載しているため、クオリティの高い作品を作りたい方におすすめです。操作方法は非常にシンプルなので、動画編集の経験がない方でも直感的に利用できるでしょう。

ただしCapCutは商用利用を禁止している動画編集アプリです。そのため企業とのタイアップ動画やPR動画などには使用できません。そのためCapCutは、個人発信で動画の品質にこだわりたい方におすすめのアプリといえるでしょう。

参考:CapCut

iMovie

デバイススマホ・パソコン
対応OSiOS
メリット直感的に使用できる
テンプレートが充実している
デメリット本格的な編集にはやや不向き
無料体験完全無料

iMovieは、iOS専用の動画編集アプリです。テンプレートを使った編集や動画素材などが用意されており、動画編集初心者の方におすすめと考えられます。Mac版のiMovieもリリースされており、細かい編集をパソコンで仕上げることも可能です。

搭載されている機能は全て無料で利用できますが、フォントやエフェクト、トランジションなどの一部の動画素材はやや少ないかもしれません。そのため本格的な映像作品を作りたい方は、物足りなさを感じる可能性があります。しかし完全無料で利用できるので、iPhoneでTikTok動画を作りたい方はiMovieをお試しください。

参考:iMovie

Vrew

デバイススマホ・パソコン
対応OSiOS/Android
メリット文字起こしに特化
手軽に操作できる
デメリット動画素材はほとんどない
無料体験基本使用料無料
(一部有料・無料体験なし)

Vrewは動画の文字起こしで利用される動画編集アプリです。カットやエフェクトなど簡単な動画編集機能も搭載しているため、テキスト中心の動画をサクッと作りたい方におすすめといえます。パソコン版も提供されているので、細かい編集をすることも可能です。

有料機能に登録すれば、動画のテーマを伝えるだけでAIがコンテンツを自動で作成してくれます。したがって動画制作にかかる時間を大幅に短縮できるでしょう。動画作成をAIで自動化したい方は、Vrewの有料プランも検討してください。

参考:Vrew

TikTokの動画編集を行う際の注意点

最後に、TikTokの動画編集を行う際の注意点を紹介します。

  • 動画を長くしすぎない
  • 炎上観点に配慮する

上記の項目を意識したうえで、TikTokに投稿する動画を作りましょう。

動画を長くしすぎない

TikTokでは、最大3分までの動画を投稿できます。しかしTikTokは短い動画が人気のSNSなので、1分以上のコンテンツは途中で飽きられるかもしれません。

シナリオや動画の構成作りが得意な方であれば問題ないかもしれませんが、動画編集に慣れていない方は映像の尺を30〜1分程度に収めることをおすすめします。

炎上観点に配慮する

TikTokで過剰な表現をしたり、他人を誹謗中傷する動画を投稿すると、コンテンツを見た視聴者が不快になり、予期せぬトラブルを招く可能性があります。またTikTokアカウントが停止になるリスクも存在するので、投稿する動画の内容は炎上観点に配慮してください。

動画編集のコツを理解してTikTokでバズってみよう!

フォロワー数にかかわらず一定の再生回数を取れるTikTokは、ビジネスの認知拡大や自身の知名度アップなど、さまざまな目的に使用できます。投稿する内容に配慮しながら適切な編集方法を理解して、TikTokでバズを狙ってみましょう。

女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)では、動画編集の基本的なテクニックから実践的なスキルを学習できます。

SNSで注目されるデザインやライティング、マーケティングなども勉強できるので、TikTokで人気を集めるきっかけになるかもしれません。興味のある方は、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。