【20代女性の転職】事務職への転職を成功させる方法やおすすめ職を紹介!

【20代女性の転職】事務職への転職を成功させる方法やおすすめ職を紹介!
ABOUT ME
ライター momoka
ライターを中心に活動中|HR業界営業→人事担当→ポータルサイト原稿制作を経てフリーランスに|最近はインタビュー・採用広報が中心。エッセイも書きたいです|SHElikesキャリアプランナー&ファシ, 広報 , 撮影
エディター Tomomaru
フリーランスWeb編集・コンテンツディレクター兼たまにライター。 略歴は、アパレル→事務職を経てWebデザインをスクールで学んだのち、SHElikesと出会いWeb制作会社でマーケOLしてみたり。結果、書くことが天職だと思い込み、副業ライター道を歩んでいる。次なる野望は絵描きになること。思い込むのは自由です。

事務職は、20代女性に人気がある職種です。今後のライフイベントと仕事との両立や、ワークライフバランスを考慮し、事務職に転職を検討する人は多いのではないでしょうか。

しかし、人気が高い事務職への転職を成功させるには、ポイントを押さえておくことが大切です。

この記事では、20代女性が事務職への転職を成功させる方法や注意点、おすすめの職種を解説します。また、転職の成功事例も紹介しているので、自分らしい働き方を目指している人にとって、ヒントになる情報が見つかるはずです。

20代女性が事務職への転職を成功させるポイント5つ!

まずは、20代女性が事務職への転職を成功させるポイントを5つご紹介します。自分に合った企業へ転職を叶えるためには、やみくもに行動するのではなくひとつずつ計画的に行っていくのが大切です。

キャリアプランを明確にする

1年先や3年先、また30代以降ではどうなっていたいのか、キャリアプランを具体的に描いてみましょう。

仕事以外にも結婚や出産、引っ越し、家族の介護など、ライフイベントを見据え事務職への転職を希望している人もいるでしょう。ライフイベントも考慮してキャリアプランを考えると、大切にしたいことや今後目指したい姿がより明確になりそうです。

たとえば、出産を考えているのであれば出産後も仕事を続けるのか、将来的に地元へのUターンを考えているのかなど、長いスパンでやりたいことを考えてみることをおすすめします。そのうえで仕事に求めるものや目指したい働き方を考えると、キャリアプランがより具体的になります。

直近の希望だけでなく数年後、数十年後のキャリアプランまで描いてみることで、今回の転職活動で目指すべき道が見えてくるのではないでしょうか。

自己分析・経験の棚卸しをして自分の強みを言語化する

転職活動を成功させるには、自分の強みやできることをしっかりアピールすることが大切です。自己分析やこれまでの経験の棚卸しをして、自分の強みを洗い出し整理していきましょう。

自己分析では、仕事面はもちろんプライベート面も含め、好きなことや苦手なこと、やりがいを感じることなどをさまざまな角度から考えるのがおすすめです。転職時には、スキルや経験も判断基準のひとつとなりますが、性格面でもチームや社風と合っているかどうか注目されます。

自分の性格や強みを発揮できる環境に出会うためには、まずは自分自身のことをしっかり理解し、それを正確に伝えられるように言語化しておくことが大切です。

必要なスキルを身につける

未経験で事務職への転職を目指すなら、転職先で求められるスキルを身につけておくことをおすすめします。事務職は人気が高い職種であるため、他の応募者と差別化できるポイントがあると転職の成功率もぐっと高まります。

中には未経験OKの求人もあります。しかし、複数の候補者がいる場合、スキルがある人・ない人では、企業はどちらに声をかけたくなりそうでしょうか?入社後に活躍できそうな前者の方が、企業に求められる可能性が高くなりそうですよね。

事務職の場合、基礎的なパソコンスキルやビジネススキルを身につけておくとよいでしょう。「何を勉強すればいいのか分からない」という人は、女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)のようなスクールを活用するのもおすすめです。

スキルを身につけると、即戦力として活躍できることはもちろん、自ら勉強している姿勢そのものが好印象となり、意欲のアピールにもつながります。

転職先に求める条件を明確にしておく

新たな職場で自分らしく働き続けるためには、「自分はどのような仕事がしたいのか」「どんな環境で働きたいのか」を明確にしておきましょう。

そうすることで軸が定まり、自分に合った転職先を見つけやすくなるはずです。また、転職後も「想像していた働き方と違った……」というミスマッチが起こる可能性が低くなります。

とはいえ、すべての条件に合う会社を見つけるのは難しいかもしれません。自分にとって譲れないポイントと妥協してもよいポイントを洗い出し、優先順位をつけておくとよいでしょう。

自分に合う求人サイト・エージェントを利用する

転職活動には、求人サイトやエージェントの利用もおすすめです。

最近ではさまざまなジャンルの求人サイトがあり、掲載されている求人の傾向や利用できるサービスはそれぞれ異なります。各業界に特化したものや、未経験歓迎の求人が多いものなど、自分に合う求人サイトを選ぶとよいでしょう。

また、多くのエージェントでは、自分に合った求人を紹介してもらえるだけでなく、書類作成や面接に関するサポートもしてもらえます。第三者の目線、またプロの目線でアドバイスをもらえると心強いですよね。

上記のようなサービス・サポートを使うことで、現在の仕事と両立しながら効率良く転職活動を進められそうです。

あわせて読みたい
20代女性におすすめの転職のコツとは?人気職種と未経験転職の成功事例も紹介
20代女性におすすめの転職のコツとは?人気職種と未経験転職の成功事例も紹介20代は、仕事を始めて数年が経ち、自分の仕事の成果や周囲の状況が見えてくる時期ですよね。なかには、さらなるステップアップやプライベー…

20代女性が事務職へ転職するメリット

20代女性が転職して事務職に就くことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは事務職へ転職するメリットを紹介します。

残業が少なく、休日が決まっていることがほとんど

事務職はルーティンワークが中心であるため、業務にかかる時間を見積りやすく、予定の調整もしやすい場合が多いです。そのため、事務職は比較的残業が少ない仕事と言えます。また、休日も決まっていることがほとんどです。

ワークライフバランスを重視して働きたい人や、結婚・出産・介護など家庭と両立をしながら働き続けたいという人にとっては大きなメリットがあるかもしれません。

転勤が少ない

転勤が少ないことも、事務職の特徴です。これも、自分の生活を大切にしながら働きたい人や将来のライフイベントを見据えて転職を検討している人にはメリットと言えるのではないでしょうか。

異動や転勤を通してさまざまな業務を経験する総合職とは異なり、事務職は決められた業務でチームのサポートを行うことが求められます。そのため、転勤の可能性は他の職種と比べて低いと言えるでしょう。

体力面での負担が少ない

オフィスでのデスクワークがメインとなる事務職。最近では、リモートワークを導入している企業も増えてきました。力仕事をすることが少なく、基本的には屋内で机に向かって作業することがほとんどのため、体力面での負担が少ない仕事だと言えます。

体力面を考慮して「長く働けるキャリアを積みたい」という理由で、事務職への転職を検討する人も一定数いるのではないのでしょうか。

事務職へ転職する際の注意点

一方で、事務職へ転職を検討する際の注意点も確認しておきたいところです。メリット・デメリットを踏まえて自分に合う仕事を検討するとよいでしょう。

ルーティンワークが多い

事務職はデータ入力やファイリングなど、決められた業務をコツコツとこなすことが多く、ルーティンワークになるのが一般的です。

そのため、仕事で大きな変化を求める人にとっては物足りなさを感じることもあるかもしれません。反対に、決められたことを正確に淡々と行うことが得意な人には向いている仕事だと言えるでしょう。

評価基準が難しく、昇給のチャンスが少ない

他の職種と比べ昇給のチャンスが少ないことも、事務職を検討するうえで注意したいポイントです。

たとえば営業職は、売り上げなど分かりやすい指標があるため、業務の結果が昇給につながりやすい職種です。一方、周囲のサポートを行う事務職は、業務が企業の利益に直結するものではありません。そのため、評価基準が難しいとされています。

事務職の評価基準は企業によって異なりますが、勤続年数に応じてゆるやかに昇給するのが一般的です。そのため、他の職種で同年齢の人と比べると、20代前半では給与の差がなくとも、20代後半や30代以降になると差が出ることも少なくありません。

競争率が高い

先にも述べたように、事務職は人気が高い職種です。厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和5年9月分)について」*1 によると、全職業の有効求人倍率が1.18に対して、事務従事者は0.44でした。

有効求人倍率とは、求職者1人に対して求人が何件あるかを表す数値です。有効求人倍率が高ければ求人の数は多く、低ければ求人数は少なくなります。有効求人倍率0.44ということは、求職者約2.2人あたりにつき1件しか求人がないことが分かります。

競争率が高い事務職で転職を成功させるには、他の候補者と差別化できるポイントがあるとよいでしょう。パソコンスキルやビジネススキル、業界の知識など入社後に活用できるスキルや知識を身につけておくことをおすすめします。

20代女性の転職におすすめの事務職3選

一口に事務職と言っても、以下のように種類があります。それぞれに業務内容や求められるスキルは異なるため、事務職の中でもどのような仕事を目指したいのかを考えておくことが大切です。

一般事務

一般事務は、企業の中でいわゆる“事務作業”を担当する職種です。データ入力、文書作成、来客・電話対応、ファイリング、郵便物の仕分けや発送など、社内の業務が円滑に進むよう、あらゆるサポートを行います。

基本的なパソコンスキルはもちろん、スムーズに業務を進めるためのコミュニケーション能力があるとよいでしょう。求められた仕事を正確にコツコツと進めることが得意な人に向いている仕事と言えます。

営業事務

営業活動のサポートを行うのが営業事務の仕事です。具体的には、スケジュール調整、資料作成、見積書・契約書などの書類作成のほか、顧客とのやりとりを行います。

自社で取り扱う商品・サービスについての知識が求められるほか、社外とのやりとりも発生するため、コミュニケーション能力やビジネスマナーが求められます。

営業事務は、売り上げなど目に見える結果に直結しやすいのも特徴です。そのため、他の事務職とは違うやりがいや分かりやすい成果を得られるのではないでしょうか。

総務事務

設備・備品の管理、社内規定の作成、社内イベントの運営、社内外からの問い合わせ対応など、社員が働きやすい環境を整えるのが総務事務の役割です。企業によっては、人事や労務も総務事務が兼任している場合があります。

社内でさまざまな人と関わる機会が多いため、基礎的なパソコンスキルに加え、気持ちのよいコミュニケーションや細やかな気配りができるとよいでしょう。

社内では「縁の下の力持ち」のような存在でもあるため、自分のサポートによって物事が円滑に回ることにやりがいを感じる人に向いている仕事だと言えます。

あわせて読みたい
20代女性の転職で人気の仕事は?おすすめの業界や職種、成功のコツを紹介
20代女性の転職で人気の仕事は?おすすめの業界や職種、成功のコツを紹介20代女性というと、自分の将来像やライフステージの変化と向き合う機会が増えてくる頃です。なかには将来を見据えて転職を検討している人も…

20代女性の転職におすすめの事務職以外3選

事務職以外にも、20代女性の転職におすすめの職種はあります。3つの職種を紹介するので、転職理由や仕事に求める条件と合いそうなのであれば、選択肢のひとつに入れてみるのもよいかもしれません。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスとは、自社の製品やサービスを利用する顧客にアプローチし、顧客が成功体験を得られるように働きかける仕事です。

電話やテキストメッセージを通してやりとりすることが多く、リモートワークを導入する企業も増えているため、ワークライフバランスの実現がしやすい仕事と言えます。

また、SaaSビジネスが普及したことにより、カスタマーサクセスの部署を新設する企業も増えています。このことから、カスタマーサクセスは今後も需要が増えていく職種と言えるでしょう。将来を見据え、早いうちから需要の高い職種に転職し、経験を積みたいという人におすすめです。

Webマーケター

Webマーケターは、WebサイトやSNS、Web広告を通して、商品やサービスを売るための仕組み作りや戦略立てをする仕事です。

近年、ネットショッピングやSNSなど、Web上でのサービス利用や情報収集をする場面が増えてきました。何かを購入する際、まずはWeb上で検索し比較・検討をするという人も多いのではないでしょうか。

このことから分かるように、近年Webマーケティングの必要性はますます高まっています。Web業界は情報の移り変わりが早く、時代の流れに合わせて柔軟な考え方が求められます。流行を追うのが好きな人や、戦略をあれこれ考えることにワクワクする人に向いている仕事かもしれません。

Webデザイナー

ホームページやECサイトなど、Web上のデザインを制作するWebデザイナー。また、SNSの投稿や広告バナーなどの画像制作を行うこともあります。

ITサービスの普及が加速していることから、Webデザイナーは需要が高まっている職種です。また、基本的にパソコンを用いて作業を行うため、場所にとらわれない働き方がしやすいほか、フリーランスや副業として働く人も増えています。Webデザイナーは柔軟な働き方がしやすい仕事だと言えるでしょう。

近年では、ライフステージが変わっても働き続けるために、20代のうちからWebデザインなどのITスキル習得に向けて勉強をする人が増えています。Webデザインに限らず、環境の変化にも対応しやすいスキルを今のうちから身につけておけば、働き方における未来の選択肢は広がりそうです。

最近ではWebデザインのスキルを身につけられるスクールも増えています。SHElikesでWebデザインの勉強を始めた人の中には、未経験からフルリモートのWebデザイナーとして転職を叶えた人もいます。

あわせて読みたい
女性が20代のうちにやっておくべきこと10選!仕事もプライベートも後悔しないためには?
女性が20代のうちにやっておくべきこと10選!仕事もプライベートも後悔しないためには?人生において20代という期間は、泣いても笑っても10年間しかない貴重な期間です。社会的にも大人として扱われ、自分で決断し行動できる期…

スキルのない20代女性におすすめの勉強法

ここまで読んで、「スキルなしの状態で転職するのは難しいのでは……」と不安に思った人もいるかもしれません。しかし、今からスキルを身につけるための手段はいくつもあります。今回は2つの勉強法を紹介します。

資格取得

ひとつ目は、資格取得を通してスキルを身につける方法です。職種に合わせた資格を持っておくことで、転職活動でのアピールにつながり、入社後の業務にも生かすことができます。目指したい職種の求人を確認し、求められるスキルや資格を確認してみるとよいでしょう。

ただ、ここで気をつけておきたいのは資格取得をゴールにしないことです。どれだけ素晴らしい資格を持っていても、知識やスキルが身についていなければ業務に生かすことができないので意味がありませんよね。

もちろん、持っていることで転職活動で有利になる資格もありますが、資格取得に向けた学習を通してスキルを身につけることが大切です。

スクール

スクールで勉強するのもおすすめです。スクールを利用するメリットは、実践的なスキルを身につける機会がある点ではないでしょうか。分からない点を直接質問できるスクールもあるため、効率的に学習ができ、1人で勉強するより挫折しにくいかもしれません。

女性向けキャリアスクールSHElikesでは、WebデザインやWebマーケティングなどのクリエイティブスキルやカスタマーサクセス、事務職に生かせるパソコン、ビジネススキルまで必要なものを自由に選んで学ぶ** ことができます。

そのため、さまざまなコースをつまみ食いしながら自分に合ったスキルを身につけることが可能です。また、複数のスキルを掛け合わせることで、より市場価値の高い人材を目指せます。

** スタンダードコースの場合

あわせて読みたい
大人女性におすすめの習い事12選 趣味やスキルを身につけてワクワクする人生を
大人女性におすすめの習い事12選 趣味やスキルを身につけてワクワクする人生を仕事とプライベートのさらなる充実や、新たな出会いにつながる「大人女性の習い事」。株式会社クロスウェブが、2021年に自社メディア「E…

20代女性事務職から未経験で転職成功した事例を紹介

最後に、20代女性で転職に成功した人の事例も紹介します。今回紹介する2名は未経験の状態から転職を叶えています。それぞれの勉強法なども参考になるのではないでしょうか。

ちあきさん|事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまで

ちあきさんは未経験からSHElikesで勉強をはじめ、半年でIT業界への転職と副業デザイナーへの道を叶えました。

以前は自信を持てるスキルがなく、現状から抜け出す方法も分からずモヤモヤを抱えながら働いていたそうです。そんなときSHElikesに出会い、まずは自分の「好き」を見つけるためにさまざまなコースを「つまみ食い」してから、デザインとマーケティングコースを受講。毎週スケジュールを立ててコツコツ勉強し、複数のITスキルを身につけたそうです。

現在、本業ではサイト制作やSNS運用、チラシ作成などクリエイティブな業務を幅広く担当し、副業でもバナー制作などを行っているそうです。「仕事って楽しいものなんだ!」と思えるようになったという考え方の変化も素敵です。

転職成功までの道のりも分かりやすい図で掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

インタビュー記事はこちら
事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまで
事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまでWebデザインやマーケティングなど、38の職種スキルが学び放題の女性向けキャリアスクールSHElikes。たくさんの方が自分の“好き…

MIYUさん|キャリア迷子だった事務職の私が、デザインやマーケティング、ライティングに出会い、1年で企画職に転職した方法

商社の営業事務から、企画職に転職したMIYUさんは、Webデザイン、マーケティング、ライティングのスキルを生かして自身のキャリアを切り開いたのだとか。

将来に不安を感じSHElikesに入会を決めたものの、はじめは自分が何をやりたいのか決まっていなかったそうです。そこで、まずは興味のあるコースを幅広く試してみることで、本当に自分のやりたいことを見つけながらスキルを身につけられたと言います。

以前は、転職を視野に入れてはいるもののなかなか前に進めなかったというMIYUさん。次の道を見つけるためにまずは新たな学びに触れてみる、そのためにも小さな一歩を踏み出してみることが大事だと語ってくれました。

「行動することで道は開ける」ことを体現した、背中を押される転職成功の事例ではないでしょうか。

インタビュー記事はこちら
キャリア迷子だった事務職の私が、デザインやマーケティング、ライティングに出会い、1年で企画職に転職した方法
キャリア迷子だった事務職の私が、デザインやマーケティング、ライティングに出会い、1年で企画職…Webデザインやライティングなど、38の職種スキルが学び放題の女性向けキャリアスクールSHElikes。今回の記事では、複数のスキル…

20代でスキルを身につけ、理想の働き方を叶えよう!

20代は徐々に仕事にも慣れ、今後の働き方や生き方を見つめ直す機会が増える時期でもありますよね。その中でふと、「このままでいいのだろうか」と漠然としたモヤモヤを感じる人もいるのではないでしょうか。

その気持ちは、それだけ真剣に自分の人生と向き合っている証拠です。裏を返せば、仕事もプライベートも含め、よりよいものにしたいという気持ちの表れなのではないでしょうか。

20代のうちに選択肢を広げておくことで、これからも続く人生をより充実したものにできるかもしれません。

全40以上の職種スキルが学べるSHElikesでは、自分に合った働き方を叶えるべく勉強している仲間がたくさんいます。中には未経験の状態から転職を叶えた人、フルリモートで働く人など、さまざまな選択をした人がいます。

現在の行動が、数年後・数十年後に「あのときやっていてよかった」と未来の自分から感謝されるものとなるはずです。これからのための一歩を、今日から踏み出してみませんか?

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※出典
* 厚生労働省の「一般職業紹介状況(令和5年9月分)について」内「参考統計表7-1」より

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。