初心者におすすめのWebライターの始め方!収入アップのポイントも紹介

初心者におすすめのWebライターの始め方!収入アップのポイントも紹介
ABOUT ME
ライター KeitoKurisu
埼玉県の美容学校を卒業後、銀座の美容室での経験を経て、雑誌・広告業界のヘアメイクとして活動。その後、SEOメディア事業や映像制作会社を立ち上げ、脚本とディレクター業務を行う。現在は、アート作品の個展を行いながら、フリーライターとして活動中。
エディター Kakuhata Kyosuke
同志社大学 生命医科学部医情報学科卒。在学中、基礎科学や生体情報の取得・制御、プログラミングについて学ぶ。大学院進学後Pythonデータ解析や生体化学を学んだあとライター業を開始。現在はフリーランスとして活動し、キャリア領域のメディアを中心にSEO記事を編集・執筆している。

「Webライター」は手軽に始められる副業として、多くの方に人気の仕事です。文章を書くことが好きな方には、「自分でもWebライターってできるかな?」と気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

Webライターの副業を始めるとフリーランスとして独立できるチャンスも存在します。しかし始め方を間違えると成果が出るまで時間がかかるので、正しいステップは理解しておきましょう。

今回は初心者からWebライターを始める方法や仕事内容、必要なスキルなどについて解説します。Webライターの仕事に興味のある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

Webライターの仕事内容を理解しておこう

Webライターに興味のある方は、まず仕事内容を理解しておきましょう。その人のスキルや受注する案件によっても異なりますが、一般的には下記の通りです。

  • SEOコンテンツの執筆
  • Web書籍の編集・執筆代行
  • 広告コピーの作成
  • SNSの投稿作成

順番に解説します。

SEOコンテンツの執筆

SEOとは簡単にお伝えすると、Googleやbingなどの検索エンジンにおいて執筆した記事の上位表示を狙うコンテンツを意味します。作成したコンテンツを検索結果の1ページ上位10位に表示されると多くのアクセスが期待でき、企業や事業主が力を入れている分野の一つです。

広告的な要素よりも読者のためになる記事が求められる傾向にあるため、論理的な文章や徹底した情報収集などのスキルが求められます。またこれからは、検索結果の画面に表示されるAIの回答(SGE)に対する対策も必要と考えられるでしょう。

Web書籍の編集・執筆代行

KindleなどのWeb書籍の編集もWebライターが行うことがあります。書き上がった原稿の内容を確認したり、テーマに合わせた執筆代行を行ったりすることが一般的です。依頼主によって異なりますが、Web書籍の「編集者」として自分の名前が記載される可能性もあるでしょう。

案件によってはエモーショナルなライティングを求められ、文章を書くことが好きな方にはやりがいのある職種といえます。Webライティングだけではなく編集力が求められるため、文章表現に興味のある方は勉強してみてください。

広告コピーの作成

広告コピーとは、CMやチラシなどのキャッチコピーや、LP(ランディングページ)・ECサイトなどのボディコピーなどのことです。マス広告などのコピーを執筆するには、コピーライターとしての実績が必要になります。

しかしWeb広告などのコピーライティングであれば、クラウドソーシングで受注できる可能性があるでしょう。また企業のキャッチコピーなどはコンペ形式で募集されていることもあり、予想よりも早くデビューできるかもしれません。広告業界で活躍したい方は、コピーライティングを勉強してみるとよいでしょう。

ただし依頼主や業界によっては、コピーライターとWebライターの認識が異なる傾向にあります。したがって広告業界のライターになりたい方は、コピーライターについても理解しておくことをおすすめします。

こちらもおすすめ
コピーライターの年収や仕事内容は?必要なスキルも紹介
コピーライターの年収や仕事内容は?必要なスキルも紹介「コピーライターの年収はどれくらいなんだろう?」「コピーライターは具体的にどんな仕事をするんだろう?」 このような悩みを抱える方もい…

SNS投稿作成

近年では、Instagramのフィード投稿やX(旧:Twitter)のポスト作成などの仕事が増えつつあります。Webライターはライティングのプロであり、読者に刺さる文章が求められます。マーケティングに精通しているWebライターには「SNS運用代行」として活動している方もおり、より多くの収入を得ている方も少なくありません。

SNSの需要は年々普及している傾向にあるので、InstagramやTikTokなどの運用が得意な方は、SNS領域に特化したライターを目指すと良いでしょう。

また下記の記事では、近年注目されている「インスタ運用代行」について解説しています。Instagramを使った副業に興味のある方は、ぜひこちらも参考にしてください。

こちらもおすすめ
インスタ運用代行の副業は未経験でもできる?仕事内容や個人向けの始め方も解説
インスタ運用代行の副業は未経験でもできる?仕事内容や個人向けの始め方も解説「インスタ運用代行の副業を始めたい」「未経験でもインスタ運用代行はできる?」 インスタ運用代行は、未経験から始められる副業として注目…

Webライターに求められるスキル

ここからは、Webライターに求められるスキルを見ていきましょう。案件などによって異なりますが、Webライターには下記のスキルが求められることが一般的です。

文章力

Webライターは文章コンテンツを作成する仕事のため、読者にとってわかりやすい記事を執筆する必要があります。そのため最低限の文章力は必要不可欠といえるでしょう。「自分に文章力はないから無理かも…」と考える方もいるかもしれませんが、新聞や論文などの難しいライティングスキルは求められません。

最低限の勉強は必要ですが、正しく勉強すればWebライターに必要な文章力は身につけられるでしょう。また文章力はWebライターの仕事だけではなくビジネスやSNS発信などでも活躍するスキルなので、実践的なノウハウを学んで損はありません。

SEO

SEO(Search Engine Optimization)とは「検索エンジン最適化」を意味しており、検索画面にコンテンツを上位表示させる施策を指します。例えば検索結果画面の最初に自社コンテンツが表示された場合、クリック率が高くなるため多くのユーザーアクセスが期待できます。

商品やサービスの認知拡大をするため、検索エンジンで上位表示を目指す企業・事業者は少なくありません。したがってWebライターには、検索画面で上位表示するための「SEOライティング」のスキルが求められるのです。

あわせて読みたい
SEOライティングにおすすめの資格7選!難易度や取得費用、試験日程まで
SEOライティングにおすすめの資格7選!難易度や取得費用、試験日程までWebサイトを検索上位に表示させるための施策であるSEO。SEOの知識があるWebライターは重宝される傾向にあるため、SEOライティ…

取材力

インタビュー記事や商品紹介記事などを作成する場合、取材が必要になることがあります。例えば企業のサービス紹介を行う際は開発者の努力や想いなどをヒアリングして、読者にわかりやすく届けることが大切です。また広告系のライティングを行う場合は消費者を取材して、紹介する商品やサービスのイメージを伝える必要があるでしょう。

取材をすることでその人や商品・サービスの新たな魅力が見つかることが多々あります。人を動かす文章を書けるライターになりたい方は、取材力も勉強しておきましょう。

リサーチ能力

リサーチ能力はWebライターだけにかかわらず、情報発信をする方にとって重要なスキルと考えられます。なぜなら多くのユーザーが情報を自由に発信できることもあり、事実と異なるコンテンツが増えているからです。

例えばGoogleで検索をすればさまざまな情報を入手できますが、情報ソースや執筆者が不明確な場合は内容に誤りがあるかもしれません。虚無の記事を納品するとライターの信頼が下がるだけではく、依頼主の評価を下げる結果になる可能性もあるでしょう。Webライターで活躍した方は、正確な情報を見つけるスキルを学ぶことをおすすめします。

WordPress

WordPressとは、ブログやホームページなどを作成できる無料のCMSのことです。CMSとは簡単にいうとWebサイトを作るシステムと理解して問題ありません。WSTechsの「Distribution of content management systems among websites that use Japanese」によると、日本で使用されるCMSの83.7%*1はWordPressが使用されていることがわかります。

Webライターの記事を書いて納品することが基本的な仕事です。しかしWordPressの使い方を理解していると、「記事入稿作業」の仕事も受注できるかもしれません。

またWordPressの基本的な使い方を理解しているだけで文字単価が高くなる可能性もあるので、WordPressを使ってブログなどを立ち上げ、実践的な使い方を勉強してみてください。

初心者におすすめのWebライターの始め方5ステップ

それではWebライターにおすすめのWebライターの始め方を紹介します。人によって適切なステップは異なりますが、初心者の方は下記を意識すると良いでしょう。

  1. 必要な機材を用意する
  2. スキルを身につける
  3. ポートフォリオを作成する
  4. クラウドソーシングで案件を受注する
  5. 外部営業を行う

それぞれ順に解説します。

1.必要な機材を用意する

人によって必要な機材は異なりますが、下記の機材を用意すると効率的に作業ができると考えられます。

機材使用用途
パソコン文章を執筆するためのパソコン
モニターパソコン画面の拡大
ポケットWi-Fi移動中などの仕事に活用

WebライターはPC一つでできる仕事ですが、作業を効率化するために上記の機材を活用する方は多く見られます。またWebライターはライティングの仕事が基本なので、スペックの高いゲーミングPCなどは必要ありません。ただし低スペックのパソコンでは動作がカクカクしたりする可能性があるので、最低限でも下記程度のスペックのパソコンは用意しておきましょう。

名称スペック
CPUCore i 5以上
メモリ8GB以上
ストレージ16GB以上

パソコンやモニターを低価格で購入する際は、「メルカリ」や「ラクマ」などを活用するとよいでしょう。

2.スキルを身につける

必要な機材を揃えたら、Webライターに必要なスキルを身につけましょう。勉強のやり方は人によって異なりますが、一般的には下記の方法が多く見られます。

  • 本や動画で学習する
  • スクールで勉強する

文章の書き方に関する書籍は多数出版されています。YouTubeなどには無料で視聴できる有益なコンテンツが多いため、独学でもスキルを身につけることは可能と考えられます。

一方でスクールでの学習は現役のライターから実戦的なスキルを学べるので、短期間での成長が期待できるでしょう。学習方法については向き不向きがあるためさまざまな勉強方法を実践して、自分に合った方法を見つけてみましょう。

3.ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは簡単にいうと、あなたのスキルや実績を証明するものです。自身でWebサイトを立ち上げて作品を掲載することが一般的であり、仕事を受注する際に発注者に共有します。Webライターの場合、WordPressで作成したブログをポートフォリオにする方が多く見られます。

WordPressが使えることも証明できるうえ、自身の文章力も評価してくれるでしょう。したがってこれからWebライターを目指す方には、WordPressで個人ブログを作ることをおすすめします。

こちらもおすすめ
ポートフォリオとは?分野別の意味や作り方をわかりやすく解説
ポートフォリオとは?分野別の意味や作り方をわかりやすく解説「ポートフォリオ」という言葉はさまざまな場面で耳にすることがあるかもしれませんが、「そもそもポートフォリオって何?」という方や、「聞…

4.クラウドソーシングで案件を受注する

ポートフォリオまで作成できたら、クラウドソーシングで案件を受注してみましょう。クラウドソーシングとは案件を発注したい人・受注したい人をつなげるサービスのことであり、初心者でも仕事を受注できることが特徴です。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングには未経験でも応募できる案件が多数公開されているので、自分が対応できそうな仕事に挑戦してみましょう。

こちらもおすすめ
クラウドソーシングとは?メリット・デメリットも簡単にわかりやすく解説
クラウドソーシングとは?メリット・デメリットも簡単にわかりやすく解説クラウドソーシングとはインターネット上で仕事を受発注できる業務形態のことで、スキルを活かして副業を始めたい方を中心に利用者が増えつつ…

5.外部営業を行う

クラウドソーシングで実績を作ったら、企業と直接契約できるサービスも利用してみましょう。有名なサービスでは、「Wantedly」や「ミライトマッチ」などが挙げられます。このようなサービスを活用すると、より高単価の案件を受注できる可能性があります。企業と直接やり取りできるため、仲介手数料なども発生しません。クラウドソーシングでWebライターとしての実績を作ったら、個人での営業にも挑戦してみましょう。

収入の高いWebライターになるポイント

ここからは、Webライターで収入アップを図るポイントを紹介します。具体的には下記の通りです。

  • 提案文・営業文を工夫する
  • ブログでSEO上位をとる
  • 単価の高いジャンルに特化する
  • 記名記事になる案件に応募する
  • 実戦的なスキルを身につける

順番に見ていきましょう。

提案文・営業文を工夫する

クラウドソーシングや企業への直接営業などでは、発注者に提案文や営業文を送信します。相手に興味をもってもらう必要があるので、文章を工夫することが大切です。例えば依頼主のホームページやSNSなどをチェックすると、相手が何に困っているかわかるかもしれません。

企業や事業者には営業メールが頻繁に届くことがあり、ありきたりな文章では興味を引けない可能性があります。したがって仕事を受注するためのメッセージは丁寧に作成してください。

ブログでSEO上位をとる

Webライターが受注する案件には、SEO記事の執筆が多く見られます。そのためSEOで結果を出している方は仕事を受注できる可能性が高くなるでしょう。また個人のブログが検索上位に表示されると、記事を見てくれたユーザーから執筆依頼が来ることもしばしば見られます。

SEOの仕組みを理解できると自身のビジネスにも役立つので、ブログを運営している方はぜひSEOに取り組んでみてください。

単価の高いジャンルに特化する

案件のジャンルによって、仕事の単価は大きく異なります。例えば不動産関連や金融ジャンルなどの案件は文字単価が比較的高い傾向にあります。実績のあるジャンルの案件を受注できると記事の信頼性が高くなり、Webライターとしても活躍できるでしょう。

専門性の高いWebライターになるには、文章の書き方だけではなく業界の詳細情報も勉強する必要があります。Webライターとして収入を安定させたい方は、専門性のあるWebライターを目指してみましょう。

記名記事になる案件に応募する

クラウドソーシングなどでは、未経験でも応募できる案件が多数公開されています。しかし発注者によっては執筆者を公開していない可能性があるのです。そのような場合、受注した案件を実績として利用できないかもしれません。したがって駆け出しの間は、記名記事になる案件に積極的に応募することをおすすめします。

実践的なスキルを身につける

Webライターとして活躍するには、SEOやライティングなどさまざまなスキルが必要です。即戦力になる技術を学習すれば、未経験からでも実力を発揮できる案件を受注できるでしょう。

実践的なスキルを身につけたい方には、スクールでの学習をおすすめします。独学でも勉強はできますがフィードバックが少ないため、自分のスキルが通用するか判断するのが難しいかもしれません。

しかしスクールの講師に文章の改善点を指摘してもらえると、読者の心を動かす文章を執筆できるようになるでしょう。短期間で活躍できるWebライターになりたい方は、スクールの受講を検討してみてください。

下記の記事では、スクールを受講して接客業から売れっ子ライターにまで成長した方のインタビューを紹介しています。未経験からライターを目指す方はこちらも参考にしてみましょう。

こちらもおすすめ
接客業から売れっ子ライターに!行動を積み重ねた私が、ゼロからライターのキャリアを築くまで40の職種スキルが学び放題の女性向けキャリアスクール、SHElikes。今回紹介するのは、接客のお仕事から未経験でフリーライターに転…

Webライターを始めるメリット

さまざまな副業がある中で、「どうしてWebライターが人気なんだろう?」と考える方もいらっしゃるでしょう。人によっても異なりますが、Webライターには下記のメリットが存在します。

  • 初期コストが安い
  • 好きな場所で仕事ができるう
  • 努力次第で収入が増える

順番に解説します。

初期コストが安い

Webライターの副業はさまざまな仕事の中でも初期コストが比較的安いと考えられます。例えば動画編集やWebデザインの副業を始める場合、高性能なパソコンや動画編集ソフトが必要であり、10万円以上の初期費用が必要になるでしょう。

しかしWebライターは最低限のスペックを搭載したパソコンがあれば仕事ができるため、金銭的に余裕のない方でも副業を始めることが可能です。

好きな場所で仕事ができる

フリーランスとしてWebライターをしている方には、旅行をしながら記事を書いたり、好きな場所に住みながら仕事を受注したりしているライターも多くみられます。また旅の経験を活かして「トラベルライター」として活躍する方も少なくありません。人生の自由度を高められることは、Webライターの魅力といえるでしょう。

努力次第で収入が増える

記事の執筆速度が早くなったり、実績が充実したりするとより高単価の案件を受注することが可能です。Webライターとして高いスキルを有する方は、編集者・ディレクターとしても活躍できるでしょう。広告業界で活躍するライターになれば、インセンティブ報酬も期待できます。収入を得る方法にもさまざまな種類があるので、Webライターは自分に合った仕事のスタイルを実現できる可能性があるのです。

Webライターを始めるデメリット

Webライターは魅力的な仕事ですが、下記のデメリットも存在します。

  • 競合が多い
  • 最初は単価が低い傾向にある
  • クラウドソーシング以外からの受注が難しい

順番に見ていきましょう。

競合が多い

Webライターは手軽に始められる一方で、競合が多い傾向にあります。そのため案件の応募数が多くなり、仕事を取るまで時間がかかるかもしれません。そのためWebライターとして活躍するには、競合よりも高いスキルを勉強する必要があるでしょう。

逆にいうと実践的なスキルを身につけておくと、他のWebライターよりも優位になる可能性があります。Webライターとして長く活動するためにも、競合に負けないスキルを身につけておきましょう。

最初は単価が低い傾向にある

クラウドソーシングを覗いてみると初心者でも受注できる案件は、平均文字単価が0.5円前後の傾向にあります。しかしWebライターとして実績を積み重ねると、文字単価2円以上の案件も受注できるでしょう。最初は実績作りとして単価の低い案件を受注する必要があるかもしれませんが、まずは小さな仕事に挑戦してください。

クラウドソーシング以外からの受注が難しい

人によっても異なりますが、クラウドソーシング以外で仕事を受注することが難しい可能性があります。なぜなら企業や事業者から直接仕事を受注するには、営業スキルが必要になるからです。

一方で営業をしっかり勉強した方であれば、長く付き合えるパートナーと出会える可能性があります。そのためWebライターで活躍したい方は、営業スキルも勉強してみてください。

Webライターを始める際の注意点

ここでは、Webライターを始める際の注意点を紹介します。

  • 納期は必ず守る
  • 情報収集をしっかりと行う

Webライターに挑戦する方は、上記のポイントを意識しておきましょう。

納期は必ず守る

Webライターに限らず自分が受注した案件は、納期までに必ず納品するようにしましょう。納期に遅れると依頼主に迷惑をかける可能性もあるので、期日は必ず守ることが大切です。またどうしても納期に遅れる場合は、発注者に相談してください。

情報収集をしっかりと行う

記事を執筆する際は、正しい情報を確認してから文章を書きましょう。間違った情報を書いた記事を納品すると、記事を公開したメディアの信頼を下げる可能性があります。近年ではAIを使ったリサーチが流行していますが、情報の正確性はまだまだ不十分です。記事の信頼性は発注者にとっても非常に大切なので、情報収集はしっかりと行いましょう。

Webライターの始め方に関するよくある質問

最後に、Webライターの始め方に関するよくある質問を紹介します。

Webライターに向いてる人の特徴は?

人によっても異なりますが、文章の執筆がストレスにならない方はWebライターに向いていると考えられます。また情報収集が得意な方もWebライターとして活躍できる可能性があるでしょう。

あわせて読みたい
Webライターに向いている人の特徴とは?必要なスキルや仕事内容も紹介!
Webライターに向いている人の特徴とは?必要なスキルや仕事内容も紹介!「好きな場所で好きなときに働きたい」「家事をしながら在宅で仕事がしたい」「本業以外にも収入が欲しい」 そんな思いから、ライターになり…

スマホでも記事は書ける?

スマホでも記事の執筆はできますが、パソコンの方が執筆速度は早くなります。しかし文章の修正や隙間時間での執筆には利用できるので、スマホも活用するべきといえるでしょう。

始め方を理解してWebライターに挑戦してみよう!

Webライターは自由なライフスタイルが実現できる職種であり、努力次第で高い収入を得られるチャンスがある仕事です。Webライターは手軽に始められる仕事なので、文章の執筆が得意な方は挑戦してみてください。

女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)では、正しい文章の書き方やSEOライティングなどスキルを学習できるオンラインスクールです。人の心を動かせるようなコピーライティングも勉強できるため、取材やエッセイなどのライターにも挑戦できるでしょう。活躍できるWebライターになりたい方は、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

参考
*1:「WSTechs Distribution of content management systems among websites that use Japanese」より

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。