私の物語が動き出す

文章を書く仕事9選!未経験から始める方法も解説

文章を書く仕事9選!未経験から始める方法も解説
ABOUT ME
ライター KeitoKurisu
埼玉県の美容学校を卒業後、銀座の美容室での経験を経て、雑誌・広告業界のヘアメイクとして活動。その後、SEOメディア事業や映像制作会社を立ち上げ、脚本とディレクター業務を行う。現在は、アート作品の個展を行いながら、フリーライターとして活動中。
エディター Kakuhata Kyosuke
同志社大学 生命医科学部医情報学科卒。在学中、基礎科学や生体情報の取得・制御、プログラミングについて学ぶ。大学院進学後Pythonデータ解析や生体化学を学んだあとライター業を開始。現在はフリーランスとして活動し、キャリア領域のメディアを中心にSEO記事を編集・執筆している。

文章の執筆が好きな人には、「将来は文章を書く仕事をしてみたい!」と考える方も多いのではないでしょうか。

文章を書く仕事は多数存在します。未経験の方は仕事内容を理解して、自分の進みたい方向性を決めることが大切です。今回はおすすめの文章を書く仕事や具体的な始め方などについて解説します。文筆業に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

未経験におすすめの文章を書く仕事9選

それではおすすめの文章を書く仕事を9つ紹介します。

  • 編集者
  • 記者
  • 翻訳家
  • 構成作家
  • 小説家・作家
  • ブロガー
  • シナリオライター
  • コピーライター
  • Webライター

具体的な仕事内容などもお伝えするので、自分に合った職業を見つけてください。それぞれ順に解説します。

編集者

編集者は雑誌や書籍、Webメディアなどに掲載する文章の編集をする仕事です。誤字脱字のチェックだけではなく、校正・校閲や文章の雰囲気などを整える作業も行います。ライターやデザイナーなど、プロジェクトに携わるクリエイターに指示を出すことも特徴の一つです。

雑誌などの編集者は撮影現場に足を運び、現場でディレクションを行うことも少なくありません。編集者を特集する企画なども見られるため、自分の文章力を世に出すチャンスもあるでしょう。

記者

記者は雑誌や新聞、週刊誌などの文章を執筆する仕事です。取材などの情報収集も積極的に行うことから「足を使う物書き」ともいわれています。執筆するメディアによっては厳密に正しい日本語が求められるため、文章の書き方に精通している必要があるでしょう。

正しい情報を発信することが義務とされているため、信ぴょう性の高い情報を集めることも重要です。近年ではフリーランスとして活動しながら自分でメディアを運営する記者も増えている傾向にあります。

翻訳家

翻訳家は海外の書籍や論文、エンタメ作品の吹き替えなどを行う仕事です。海外の言語を直訳すると支離滅裂な文章になることが多いため、翻訳家には高い意訳能力が求められます。したがって語学に精通しているだけではなく、書き手の意図を汲み取り表現するスキルが大切になるでしょう。

またAIの普及により一定の水準の翻訳はメディアが行うケースが増えつつあります。しかしAIでは魅力的な文章表現にはまだ対応できないと考えられます。そのため翻訳家には表現力も重要になるでしょう。

構成作家

構成作家はテレビ番組やラジオなどの企画・構成を考える仕事です。構成作家が台本を作ることも多く、文章力だけではなくセリフ作りなども必要になるでしょう。番組の進行も提案するため、構成作家には文章力と構成力が求められます。

近年ではYouTubeの動画コンテンツに特化した構成作家も増えつつあります。そのため構成作家に挑戦する方は、数年前よりも増えていると考えられるでしょう。

小説家・作家

小説家・作家は文章作品を作る仕事です。小説や絵本などの作品だけで生活することは難しいといわれる傾向にあります。しかし売れっ子作家になれば講演の依頼や原作の映像化など、さまざまなメディアに露出する機会が増えるでしょう。

また個人で電子書籍を出版したり小説家向けWebサービスなどで作品を公開したりしてデビューする方も少なくありません。SNSからの出版依頼も見られるため、小説家や作家になれるチャンスは増えているといえます。

ブロガー

ブロガーは自分でWebサイトを立ち上げて情報発信をする「メディア運営者」を指すことが一般的です。アフィリエイトやGoogle AdSenseなどの広告収入を得られる仕事であり、人によっては高い収益を得ている傾向にあります。

個人でも手軽に始められることから、ブログ運営を始める方は少なくありません。ただしブログで収入を得るにはSEOや広告運用などのマーケティング関連のスキルが必要です。したがってブログを始める方には、マーケティングの学習をおすすめします。

シナリオライター

シナリオライターはゲームやアニメ、映画などの物語を作る仕事です。文章表現だけではなくシーンの展開やキャラクター設計、作品の世界観の構想などを担当します。イラストレーターやCGデザイナーなどのクリエイターとチームで活動することが多く、複数人でプロジェクトを進めることが一般的です。

近年ではYouTubeのシナリオライターも副業で人気があります。論理的な文章よりも感情を動かすライティングが求められるため、シナリオライティングが好きな方は挑戦してみてください。

コピーライター

コピーライターは商品やサービスなどのセールスに特化したライターを指します。キャッチコピーやLPの執筆など、広告関連の仕事が多い傾向にあります。文章の執筆だけではなく、商品やサービスを理解するために取材やリサーチなども仕事の一つです

認知やセールスを目的にしたライターなので、消費行動や購買心理などを理解できるマーケティングスキルも必要になるでしょう。ユーザーの心に刺さる文章が求められるので、セールスライティングやシナリオライティングなどの知見も必要と考えられます。

Webライター

Webライターは、Webメディア全般の記事を書く仕事です。未経験でも始めやすいことから、副業として挑戦する方が多く見られます。SEOなどの検索順位を意識した記事の執筆が多く、リサーチや一定のマーケティングスキルが必要になるかもしれません。

しかし執筆ジャンルはさまざまであり、自分の好きなジャンルに特化したライターになることが可能です。文章を書く仕事を始めてみたい方は、Webライターから挑戦してみるとよいでしょう。

関連記事:Webライターになりたい人必見 初心者におすすめのライター講座5選

文章を書く仕事に向いている人の特徴

ここからは、文章を書く仕事に向いている人の特徴を紹介します。人によって具体的な向き不向きは異なりますが、一般的には下記の通りです。

  • 文章の読み書きがストレスにならない
  • 論理的な思考ができる
  • リサーチが得意

順番に見ていきましょう。

文章の読み書きがストレスにならない

文章の読み書きがストレスにならない方は、文章を書く仕事に向いている可能性があります。文筆業は文章を書くだけではなく、情報収集やスキルアップを目的として本や記事、論文を読むことがあります。したがって読み書きがストレスにならない方は、文章を書く仕事に向いていると考えられるでしょう。

ただし「文章の読み書きが好き」という方には、仕事として文章を執筆することにストレスを感じる可能性があります。その場合は自分の好きなジャンルの仕事を受注してみましょう。

論理的な思考ができる

文章を書く仕事の多くは情報発信になることが一般的です。正しい情報を伝えるためにも、論理的な思考が必要になるでしょう。物事を論理的に考えられない場合、文章の辻褄が合わず読者にとって難しい内容になるかもしれません。

読者が理解しやすい文章を書ける場合、記事や作品を最後まで読んでくれる可能性が高くなります。文章を書く仕事をする場合は、論理的な構成を意識しながら執筆しましょう。

リサーチが得意

文章を書く仕事では、職種を問わずリサーチ能力が求められます。Webライターやコピーライターの場合、信ぴょう性の高い情報が必要です。また小説家やシナリオライターなどのエンタメ系の仕事でも、事実に基づいた作品を作ることは少なくありません。

仕事によっては取材も積極的に行う必要があります。そのため情報収集が得意な方は、文章を書く仕事に向いていると考えられます。

未経験から文章を書く仕事を始める方法

「未経験から文章を書く仕事ってどうやって始めるの?」と考える方も多いかもしれません。ここでは具体的な始め方を見ていきましょう。

  • 企業に就職・転職する
  • ブログを執筆する
  • 副業から始める
  • フリーランスとして活動する

上記の項目から自分に合ったものを選んでみてください。

企業に就職・転職する

出版社やメディアを運営している企業に就職・転職すると、文章に関わる仕事に携われるでしょう。雑誌などを出版している企業に就職すれば、編集者やデスクとして活躍できるチャンスがあります。

大手出版社は新卒・経験者のみを採用する傾向にありますが、未経験者を積極的に採用している企業も少なくありません。雑誌や新聞、大手メディアの記事を書いてみたい方は、企業への就職・転職を検討してみましょう。

ブログを執筆する

好きな文章を書きたい方には、ブログをおすすめします。ジャンルによっても異なりますが、文章表現や執筆内容は個人の自由です。自分だけのWebサイトを作れることも魅力といえます。広告収入を得られるチャンスもあるので、マーケティングが得意な方は挑戦してみるとよいでしょう

副業から始める

自分の経験を生かすなら、副業から始めてみるとよいでしょう。例えばWebライターであれば、あなたの好きなジャンルの文章を書く仕事につけるかもしれません。

クラウドソーシングには未経験でも受注できる案件が募集されているので、短期間で仕事を始めることも可能です。実体験や学んだ知識を使って文章を書きたい方には、副業のWebライターに挑戦してみましょう。

関連記事:Webライターの副業を未経験から始めるには?記事ライティングの仕事で稼ぐコツ

フリーランスとして活動する

記者やライター、編集者として実績のある方であれば、フリーランスとして活躍することも期待できます。近年では個人メディアも注目されつつあるので、スキルに自信がある方は挑戦してみるとよいでしょう。

Webライターでフリーランスになる方も多く見られます。したがって文章を書く仕事で結果を出したい方は、副業からフリーランスを目指してみましょう。

関連記事:フリーランスになるには?必要な手続きと知識について解説

未経験の人が文章を書く仕事を始めるメリット

ここからは未経験の人が文章を書く仕事を始めるメリットを見ていきましょう。文筆業には下記の魅力が存在します。

  • 多くのビジネスに役立つスキルを学べる
  • 好きな働き方を実現できる可能性がある
  • 独立できるチャンスがある

順番に解説します。

多くのビジネスに役立つスキルを学べる

文章を書く仕事をしていると、多くの情報をインプットできます。自分が携わったことのないジャンルを取り扱うこともあり、学んだ知識を多方面で活用できるでしょう。

論理的な文章を書けるようになると、Webサイトのコラムやキャッチコピーの提案など、文章に関わるさまざまな仕事に挑戦することも可能です。自分でメディアを立ち上げて収入を得ている方も少なくありません。文章を書く仕事は自分でビジネスをしたい方にはおすすめの仕事と考えられます。

好きな働き方を実現できる可能性がある

文章の執筆は基本的にパソコンで行います。したがって仕事をする環境は自分で選べるでしょう。文章を書く仕事をしているには、隙間時間に執筆したり、旅行をしながら仕事をする方も少なくありません。自由なライフスタイルを実現したい方は、文章を書く仕事にチャレンジしてみましょう。

独立できるチャンスがある

文章を書く仕事の多くは、起業やフリーランスなど独立できるチャンスがあります。Webライターをしている人には個人で案件を受注してフリーランスとして活躍したり、Webメディアを立ち上げて収入を得ている方も少なくありません。「将来は独立してみたい!」と考える方は副業から始めて実績を作り、独立を目指してみましょう。

文章を書く仕事に未経験の人が挑戦するデメリット

文章を書く仕事にはいくつかのデメリットもあります。

  • 文章の苦戦する可能性がある
  • 好きなことは執筆できないかもしれない

上記のデメリットを理解したうえで、自分に合った仕事を選びましょう。

文章の勉強に苦戦する可能性がある

正しい日本語は非常に難しく、プロのライターでも理解が異なることは少なくありません。依頼主によって求められる文体は違うため、文章は正解のないジャンルともいえるでしょう。

論理的な文章や基本的な書き方には型が存在します。しかし型に当てはめても魅力的な文章を書けるとは限りません。したがってライティングを勉強する際は、実践経験を積んだプロから学ぶことをおすすめします。

好きなことは執筆できないかもしれない

文章を書く仕事の多くは、自分の好きなことを執筆できない傾向にあります。理由は読者のために文章を書くからです。小説などのエンタメ作品も同様と考えられます。そのため「自分の書きたい文章だけを書きたい!」という方には不向きかもしれません。

しかし自分の好きなジャンルや世界観に特化したライターや作家になることは十分に可能です。文章を書く仕事をしたい方は、自己表現だけではなく、読者に届けることが大切だと理解しておきましょう。

未経験から文章を書く仕事を始めるならSHElikes(シーライクス)

SHElikes(シーライクス)は女性向けのキャリアスクールであり、Webライティングやコピーライティングなどの実践的なスキルを学習できます。マーケティングやデザインなどのノウハウを学べるコースも受講できるので、独立を考えている方におすすめのスクールといえるでしょう。

下記の記事ではSHElikesを受講して、未経験からライター兼小説家として活躍している方のインタビューを紹介しています。「文章を書く仕事をしてみたい!」と考える方は、ぜひ参考にしてください。

受講者事例:理系専門職についた私が、ライター兼小説家へ異色のキャリアチェンジができた理由

スキルを身につけて未経験から文章を書く仕事に挑戦しよう!

文章を書く仕事には多くの種類があります。職業によって仕事内容は異なるので、自分の進みたい方向を明確にして文章を書く仕事にチャレンジしてみましょう。

SHElikesではライティングの基礎から実践的なスキルだけではなく、周辺スキルの学習にも取り組めます。受講者同士がつながれる環境も整っているので、同じ目標をもつ仲間とも出会えるでしょう。文章を書く仕事に興味のある方は、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。