一歩踏み出して人生を変える!新しい自分に出会うための5つの方法

一歩踏み出して人生を変える!新しい自分に出会うための5つの方法
ABOUT ME
ライター SHElikesコンペ編集部
SHEライターコンペの採用作品をご紹介するアカウントです。 SHElikesでは受講生が参加可能なSHEコンペが定期開催されています。 Webデザイン・ライティング・マーケティング等、学んだスキルを活かして案件獲得を目指していただけます。

春はこれまでの環境が変わったり、新しい出会いが増えたりする季節。

自らのマインドセットを見直してみたり、新しいことにチャレンジしたりするのにぴったりのタイミングです。

この記事では、勇気をもって一歩を踏み出し、新しい自分に出会うための5つの方法を私の体験をもとにご紹介します。

「変わりたいけど、一歩を踏み出すのが怖い」「勇気がなくて一歩を踏み出せない」と思っている方も、この記事を読めばきっと前に進む勇気が湧いてくるはずです。

「まずはやってみる」を合言葉にする

「まずはやってみる」を合言葉にする

1つ目の方法は「まずはやってみる」を合言葉にする、というものです。

「一歩踏み出してみたい」と思っても、不安や心配が勝ってしまってなかなか行動に移せない方もいるのではないでしょうか。

私は、学生時代は何事も恐れずにチャレンジできていましたが、社会人になってからは「時間がないから」「お金がないから」と言い訳を並べ、なかなか一歩を踏み出せずにいました。

しかし、それでは新しい自分に出会うことはできません。そこで私が意識したのが「まずはやってみる」という言葉です。やらない後悔より、やった後悔。やってみて自分に合わないと感じたなら、そこでストップしてもいいのです。

大人になり、いつのまにか「失敗」を恐れるようになっていた私。しかし、「時間は待ってくれないのだから、今やらないでいつやるんだ!」と自らを奮い立たせて一歩を踏み出しました。

自らの「仕事への取り組み方」を見直す 

自らの「仕事への取り組み方」を見直す 

2つ目の方法は自らの「仕事への取り組み方」を見直す、というものです。

社会人4年目の春、私にとって初めての後輩が入社しました。先輩にため口を使うなど、どこか失礼な態度をとる後輩ですが、どのような言い方で「注意」や「指導」をすればいいか全くわかりません。

「言い方を間違えたらどうしよう」「逆切れされたらどうしよう」と余計なことを考えてしまいましたが、後輩のためにも勇気を出して注意をしました。私にとってまさに一歩を踏み出した瞬間です。

後輩に指導するということは、先輩である自分はできていて当然のこと。自らもより一層気を付けるようになり、社内におけるコミュニケーションがさらに円滑にとれるようになりました。

このように、新しいなにかを始めなくとも、今の生活やマインドセットを見直すことで新しい自分に出会うことができます。「一歩を踏み出す」きっかけはそこら中にあふれているのです。

知らない街をひとりで旅してみる

知らない街をひとりで旅してみる

3つ目の方法は「知らない街をひとりで旅してみる」というもの。

「一歩踏み出すと言われても、具体的に何をしたらいいかわからない……」という方におすすめの方法です。遠方でなくても、日帰りでも大丈夫。綿密に計画を立てるもよし、あえてノープランで行くのもよし。旅の行く末はあなた次第です。

知らない街をひとりで歩くのは、なかなか勇気がいるもの。しかし、ひとりだからこそ出会える景色や人々がきっといるはずです。勇気を出して行動に移し、新たな発見を今後の人生に生かす。まさにこれこそが「一歩踏み出す」ことだと思うのです。

私も実際、ひとりで知らない街に出かけるのはとても緊張しました。しかし、旅をしながら自分の気持ちにじっくり向き合ったことで、「こんなに素敵な場所を知らない人がいるなんてもったいない!自らの手で魅力を広めたい!」と思い、それが「人生をかけてやりたいこと」なのだと気が付きました。

家族や友達との旅行もいいですが、ひとりで旅をしてみるとまた違った出会いや発見があります。

その発見が、これからさらに一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。

新しい習い事にチャレンジする

新しい習い事にチャレンジする

4つ目の方法は「新しい習い事にチャレンジする」というもの。

これまでご紹介した3つの方法とは違い、こちらは私が「これから」一歩踏み出したいことです。

習い事からは、学校や会社では得られない学びを得ることができます。子どもの頃も、ピアノやチアリーディングなどの習い事を通して「継続することの大変さと大切さ」や「協調性」、「時間を守ることの重要さ」を学びました。

大人になり日々の生活に追われる中、街中でふと目に飛び込んできた「ドラム教室」と「ドローンスクール」の看板。それを見て、純粋に「楽しそう!やってみたい!」と思ったのです。

このワクワクする気持ちを「ただ思っているだけ」で終わらせるのはもったいない。時間やお金を言い訳にすることなく、自分の興味や好きなことにまっすぐ向き合う。そう思えた時点で、一歩を踏み出す準備はできています。

あなたも、日々の生活の中で起こる「ワクワクした気持ち」を大切にしてみてくださいね。

新しい分野の勉強をする

新しい分野の勉強をする

5つ目の方法は「新しい分野の勉強をする」というものです。

仕事で使うスキルや資格の勉強もいいですが、一歩を踏み出すためにここではあえて「新しい」分野の勉強をおすすめします。新しいといっても、自分の興味関心の延長線上にあるものであれば、苦に感じることなく学習を進められるはず。

私は、かつてから興味があったライティングやWebデザインを学び、いずれは仕事にしたいとの思いから、オンラインスクール「SHElikes」に入会しました。これも、私が一歩踏み出した瞬間です。

「仕事で疲れているから勉強は難しい」「休日はしっかり休みたい」とお思いの方も、1日10分の勉強で大丈夫。新たな世界に触れ、未来への扉を開いてみませんか。

一歩踏み出して新しい自分になりたい方におすすめの「SHElikes」

「ライティングやデザインのスキルを身につけて、新しい自分に出会いたい」「仕事に慣れてきた今、一歩を踏み出して人生を変えたい」と思った私。

ひとり旅を通して気づいた「地元をはじめとした、各地域の魅力を自らの手で伝えたい」という夢を実現するために始めたのが「SHElikes」です。SHElikesは、Webデザインやライティングなど、PC1つで働けるスキルを幅広く学べる女性向けの定額オンラインスクール。

交流会を通して先輩から体験談やアドバイスを聞いたり、同時期に入会した方と一緒に学習を進めたりすることができるので、モチベーションを保ちながら学習を続けられます。

そして、SHElikesの大きな魅力の1つが「コーチング」。コーチとともに、1か月間の振り返りと次の1か月の目標設定を行い、自らの夢や目標に着実に近づけるようにする時間です。

このように、ひとりで黙々と学習を進めるのではなく、しっかりとサポートを受けられるため、たくさんの仲間とともに一歩を踏み出すことができます。

記事を書いたり、自分でデザインをしてみたり。みるみるうちにスキルが身に付き、「一歩踏み出してよかった!」ときっと思うことができます。

一歩を踏み出す勇気を持ち、新たな自分に出会おう!

「一歩踏み出す」と聞くと、なにか大がかりなことをやったり、新しいことを始めたりしなければいけないと思う方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

「この方法なら私も一歩踏み出せそう!」と思うものを見つけて少しずつ取り組むのがおすすめです。

一歩を踏み出す勇気を持てば、きっと新たな自分に出会うことができます。この記事が、あなたが一歩を踏み出すきっかけとなることを願っています。

************

本記事はSHElikesの受講生を対象とした「SHEライターコンペ」の採用作品です。(執筆者 しーちゃんさん)

SHElikesについて
https://cutt.ly/cwv7g0aJ

自分らしいキャリアのヒントに出会えるメディア、SHEsharesはこちらhttps://shares.shelikes.jp/

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。