マーケティングコンサルタントとは?仕事内容や年収・資格まで解説!

マーケティングコンサルタントとは?仕事内容や年収・資格まで解説!
ABOUT ME
ライター Matsuo
ライター|元プログラマー
エディター 古澤 椋子
鹿児島大学大学院水産学研究科修了。水産系社団法人にて、水産に関わる調査研究、行政との折衝などを経験したのち、水産系ベンチャーにて、広報を担当。2023年からフリーライターとして活動を始め、主にエンタメ系の記事を執筆。SHElikesでキャリア、マインド共に変化した経験から、SHEsharesのライターを務める。

マーケティングコンサルタントとは、企業に対してマーケティング戦略のアドバイスをする専門家です。マーケティング支援の需要の高まりとともに注目度も上昇しており、具体的な仕事内容や年収、転職方法について知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、マーケティングコンサルタントの仕事内容や平均年収、転職方法などを解説します。マーケティングコンサルタントに向いている人の特徴やおすすめの資格にも触れていますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

マーケティングコンサルタントとは?

マーケティングコンサルタントとは、「商品やサービスをどのようにして人々に知ってもらい、購入してもらえるようにするか」を考え、企業に助言をする専門家のことです。

具体的には、競合他社の動向や市場の流れをチェックし、最新の情報をもとにどんな広告を使うかや、どうやって商品を売り込むかなどの提案を行います。企業が市場で成功するための戦略をアップデートし、企業を成長させ市場での競争力維持を図ることを目的としています。

マーケティングコンサルタントの仕事内容

マーケティングコンサルタントの主な仕事内容は、下記の通りです。

市場調査とデータ分析

市場の動向や顧客のニーズを把握するために、さまざまなデータを収集して分析します。その内容をもとに市場での競争状況を認識し、戦略を考えるための土台作りをします。

戦略立案と提案

市場調査やデータ分析の結果をもとに、クライアント企業に対して戦略的なアドバイスを行います。具体的には、商品やサービスの売り出し方、ターゲット、価格設定、販売促進方法などが含まれます。

戦略の実行とプロジェクト管理

実際に立てた戦略の実行をサポートし、プロジェクトを管理します。具体的には、広告キャンペーンの立案と実施、デジタルマーケティングの戦略実行、クライアントとの意見の擦り合わせなどを行います。

成果の評価と改善

実行されたマーケティング戦略の成果を評価し、必要に応じて改善提案を行うのもマーケティングコンサルタントの仕事です。クライアント企業のマーケティングの効果を最大限に引き出し、売上や利益などの成果を継続的に伸ばしていきます。

マーケティングコンサルタントの種類

マーケティングコンサルタントには、主に下記の4種類があります。

マーケティング戦略コンサルタント

マーケティング戦略コンサルタントは、企業が市場で競争力を高めて利益を向上させるための計画を立てる専門家です。ユーザーのニーズや市場の流れを調査し、その情報をもとに企業に戦略を提案します。

デジタルマーケティングコンサルタント

デジタルマーケティングコンサルタントは、企業のオンライン広告やSNSを活用したマーケティングの専門家です。

インターネットやソーシャルメディアを使って企業の広告を打ち、オンラインで商品やサービスを売るための戦略を考えます。たとえばWebサイトの改善やSNSの活用のほか、Web分析やデータ解析を行いキャンペーンの効果を確認し戦略を改善するなど、継続して成果を上げるための工夫をします。

広告コンサルタント

広告コンサルタントは、企業が宣伝活動をうまく行うためのアドバイスをする専門家です。たとえばどんな広告を使うか、どうやって宣伝をするかなど、広告の成果を高めるためのアイデアや戦略を考え提案します。また、広告の効果を評価し、必要に応じて改善を提案する役割も担います。

集客コンサルタント

集客コンサルタントは、企業や個人が客を呼び込むための計画を立てる人です。たとえば、WebサイトやSNS、メールなどを活用して、客の興味関心を引く方法を考えます。また、イベントやキャンペーンなどの企画も行います。

あわせて読みたい
コンサルタントの種類は何がある?向いている人の特徴も解説!
コンサルタントの種類は何がある?向いている人の特徴も解説!コンサルティング業界への就職や転職を考えている方はいるでしょう。しかし、以下のように思い、行動に移せない方もいるのではないでしょうか…

マーケティングコンサルタントに向いている人の特徴

マーケティングコンサルタントに向いている人には、下記のような特徴が挙げられます。

論理的思考ができる

論理的思考ができる人は、物事を頭の中で整理して理路整然と考えることができます。そのため、データや情報を見て、そこから意味を読み取ったり、問題に対してロジカルに解決策を考えたりすることを得意とします。

マーケティングコンサルタントは市場や顧客のニーズを分析して、その情報をもとに戦略を立てるため論理的思考は欠かせない能力です。

コミュニケーション能力が高い

他人とのコミュニケーションがスムーズに行える人には、自分の考えや意見を明確に伝えられるだけでなく、相手の話をよく聞き、理解しようとする姿勢が備わっています。

マーケティングコンサルタントは、クライアントやチームメンバーと円滑なコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進める能力や、プレゼンテーションや報告書の作成など、情報をわかりやすく伝える能力が必要です。したがって、コミュニケーション能力が高い人は、マーケティングコンサルタントに向いていると言えます。

学習意欲が高い

マーケティングコンサルタントは、常に変化する市場や技術の動向に追いつくために、新しいマーケティング手法やツール、業界の動向などを積極的に学習し続ける必要があります。そのため、学ぶことへの興味や意欲が尽きない「学習意欲の高さ」は、マーケティングコンサルタントに欠かせない特徴です。

マーケティングコンサルタントの年収

日経転職版が2022年11月から2023年10月までの間に登録した新規会員のうち、大卒以上に絞って行った年収調査の結果、「戦略・経営コンサルタント」(平均年齢40.7)は20-50代でトップで、1193.5万円(男性1251.8万円、女性918.2万円)でした。*1 また、前年比で60万円上昇していることもわかっています。

マーケティングコンサルタントの年収は、経験や能力、勤務する会社などの条件によって異なります。ですが、経験を積んで昇進したり、大手企業や国際的な会社に勤めたりすると年収が上がる傾向があり、給与面を重視する方にとって魅力的な職業です。

未経験からマーケティングコンサルタントに転職する方法

未経験からマーケティングコンサルタントに転職する方法には、以下の2つがあります。

資格を取得する

未経験からマーケティングコンサルタントに転職する場合、マーケティング業界で認められた資格を取得することは有効です。学習する過程で知識やスキルを身につけることができますし、転職活動時にマーケティングの知識があることや意欲の高さを応募先企業にアピールできます。

あわせて読みたい
マーケティング資格おすすめ10選 - 国家資格や転職に役立つ資格も紹介
マーケティング資格おすすめ10選 – 国家資格や転職に役立つ資格も紹介Webマーケティングの需要拡大とともに注目されつつあるマーケティング資格。経営に関する幅広い知識を求められる国家資格から、マーケティ…

スクールでスキルを身につける

マーケティングには広告やデジタルマーケティングなど幅広い分野があり、必要な知識もさまざまです。そのため、未経験からマーケティングコンサルタントを目指す際には、スクールでスキルを身につけるのも手です。

スクールでは転職までの道筋を立てた上で、必要な知識やスキルを学ぶことができます。また、スクールによっては経験者からのアドバイスや業界の情報を得られることもあり、就職活動のサポートが得られることもメリットです。

マーケティングコンサルタントに役立つ資格

マーケティングコンサルタントに必須の資格はありません。ですが、資格を取得することでマーケティングの知識があることを証明することができます。

ここでは、マーケティングコンサルタントの実務や、未経験からの転職に役立つ資格を3つご紹介します。

中小企業診断士(国家資格)

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するためのアドバイスを行う専門家です。中小企業の現状を分析し、成長戦略を提案します。マーケティングもその一環であり、マーケティング戦略の立案や実行にも関わることがあります。

中小企業診断士の資格を取得するためには、中小企業診断士の第1次試験・第2次試験に合格することと、実務補修または実務従事が必要です。中小企業診断士は国家資格であり、取得することでマーケティングだけでなく、さまざまな職種で活躍することができます。

リテールマーケティング(販売士)検定

リテールマーケティング(販売士)検定は、商工会議所が実施する小売業や流通業に関する資格です。3級から1級まであり、それぞれに必要な知識やスキルが異なります。

たとえば、3級では基礎的なマーケティング知識や販売に必要なスキル、2級ではさらに高度なマーケティングや販売促進に関する知識、1級では経営戦略に関わる専門知識が求められます。リテールマーケティング(販売士)検定を取得することで、マーケティングコンサルタントとしての知識やスキルを証明し、自身のスキルアップにつなげることができます。

マーケティング・ビジネス実務検定

国際実務マーケティング協会®が主催するマーケティング・ビジネス実務検定は、あらゆる業界で役立つマーケティング知識を身につけるための資格です。A級、B級、C級の3つのレベルがあり、実務に必要な基礎知識や最新の時事情報、実際の仕事で役立つ事例などが問われます。

マーケティングコンサルタントは企業の成長を支援する専門家

この記事では、マーケティングコンサルタントの仕事内容や年収、未経験から転職する方法や役に立つ資格などを紹介しました。マーケティングコンサルタントは、企業の成長をサポートする専門家です。論理的思考力や高い学習意欲、コミュニケーション能力が求められますが年収は比較的高く、キャリアアップを目指す方にとって魅力的な職業と言えます。

未経験からマーケティングコンサルタントを目指す方には、女性向けキャリアスクールのSHElikes(シーライクス)がおすすめです。マーケティングの知識を学べるだけでなく、デザインやライティング、データ分析などさまざまな専門知識も習得できます。まずはSHElikesで、マーケティングコンサルタントに必要なスキルを磨いてみてはいかがでしょうか。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

あわせて読みたい
コンサルタントとは?仕事内容や年収、なり方を簡単に紹介!
コンサルタントとは?仕事内容や年収、なり方を簡単に紹介!「コンサルタント」という仕事を知っていても、具体的にどんな仕事をしているのかわからないという方もいるのではないでしょうか。 コンサル…

※出典
*1:「日経転職版」大卒年収調査2023年版 職種別編 「戦略・経営コンサルタント」は20-50代でトップにより

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。