市場価値とは?自分の価値の測り方や高める方法、スキルアップの仕方も紹介!

市場価値とは?自分の価値の測り方や高める方法、スキルアップの仕方も紹介!
ABOUT ME
ライター AIKI
看護学校卒業後、看護師として大学病院から在宅領域までを経験。医療に従事する中で言葉の重みや尊さ・可能性を感じ、言葉で人に寄り添いたいと思いライターを志す。その最中にSHEに出会い、SHEの掲げる理念に強く共感する。現在は複業フリーランスとして、SHElikesキャリアプランナー、SHEsharesライター、看護師の活動を行っている。

みなさんは市場価値という言葉を聞いたことがあるでしょうか。市場価値とは、これからのキャリアプランを考えるうえで、重要な意味を持つ言葉です。自分の市場価値を測り、必要なスキルを習得していくことで、企業や社会に求められる人材となれるでしょう。

今回の記事では、市場価値の測り方や高める方法、またスキルアップの方法について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

市場価値とは

市場価値とは、文字通り「市場における価値」を表す言葉です。簡単にいうと、求職者のスキルや経験と企業や社会的ニーズがどれほどマッチしているか、という意味で使われます。

ここからは、市場価値の意味や市場価値を知ることの必要性について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

転職市場でよく聞く「市場価値」

転職活動するうえで大切なことは、自分のスキルや経験を客観的に評価し、市場価値を判断することといえます。企業や社会のニーズ(需要)に対し、求職者のスキルや経験(供給)のバランスが取れると、求職者の市場価値は高いといえるでしょう。

企業が求める市場価値の構成要素を捉えるうえで、押さえておくべきスキルについてご紹介します。

  • テクニカルスキル(業務遂行能力)
    担当業務を行うために必要な技術や知識
  • ヒューマンスキル(対人関係能力)
    他者と円滑なコミュニケーションを築くために必要なスキル
  • コンセプチュアルスキル(概念化能力)
    物事を概念化して捉え本質を把握するスキル

上記3つのスキルは、ハーバード大学教授のロバート・カッツが提唱するカッツモデル*1です。これらの3つのスキルに業界や職種、年齢などの要素を掛け合わせることで、転職市場における市場価値が形成されます。

自分の市場価値を知る必要性

市場価値を知ることは、自分の伸び代を把握し、さらなるキャリアアップのために必要な指標となります。「市場価値を知らないと転職できないの?」とお悩みの方もいるかもせませんが、必ずしも市場価値を知らければ転職できないというわけではありません。しかし、市場価値を客観的に把握しなくては、今の自分に足りない部分や強化すべき要素を掴むことが難しいでしょう。

これからの自分のキャリアにお悩みの方は、市場価値を測り、スキルや経験を高めていくことが大切です。

自分の市場価値を知る・測る方法

「自分の市場価値が分からない」
「市場価値が低い人はどうしたらいい?」

このようなお悩みを抱える方もいるかもしれませんが、安心してください。これから紹介する方法を参考に、自分の市場価値を測っていきましょう。

キャリアの棚卸し

まずは、これまでのキャリアの棚卸しをしてみましょう。これまでの人生やキャリアを棚卸しすることで、自分が心からやりがいを感じたり大切にしたい価値観を明確に見出せたりするようになります。棚卸しする際は、以下のポイントに沿って取り組んでみてください。

  1. 一日の業務内容を時系列で書き出す
  2. 業務における工夫点や生み出した実績を書き出す
  3. 上記1.2を、これまでの部署異動などの環境変化のタイミングごとに遡り繰り返す
  4. 書き出した内容を時系列にまとめる
  5. 強みとなる部分や当時のエピソードをピックアップする

上記のような棚卸しにより強みを導き出すことで、理想の転職先探しに役立てることができるでしょう。

あわせて読みたい
女性のキャリアへの悩みを解消!理想のキャリアプランの考え方とは
女性のキャリアへの悩みを解消!理想のキャリアプランの考え方とはキャリアを考えるうえで、ライフイベントとの両立や理想のキャリアプランの描き方がわからず、不安やお悩みを抱えている方も多いのではないで…

他者との比較

これまでの職歴や社会人年数などの要素が似ている人と比較し、自分のキャリアが他者と大きくかけ離れたものでないか確認することも、自分の市場価値を判断する手段のひとつです。

自分の強みやスキルがわからない場合、職場の上司や同期から客観的な意見をもらえるよう、コミュニケーションを取ってみましょう。一人ではなかなか気付きにくい強みの部分も、他者からのフィードバックで明確になり、大きな気付きにつながることがたくさんあります。

転職サービスの利用

転職活動において市場価値を測りたい場合、転職サービスを利用しキャリアアドバイザーに相談することもおすすめです。数ある転職エージェントや求人サイトのなかには、これまでのスキルや経験などを考慮し、希望する業種での市場価値をアドバイスしてもらえるサービスがあります。

業界に関する知識を豊富に持ったキャリアアドバイザーに相談することで、人材・採用に関するプロの視点からアドバイスをもらえるでしょう。

あわせて読みたい
転職理由がキャリアチェンジの際の例文を紹介!面接のポイントも紹介
転職理由がキャリアチェンジの際の例文を紹介!面接のポイントも紹介職種や業界、働き方が増えつつあるなか、「新しい仕事にキャリアチェンジしたい#8230;!」と考える方がいらっしゃるのではないでしょう…

市場価値を高めるために効果的な方法7つ!

転職活動の際には、市場価値を高めることが大切であることをお伝えしてきました。ここからは、市場価値を高めるために効果的な方法についてご紹介します。

仕事で成果を出す

市場価値を高めるためには、現在携わっている仕事で成果を出すことが大切です。具体的には、任せられたプロジェクトを達成させたり課題を解決させたりすることが、仕事で成果を出すことにつながります。

ちなみに、転職における面接の際に、「どんな仕事を成し遂げてきましたか?」などと、仕事の上での成果を問われることがあります。日頃の仕事で成し遂げてきたこと自体が大きなアピールポイントとなるため、今取り組んでいる仕事で成果を出し市場価値を高めていくと良いでしょう。

経験・実績を積む

企業が採用するうえで大切にするポイントの一つは、これまでの経験や実績から、入職後も活躍が期待でき、かつ成果に再現性があるかどうかです。そのため、現在携わっている仕事で成果を出しながら、積極的に経験や実績を積んでいきましょう。

たとえば、経験や実績を積んでいくと、自信がつきモチベーションや向上心が高まります。そして、自信が経験や実績を積むための原動力となり、次第に成果を出しやすくなります。このように、向上心を持ち自己研鑽に励んでいくことが、市場価値を高めるためのポイントです。

インプットを続ける

業務外でも学びの機会を設け、積極的なインプットを続けていきましょう。日々の業務が忙しいと後回しになりがちですが、業務以外の学びの機会を持つことは、個人としての市場価値を高める大切な手段のひとつです。

たとえば、自己啓発やビジネスに関する書籍のほか、セミナーや勉強会への参加など、インプットの形はさまざまです。また、会社からの許可が得られるのなら、副業などの実践の場を設け、アウトプットする場を作るのも効果的です。インプットとアウトプットを繰り返すことで、市場価値を高められるでしょう。

社外コミュニティに参加する

市場価値というのは、企業だけでなく社会のニーズとのバランスによって評価されるものでもあります。そのため、社外コミュニティに参加し、業界や年齢を問わずコミュニケーションが取れる環境を設けることが大切です。

社外コミュニティには、リアルなつながりを強化できるオンラインや物理的な制約を超え幅広い人々とつながりが持てるオフラインなど、さまざまな形態があります。普段の仕事では関わりを持つ機会がないような人との出会いは、ビジネスパーソンとしての視座や市場価値を高めることにつながるでしょう。

将来性のあるスキルを見極める

これからの市場において将来性が見込まれるスキルを予測し、先立って習得することも効果的な方法のひとつです。社会情勢や企業との需要と供給のバランスを見極めてスキルを習得することで、求められる人材となるでしょう。

たとえば、将来性のあるスキルの特徴には、以下のようなものがあります。

  • クリエイティブ
    デザインやライティングなどのスキル
  • コミュニケーション
    交渉や傾聴などのスキル
  • 言語
    外国語やスコアなどのスキル
  • 専門技術
    医療・福祉系国家資格やコンサルタントなどのスキル

上記のスキルは一例ですので、その時々の社会情勢や企業の特徴を考慮し、将来性のあるスキルを見極めていきましょう。

あわせて読みたい
女性にとって長く続けられる、将来性のある仕事とは?
女性にとって長く続けられる、将来性のある仕事とは?これからのキャリアを考えるなかで、「将来性のある仕事に就きたい」「手に職をつけて長く働き続けたい」と考える女性も多いのではないでしょ…

専門性の高い資格の取得

転職活動を行ううえで目指すキャリアが明確である場合、今持っているキャリアを伸ばしていけるような専門性の高い資格を取得することもおすすめです。たとえば、すでに専門性の高い職に就いている場合、専門性が向上することによって市場価値もより一層高まります。

また、専門性の高い資格は希少性や難易度も高い傾向にあります。資格を取得するまでの過程や意欲自体を評価してもらえる可能性があるため、とても効果的な手段といえるでしょう。

あわせて読みたい
これからの時代に役立つ資格を厳選!勉強のコツも紹介
これからの時代に役立つ資格を厳選!勉強のコツも紹介キャリアアップを目指すなら、資格取得は非常に有効な方法です。資格を取ることで専門的な知識や技術があることが証明されるので、転職や就職…

スキルを複合的に掛け合わせる

将来性のあるスキルや専門性の高いスキルを複数掛け合わせている人材は、転職市場においてとても希少な存在です。たとえば、Webデザインとマーケティングスキルや、ライティングと広報・PRのスキルなど、相互に関係し合うスキルを持っておくと良いでしょう。

現段階で複合的なスキルを持っていない場合でも、現在の仕事をしっかりと進めつつ、スクールやセミナーで学びながらスキルを獲得していくという手段もあります。市場価値を高めるには、複合的なスキルを持つことが大切です。

自分の市場価値を知ったうえでスキルアップする方法

自分の市場価値を正しく把握したうえで、新たなスキルを複合的にかけ合わせスキルアップしていくことが、市場価値を高める方法です。そして、複合的なスキルを獲得するためには、独学での勉強やセミナーを受講するほか、将来性のあるスキルを複合的に身につけられるスクールで学ぶ方法があります。

女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)では、全40以上の職種スキルが学び放題です。WebデザインやWebライティングなどのクリエイティブスキルやビジネスやコミュニケーションにまつわるスキルを学べるほか、キャリアの棚卸しに役立つキャリアデザインコースなど、多彩なコースを受講できます。効果的にスキルアップし、市場価値を高めたいという方におすすめの方法です。

あわせて読みたい
SHElikesを使って人生が変わった100人

将来性のあるスキルを掛け合わせて市場価値を高めよう!

今回の記事では、市場価値の測り方や高める方法、スキルアップの方法について解説しました。市場価値を高めるためには、まず自分の市場価値を知り、スキルアップのための具体的な目標を立てることが大切です。

「スキルを習得したいけどどんなスキルがあるのかわからない」
「キャリアについて相談したい」

という方は、SHElikesの無料体験レッスンでキャリアやスキルについて相談することもおすすめです。市場価値を知り、自分の強みをもっと活かして理想の働き方をしてみたいとお考えの方は、ぜひ一度無料体験レッスンへ参加してみてはいかがでしょうか。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※参考
*1:「Harvard Business Review」Robert L.Katz,Skills of an Effective Administorより

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。