30代女性が転職を成功させるコツとは?おすすめ職種と未経験転職の事例も紹介

30代女性が転職を成功させるコツとは?おすすめ職種と未経験転職の事例も紹介
ABOUT ME
no-image
ライター SanamiSasaki
フリーライター|新卒で金融業に従事し、出産後未経験で地元のメディアを運営する会社に転職。現在は推し活と育児を両立しながら、さまざまなWebメディアで執筆しています。

最近は転職も当たり前になりつつあり、30代で転職する女性も少なくありません。ライフスタイルが変わったりやりたいことが明確になったりすると、30代で転職を考えることもあるでしょう。しかし「30代は転職が難しくなる?」と不安に感じる方もいるようです。30代女性が転職を成功させるには、これまでのキャリアで培ってきた経験やスキルを活かせる適応力や即戦力をアピールすることが大切です。

今回は30代女性が転職を成功させるコツについて、詳しく解説していきます。

30代女性が転職を成功させるコツは?

30代女性が転職を成功させるコツは、以下の通りです。

  • 転職の目的を明確化する
  • これまでの経験や実績、スキルを整理し自己分析する
  • 転職理由を言語化する
  • 必要なスキルを身につける
  • 適した求人サイトを活用する

それぞれ確認していきましょう。

転職の目的を明確化する

転職活動をする際、転職することそのものが目的になることもあるかもしれませんが、そのようになってしまうと、希望の転職を叶えることは難しいでしょう。「なぜ転職しようと思ったのか」「転職したあとにどんなビジョンを描いているのか」を明確にすることが、転職を成功させるポイントです。具体的には、以下の点を整理してみるといいでしょう。

  • 転職先に求める条件を考える(例:仕事内容、給与、人間関係、スキルアップ、将来性など)
  • 転職先に求める条件の優先順位を決める
  • 転職して1~3年後にどうなっていたいのか考える(例:マネジメントに挑戦する、年収アップなど)

目的が明確になれば、転職先に求める条件がはっきりします。働く場所に関しては、転勤がないところや勤務地が限定されているところを選ぶ、収入に関しては、年収を絞り込んで検索する、基本給が高く設定されている専門職で応募するなどがあります。

これまでの経験や実績、スキルを整理し自己分析する

30代の転職を成功につなげるためには、これまでに培った経験や実績、スキルが大きなポイントになります。経験や実績、スキルをひとつずつ書き出して整理してみるところからはじめましょう。30代の転職で重視したいのは、違う職場でも活かせるポータブルスキルです。ポータブルスキルはどの企業でも必要とされるため、アピールポイントにもなりやすいでしょう。ポータブルスキルには以下のようなものが挙げられます。

  • コミュニケーション能力
  • プレゼンテーション能力
  • 問題解決能力
  • 論理的思考力
  • 交渉力
  • 自己管理能力
  • マネジメント能力

たとえ特別なキャリアがなくても、仕事をしていくうえで身につけたことを挙げてみると、ポータブルスキルにつながることも多いはず。キャリアの棚卸しをすることで自分の強みや苦手なことが明確になり、適した仕事を見つけやすくなります。転職したい業界が決まっているなら、応募先にマッチしたアピールポイントが探しやすいでしょう。スキルがある=即戦力になることをアピールできるため、転職の成功につながりやすくなります。

転職理由を言語化する

転職活動の採用面接では、転職理由を尋ねられることも多いでしょう。企業が転職理由を確認するのは、企業とのマッチ度や人柄などを把握するためなどいくつかの理由がありますが、同じ理由で転職されてしまうリスクを避けるためという理由も含まれます。

採用にはコストがかかるため、企業側はできるだけ長く働いてくれる人材を採用したいと考えるもの。採用したのにすぐに辞められてしまったという事態を防ぐため、転職理由を確認しているケースもあります。そのため、転職理由によっては、ネガティブな印象を与えることもあるかもしれません。

ライフスタイルの変化が理由の場合などは正直に伝えても問題ありませんが、内容によっては言い方を検討する必要があります。たとえば人間関係や待遇の不満が理由だった場合は、ストレートに伝えるのではなく、ポジティブな理由に言い換えるよう検討してみましょう。

必要なスキルを身につける

未経験の仕事への転職を目指すなら、必要なスキルを身につけることも大切です。専門知識を身につけるなどスキルアップしてから転職活動すると、成功の確率も高まるかもしれません。資格取得を目指して勉強する、セミナーを受講する、スクールに通うなど、学ぶ方法はたくさんあります。実務経験がない点を補う努力が評価されることもあるでしょう。学ぶ姿勢を示すことで、仕事に対する意欲や向上心のアピールにもつながります。

適した求人サイトを活用する

転職サイトにはジャンルごとにさまざまな種類があります。適した求人サイトを利用することも、転職を成功させるうえで重要なポイントです。転職したい業界が決まっていないなら、幅広いジャンルの求人にであえる総合求人サイトを活用しましょう。たくさんの求人を比較検討できるうえ、想定していなかった意外な求人に出会えることもあります。たとえば女性向けの転職サイトであれば、女性が活躍している企業が求人を多く出しており、参考になる転職事例も見つけられるかもしれません。

転職を希望する業界が決まっているなら、その業界に特化した求人サイトも併用するといいかもしれません。専門的な業界の場合、特化した求人サイトにしか求人情報が掲載されていないこともあります。自己分析ツールやダイレクトスカウトなど転職活動に役立つツールやサポートが用意されているため、しっかり活用するのがおすすめです。

30代女性が転職をするときの注意点

30代女性が転職するときの注意点は以下の通りです。

  • 目的や理由が曖昧なまま転職活動しない
  • 未経験職種への転職はハードルが高い
  • 雇用形態や待遇にはこだわりすぎない

詳しく見ていきましょう。

目的が曖昧なまま転職活動しない

転職活動の目的をはっきりさせておくことが、転職活動を成功させるカギです。転職活動を考えるきっかけはさまざまですが、今後の明確なプランがないまま転職活動をすると、転職活動の軸がぶれてしまいがち。結果、転職活動に迷いが生じたり、自分の希望にマッチしない職場に転職してしまったりする可能性もあります。転職を通してこれからどうなっていきたいか、キャリアプランやライフプランを考えてから転職活動を進めましょう。

未経験職種への転職はハードルが高い

30代はある程度社会人経験を積んだ中堅社員という立ち位置になります。そのため、30代は最低限のスキルや知識を身につけているのが前提です。中途採用であっても即戦力として活躍できることが期待され、全くの未経験職種への転職はハードルが高くなる傾向にあります。もちろん全く無理というわけではなく、やる気や熱意で未経験職種への転職の道が拓ける可能性も十分にありますが、年齢が上がるにつれて難易度も高まることを理解しておきましょう。

雇用形態や待遇にはこだわりすぎない

雇用形態には正社員や契約社員、派遣社員などがあります。福利厚生等の待遇がしっかりしてある程度の年収がある正社員を目指す方も多いかもしれませんが、30代は男女ともにライフスタイルの変化も多い年代です。

今後結婚や出産などのライフイベントの可能性があり、一時的に家庭と仕事の両立が難しいタイミングがあるなら、柔軟な働き方ができる契約社員や派遣社員もいいかもしれません。雇用形態や待遇などの条件にこだわりすぎると、なかなか転職先が見つからない可能性も。

反対に、ライフスタイルの変化があってもバリバリ働きたい、将来はマネジメントができる役職に就きたい等と考えているなら、正社員で働く方が向いています。キャリアプランとライフスタイルを踏まえて転職先を検討する必要があります。

30代女性の転職におすすめの職種

30代女性におすすめの転職先は、以下の3つが挙げられます。

  • 事務職
  • 営業職
  • 介護職

それぞれの内容を見ていきましょう。

事務職

事務職は電話や来客の対応、書類の作成や整理、データ入力といった社内の事務作業を行う仕事です。業務内容がある程度決まっており残業も少ないなど、ワークライフバランスを取りやすいため女性人気も高く、応募先によっては競争率が高い可能性も。

資格よりも実務経験が重視される傾向にあるため、即戦力につながるスキルをアピールできるといいかもしれません。パソコン作業やタスク管理などのスキルなど、社会人としての最低限のスキルが必要な点も理解しておきましょう。

営業職

営業職は会社の商品やサービスを提案して顧客の要望に応える、ビジネスの最前線を担う仕事です。事務職と同様ほとんどの会社にある職種のため、求人数も多い傾向にあります。成果が数字として表れるため、評価にも反映されやすく、やりがいも感じやすいでしょう。営業成績による歩合制を採用している企業が多く、成果が収入に反映されます。

保険業界や不動産業界などの営業は人材が不足している傾向にあり、転職もしやすいかもしれません。必要な資格等はありませんが、対人がメインの仕事のためコミュニケーション能力は必須と言えます。

介護職

介護を必要とする人は多く、介護職は人手不足の傾向にあります。今後ますます需要の高まる介護職は、比較的転職しやすい仕事です。介護職にはさまざまな働き方がありますが、介護施設などで身体介助や生活援助を行うのが主な仕事です。

介護職にまつわる資格は多くありますが、資格がない未経験者でも応募できる求人もあります。介護業務をサポートしながら、介護関連の資格取得を目指してスキルアップする方も多いようです。ライフステージの変化に対応してくれる施設も多く、働きやすい職場を見つけることもできるでしょう。

30代から始められる!おすすめのWeb・IT系職種一覧

情報化社会の今、Web・IT業界の需要は伸びていますが、技術者の数が追いつかず人手不足というのが現状です。そのため、未経験でも30代からスキルを身につければ、始めることができるでしょう。例えば以下のような職種が代表的です。

  • Webマーケティング
  • Webライター
  • ITエンジニア
  • Webディレクター
  • 動画編集者

まずは副業から始める方も多いよう。正社員として働く以外にも、副業で経験を積み、ゆくゆくはフリーランスとして働くという選択肢もあるでしょう。

Webマーケティング

Webの仕組みを使って集客を行うのが、Webマーケティングです。広告やコンテンツ作成を通してサービスや商品の認知度を広げ、最終的に売上アップを目指すのがWebマーケティングの役割です。必要な資格は特にありませんが、Webの知識やSNSの使い分けなど、幅広い知識が必要になります。物事をロジカルに考えられる方に向いているでしょう。

Webライター

Webライターは、Webサイトに掲載する記事をクライアントの依頼に沿って執筆するのが主な仕事です。文章を書くのに抵抗がなければ資格や経験がなくても始めることができます。現在多くのWebサイトがあるため案件も多く、副業にも向いているでしょう。時間や場所に縛られない働き方ができるため、ライフスタイルが変わった30代から始める女性も多いようです。自分のスキルや興味に応じたものを見つけられるでしょう。

ITエンジニア

ITエンジニアはシステムの設計に携わる業務をするのが仕事です。クライアントの依頼に基づき、システムの設計や構築、運用のサポートなど、業務内容は多岐にわたります。ITエンジニアとして活躍するためには、プログラミングなど専門知識が必要です。スキルを学ぶ必要がありますが、身につければ長く働き続けられる可能性が高まります。

Webデザイン

Webデザインは、クライアントの要望に合わせてサイト設計やデザインを行う仕事です。インターネット広告の普及率が高まっている今、需要は高いでしょう。見た目や配色などのデザインに加え、サイトの使い勝手や運用後の更新のしやすさなど、システムについても考慮して手掛ける必要があります。

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイトの企画や制作、運用を担当するのが仕事です。クライアントとの打ち合わせでサイトの方向性を決め、必要なスタッフを選定したりコンテンツの品質管理をしたりと、仕事の内容は多岐にわたります。必須のスキルはありませんが、複数の案件を同時に動かすこともあり、スケジュール管理能力やコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

動画編集者

動画編集者は、SNSなどにアップする動画を作成するのが仕事です。最近はYouTubeやTicTokなどSNSでの動画が浸透しており、動画を広告に活用するケースも増えています。企画や撮影、編集と業務内容はさまざま。パソコンでできる作業も多く、在宅で働く人も多いようです。動画編集ソフトのスキルやデザインソフトのスキルがあれば、できる業務内容も広がるでしょう。

女性が手に職をつける方法は?メリットやおすすめの職業も紹介!
女性が手に職をつける方法は?メリットやおすすめの職業も紹介! 現状のキャリアに悩みがある、あるいは将来のキャリアに不安を感じる場合に、手に職をつけたいと思う女性は多いのではないでしょうか?手に職を...

【成功事例】30代からWeb・IT系へ未経験で転職した女性たち

実際に、30代から未経験でWeb・IT系に転職した女性の成功事例をチェックしていきましょう。

保育士からWebデザイナーに | michiさん

子育て中のmichiさんは、子どもを保育園に預けて保育士として勤務していたそう。しかし、家族を優先できない働き方にモヤモヤ。そんな状態からWebデザインやブランディング、コピーライティングなどのスキルを身につけ、現在はWebデザイナーとロゴデザイナーとして活躍しているそう。完全在宅で仕事ができるようになり、家庭と仕事の両立のストレスもなくなったようです。

インタビュー記事はこちら
「娘のために生活を変えたい」保育士だった私が、未経験から自由に働けるデザイナーになるまで仕事と家庭の両立は、多くの方々が直面する悩みの一つ。保育士として働いていたmichiさんも子育てを通じて、家族の時間を確保できる仕事…

居酒屋の女将からマルチクリエイターに | はっちさん

居酒屋の女将として四六時中居酒屋で過ごす生活をしていたはっちさん。好きな場所で働いて子どもとの時間を確保したいと、転職を決意したそう。Webにまつわるスキルを身につけ、現在は自由に働くマルチクリエイターに転職しました。転職前と比べて、自由に使えるお金が10倍以上に増えたんだとか。コミュニティ運営やブランドプロデューサー、SNSディレクターと、ひとつの職種ではなく職種をまたいでさまざまな形で活躍しています。

インタビュー記事はこちら
「以前の10倍以上の収入を自由に使えるように」元・居酒屋の女将から 自由に働くマルチクリエイターに転身!
「以前の10倍以上の収入を自由に使えるように」元・居酒屋の女将から 自由に働くマルチクリエイ…Webデザインやライティングなど、38の職種スキルが学び放題の女性向けキャリアスクールSHElikes。今回の記事では、居酒屋の女将…

営業からマーケティング職に | みやななさん

保険会社の営業として長く働いていたみやななさんは、ずっとマーケティング職に憧れていたそう。社内公募に挑戦するも叶わなかったことをきっかけに、本腰を入れてマーケティングを学び始めました。学んだスキルを活かして未経験からマーケティング職に転職でき、新しい環境で頑張っています。

インタビュー記事はこちら
15年勤めた会社を離れ、憧れの職種に!未経験からイベント企画のマーケティング職へキャリアチェ…WebデザインやWebマーケティングなど、PC1つで働ける38の職種スキルが学び放題の女性向けキャリアスクールSHElikes。スキ…

30代からチャレンジできる職種もたくさん!

30代の転職は、これまで身につけた経験やスキルを武器にすることに加え、今後のビジョンを明確にしたうえで行動することが大切です。未経験の職種であっても、学ぶ意欲があれば可能性は十分。目標とする自分になるため、新しい一歩を踏み出してみてください。

女性向けのキャリアスクールSHElikesでは、全40以上の職種スキルを好きな時間に学ぶことができます。今回ご紹介したIT・Web系職種も目指すことができ、実際に未経験からの転職を叶えた方もたくさんいます。30代での転職を目指すなら、まずはスキルを身につけることから始めるのもひとつの方法です。SHElikesでスキルを身につけ、自分らしい働き方を目指してみてはいかがでしょうか。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。