Webデザイナーの副業は現実的にどうなの?本業との両立術や成功事例も紹介

Webデザイナーの副業は現実的にどうなの?本業との両立術や成功事例も紹介
ABOUT ME
ライター kobayashi_osushi
看護系高等専門学校卒業。看護師として大学病院やクリニックなどで従事。結婚や子育てをきっかけに多様な働き方を求め、2021年からフリーライターとして活動を開始。キャリア支援や転職関連の記事執筆に携わり、自分らしい働き方を発信している
エディター Kakuhata Kyosuke
同志社大学 生命医科学部医情報学科卒。在学中、基礎科学や生体情報の取得・制御、プログラミングについて学ぶ。大学院進学後Pythonデータ解析や生体化学を学んだあとライター業を開始。現在はフリーランスとして活動し、キャリア領域のメディアを中心にSEO記事を編集・執筆している。

副業解禁やリモートワークの普及に伴い、Webデザインのスキルを活かして副業を始める人が増えつつあります。

しかし、本業以外の限られた時間でどこまでWebデザイナーとして活動できるかわからず、不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、副業Webデザイナ-の実態を追求し、本業と両立できる現実的な方法などについて詳しく解説していきます。

Webデザイナーの副業は現実的ではない?

Webデザインのスキルを活かしてWebデザイナーとして副業を始めること自体は可能です。とはいえ、副業Webデザイナーの実態を知らずに始めてしまうと、自分に合った働き方がわからず、本業以外の時間をやみくもに消費してしまうかもしれません。

Webデザイナーの仕事をより現実的に考えるのであれば、まずは副業としての働き方を知り、自分らしいワークライフバランスの取り方を見つけることが大切です。ここでは、副業Webデザインのメリットやデメリットを知り、本業との両立は可能なのか、詳しく見ていきましょう。

副業Webデザイナーのメリットとデメリット

Webデザインのスキルを活かして副業を始めることには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 実績を積みスキルアップできる
  • 本業以外の収入源が得られる
  • 副業を通してさまざまな出会いがある
  • Webデザイナーとして活躍の場が広がる
  • 未経験から始めるよりも案件を受注しやすい
  • 在宅ワークやリモートワークといった働き方ができる
  • 独立や転職を視野に働ける

デメリット

  • スケジュール管理が難しい人もいる
  • 営業しないと案件を受けられないことがある
  • 単価が低い案件もある
  • 継続案件を見つける必要がある
  • 常にスキルのアップデートが必要である
  • AIの導入で仕事量が変動する可能性がある

副業Webデザイナーにはさまざまなメリットがあり、ご自身の新たな可能性を感じながら働くことができるでしょう。ただし、継続して仕事を受注するためには、知識のアップデートが必要です。まずは通勤やランチタイムなどのすきま時間を使って、スキルアップに関する動画を視聴したり、イヤホンで聴いたりするところから始めてみることをおすすめします。

最初はスケジュール管理や案件取得に難しさを感じるかもしれませんが、小さな積み重ねを続けることで、自分なりのやり方がつかめるようになります。一つひとつの案件に丁寧に取り組み、実績を積んでいけば活躍の場を広げていけます。まずはご自身のできることから、少しずつ始めていきましょう。

現職との両立は可能?バランスの取り方

Webデザイナーの副業を、現職と両立させることは可能です。とはいえスケジュール調整や体調管理を十分に行わないと、本業だけでなく副業の仕事にも支障が出るかもしれません。

そのため自分なりに工夫して自己管理を行い、無理なく仕事をすることが大切です。たとえば、本業において突発的な残業が多い場合、残業になりそうな日を見越して「納期を延ばしてもらう」「案件の受注を見送る」などの対応が必要です。

残業が少ない職場であっても、副業自体が未経験の場合、クライアントの仕事に慣れるまでは余裕をもってスケジュールを組むと良いでしょう。長く副業を続けるのであれば、こうしたスケジューリングは欠かせません。

最初のうちはこなせる案件数が少なく焦ることもあるかもしれませんが、続けることで少しずつ対応できる業務量が多くなるはずです。まずは自分ができる範囲で、副業の経験を積みつつ、本業と両立していきましょう。

副業Webデザイナーとしてスタートするために必要なスキルセット

副業Webデザイナーとしてスムーズに仕事を始めるためには、以下のスキルを身につけておくことが重要です。

  • Webデザインの基礎知識
  • コーディング
  • デザインソフトの操作

すでにWebデザインの経験がある場合は「自分に足りないスキルはないか」をチェックしてみてください。

Webデザインの基礎知識

Webデザイナーとして副業を始める際は、Webデザインの基礎知識を理解しておく必要があります。Webサイトのコンセプトやイメージに合うデザインを表現するためには、以下のような知識が求められるでしょう。

  • レイアウト:デザインの4原則である近接・整列・反復・コントラストを活用して行う
  • タイポグラフィ:読みやすく、効果的なフォントを使用しデザインする
  • 配色:彩度・明度・色相を活用し、各色の特性を踏まえて配色を行う

副業Webデザイナーとしてスキルを高めたい方は、基礎知識を学ぶだけでなくさまざまな作品に触れることがおすすめです。いろいろな作品を見ることで表現の引き出しが増え、より理想に近いデザインを行えるでしょう。

参考になるホームページデザインについては下記ページで紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。
関連記事:ホームページデザインの参考にしたいギャラリーサイト5選!最新トレンドや失敗しない方法も紹介

コーディング

デザインを反映させるためにコンピューターが理解できる言語で指示を書くことです。具体的な言語としてはHTMLやCSS、PHP、JavaScriptなどがあげられます。これらの知識があればWebサイトの構造や動きを理解しやすくなるため、スムーズな開発・改善につながるでしょう。

デザインソフトの操作

デザインソフトを使いこなすスキルもWebデザイナーの副業を進めるうえで欠かせないでしょう。たとえば以下のようなデザインソフトがあげられます。

  • Illustrator:ロゴやイラストを作成できる
  • Photoshop:画像編集やレイアウトを作成できる
  • Dreamweaver:HTMLやCSS、JavaScriptなどのコーディングを行える
  • Figma:ブラウザ上でデザインや開発、チームでの共同作業ができる
  • STUDIO:ノーコードでWebサイトを作成できる

ほかにも、初心者でもホームページを作成しやすいWordpressやWixなどがあります。クライアントによって使うデザインソフトは異なります。可能であればできるだけ多くのデザインソフトを扱えるほうが良いでしょう。

Webデザイナーの副業案件の探し方

Webデザインスキルを活かして副業するのであれば、案件探しの方法を知っておくことは大切です。また、クライアントから信頼されるWebデザイナーになることで、より安定して収入を得られるでしょう。

ここでは、副業Webデザイナーにおすすめの案件探しの方法やクライアントを見つける方法をお伝えします。

  • Webデザイン案件の探し方5選
  • 継続クライアントを獲得するコツ4選

Webデザイン案件の探し方5選

Webデザイン案件の探し方として、以下の5つの方法があげられます。

  • クラウドソーシングサイトに登録し募集案件に応募する
  • Web制作会社やWeb事業会社に直接営業する
  • 案件検索プラットフォームサイトを活用する
  • SNS経由でWebデザイナー求人に応募する
  • 知人や友人に紹介してもらう

効率的に案件を探すのであれば、複数の方法を併用することをおすすめします。また、Webデザイナー案件ではポートフォリオの提出を求められることが多いです。そのため、求人に応募する際は事前にポートフォリオを準備しておきましょう。

継続クライアントを獲得するコツ4選

副業Webデザイナーとして安定して働くためには、クライアントに信頼してもらい、継続的に案件を発注してもらうことが望ましいです。以下のコツを踏まえてクライアントから信頼されるWebデザイナーを目指しましょう。

  • 連絡がきたらなるべく早めに返信する
  • 進捗報告をこまめに行う
  • クライアントの要望に沿った制作を行う
  • 打ち合わせの際にさまざまな提案を行う

ビジネスマナーを押さえることはもちろん、クライアントの希望を引き出し、期待通りの納品を行うことがとても大切です。クライアントの良きパートナーとなれるように、一つひとつの仕事を丁寧にこなしていきましょう。

副業Webデザイナーは稼げる?稼げない?収入の現実

副業でWebデザイナーを始めるにあたって気になるポイントの一つは収入面かもしれません。インターネットやSNSには「稼げる」「稼げない」といった声があり、実態がわからず疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

ここでは、副業Webデザイナーの平均収入や料金設定のポイントなどについて解説します。

  • 副業Webデザイナーの平均収入と変動要因
  • 料金設定のポイントと競争力の維持

副業Webデザイナーの平均収入

厚生労働省が運営する職業情報提供サイトによると、Webデザイナーの平均年収は約480万円*1といわれています。

また求人ボックス給料ナビによれば、派遣社員として働くWebデザイナーの平均時給は1,990円*2、パート・アルバイトで働くWebデザイナーの平均時給は1,194円*2というデータもあります。

上記は専業Webデザイナーも含めた数字であり、あくまでも参考値です。副業Webデザイナーの年収は作業時間や単価、契約クライアント数、スキルなどによって変動します。クライアントとの契約ごとに収入が決まるため、「○○ができるから○○円以上」という明確な基準はないでしょう。

料金設定のポイントと競争力の維持

一定以上の収入を得るのであれば、適切に料金設定を行うことも大切です。料金を設定する際は、以下のポイントを踏まえましょう。

  • 相場に見合った料金に設定する
  • 同じくらいの経験年数・スキルを持つWebデザイナーを参考にする
  • Webサイト制作会社よりもリーズナブルな金額に設定し受注数を増やす
  • 必要以上に安く請け負い、疲弊しないように気を付ける

Webデザイナーの副業を始める際は、あらかじめ料金設定を行う際の基準を決めておきましょう。

副業の仕事では、クライアントから見積もりを依頼される場合があるためです。適正価格を把握していなければ、遠慮して安すぎる価格で見積もってしまうことや、意図せず高額な報酬を要求してしまうことがあるかもしれません。

適切な料金で仕事をするためにも、案件の内容から「どのくらいの作業工数が必要か」「相場に見合っているか」を確認して見積もりを出すことが重要です。一度見積もりを出したあとは、時給換算すると適切かどうかを判断しやすくなります。

単価アップを図りたい方はセルフブランディングに挑戦してみましょう。ここでいうセルフブランディングとは、自分らしさを魅力的にアピールし、ほかのWebデザイナーと差別化することです。「○○さんにデザインを頼みたい」と感じてもらえるようにセルフブランディングをすることで、料金を安くせずともクライアントから選ばれやすくなるはずです。

Webデザイナーの副業と本業の両立術

Webデザイナーが副業と本業を両立させるためには、時間管理や体調管理を意識して取り組むことが必要です。

ここでは、Webデザイナーが副業と本業を両立するための方法を、具体的にお伝えします。

  • 時間管理と効果的なタスクスケジュールの立て方
  • ストレス管理とクリエイティブな仕事の質保持

時間管理と効果的なタスクスケジュールの立て方

Webデザイナーの副業と本業の両立を目指すためには、無理のない時間管理が必要です。

より自分らしく無理のない働き方を実現するためにも、以下を参考に副業に費やせる時間を把握し、案件のスケジュールを組んでみてください。

  1. 1日に捻出できる作業時間を洗い出す
  2. 各工程にかかる時間を把握する
  3. 実際の案件を見ながら、作業時間内でできるお仕事に応募する
  4. 作業できない日を見越し、余裕を持ったスケジューリングを組む

また効率的に案件をこなしていくためにも、優先度や期限などを考慮してタスク管理をおこないましょう。タスク管理ツールやカレンダーなどに必要な作業を記入し、タスクを可視化することで、案件の進捗状況や残り時間を把握しやすくなります。

ストレス管理とクリエイティブな仕事の質保持

これから副業を始める場合、環境の変化に戸惑ったり、ストレスを感じる機会が増えたりする可能性もあるでしょう。

クリエイティブな仕事が求められるWebデザイナ-にとって、継続的に高いパフォーマンスを発揮するためにもストレス管理が大切です。慣れるまでは、以下を参考にストレス軽減に努めましょう。

  • 仕事の合間に適度な休息をとる
  • 規則正しい生活で睡眠時間を確保する
  • バランスの良い食事をとる
  • 1日の終わりにリフレッシュタイムを設ける
  • 友人との食事や旅行などに行く

上記の方法を試しても、気分がスッキリしない場合は、疲労が蓄積している可能性も考えられます。

そんな時はいつもより早めに就寝し、心身ともにゆっくりできる時間を意識して作りましょう。

副業Webデザイナーの成功事例と失敗談

実際に副業Webデザイナーとして活躍している方の成功事例や失敗談を知ることで、自分なりの働き方を見つけるヒントが得られるかもしれません。

ここではWebデザイナーとして活躍する方のインタビューや、失敗から立ち直り再挑戦に至るまでの方法についてご紹介します。

  • 成功した副業Webデザイナーのインタビュー
  • 失敗から得る教訓と再挑戦の方法

成功した副業Webデザイナーのインタビュー

SHElikesの受講がきっかけで、副業Webデザイナーへと転身した方のインタビュー記事をご紹介します。

事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまで

受講者事例:事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまで – SHEshares

新卒で入社した会社は休みがなく、ハードワーク続きの毎日を送っていたちあきさんは、新たな働き方を求めて事務職に転職します。しかし、転職後も思ったような働き方ができず、1人で悩む毎日を送っていました。

そんな時にSHElikesと出会い、もともとデザインに興味があったことを理由に、Webデザインスキルを学び始めます。

未経験からの挑戦を始めたちあきさんでしたが、自分なりのスケジュール管理で受講を重ね、Webデザインを始めとしたWeb関連のスキルを高めました。その結果、約半年でIT業界への転職を叶え、スキルを活かし副業Webデザイナーとして活躍しています。こうしたキャリアチェンジが叶ったのは、全40以上の豊富な職種・スキルが定額で学べるSHElikesを受講したからだと、ちあきさんは話します。

働き方やキャリアの悩みを一人で抱えている方こそ、SHElikesを通して新たな自分との出会いを見つけてみてはいかがでしょうか。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

失敗から得る教訓と再挑戦の方法

副業Webデザイナーは営業から制作まで、すべての工程を自分で行わなくてはなりません。慣れない作業から、ときには失敗を経験することもあるでしょう。実際にSNSやインターネットで見かけるWebデザイナーも、最初は仕事がもらえず悩んだり、スケジュール管理がうまくいかず消耗したりといった失敗を多く経験しています。

一度失敗すると気持ちが落ち込み、モチベーションが下がってしまうこともありますが、失敗を教訓に変えることでいまより飛躍できる可能性があります。失敗した過去は変えられませんが、これから先の未来は変えることができるのです。落ち込んだ時は一度休息し、トライ&エラーをくり返しながら、自分なりの挑戦を続けていきましょう。

よくある質問

副業Webデザイナーを始める方からよくある質問に対し、まとめて解説いたします。

未経験からWebデザインの副業で稼ぐにはどれくらい時間がかかるのか

未経験からWebデザイナーとして稼げるようになるまでの期間には個人差があり、一般的には半年〜2年程度かかるといわれています。副業Webデザイナーの場合、本業の合間を縫って勉強するケースが多いでしょう。

少しでも早くWebデザイナーとして副業を始めたい場合は、通勤などのすきま時間を有効活用してスキルを学んだりスクールに通ったりするなど、自分に合った方法で勉強することが大切です。

Webデザインの副業で失敗しないためにはどうすればいいのか

Webデザインの副業を始めても、軌道にのるまではうまくいかないこともあるかもしれません。そのため、まずは以下のポイントを踏まえて行動することをおすすめします。

  • スケジュールやタスクの管理を徹底して行う
  • ある程度の収入が得られるまで時間がかかると認識しておく
  • Webデザインだけでなく、コーディングや営業などのスキルも磨く
  • オンラインスクールやコミュニティに所属し、モチベーションを維持する

大切なのは失敗しないことではなく、失敗を教訓に変えて前に進み続けることです。一度失敗したからと言って諦めず、少しずつ努力を積み上げていきましょう。

Webデザインの副業で成功した人の体験談を知りたい

Webデザインの副業で成功した人の体験談を知りたい方は、ぜひ以下のインタビュー記事を参考にしてください。

事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまで

事例1:事務職から半年でキャリアチェンジ!未経験からIT業界へ転職&副業デザイナーを叶えるまで – SHEshares

やりがいも収入も失った私が、やりたいことを見つけて年収約200万UPでデザイナー転職を叶えるまで

事例2:やりがいも収入も失った私が、やりたいことを見つけて年収約200万UPでデザイナー転職を叶えるまで – SHEshares

事例3:本音に蓋をしていた接客・営業職から、憧れのWebデザイナーになるまで – SHEshares

Webデザイナーの副業で新たな挑戦を始めよう

Webデザイナーとして副業を始めることで、仕事の幅が広がったり、ご自身の新たな可能性を見つけたりできます。

慣れるまではスケジュール管理が難しいと感じることもあるため、まずは自分ができる範囲で副業に取り組み、本業との両立を目指しましょう。また、Webデザインスキルはもちろん、Web関連スキルや営業スキルなどを学ぶことで成長でき、なりたい自分に近付けるでしょう。

SHElikesは、Webデザイナーに必要なスキルやツールの扱い方などを学べるキャリアスクールです。またお仕事の見つけ方や契約方法、案件の報酬相場など、副業を始める前に知っておきたい知識も学べます。Webデザイナーの副業を始めたいと考えている方は、ぜひ一度SHElikesの無料体験レッスンへ参加してみてはいかがでしょうか。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※出典
*1:「職業情報提供サイトjob tag(日本版O-NET)」Webデザイナーの職業詳細より
*2:「求人ボックス給料ナビ」Webデザイナーの平均年収より

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。