ITストラテジストとは?仕事内容や試験の難易度・合格率を徹底解説!

ITストラテジストとは?仕事内容や試験の難易度・合格率を徹底解説!
ABOUT ME
ライター momoka
ライターを中心に活動中|HR業界営業→人事担当→ポータルサイト原稿制作を経てフリーランスに|最近はインタビュー・採用広報が中心。エッセイも書きたいです|SHElikesキャリアプランナー&ファシ, 広報 , 撮影
エディター Tomomaru
フリーランスWeb編集・コンテンツディレクター兼たまにライター。 略歴は、アパレル→事務職を経てWebデザインをスクールで学んだのち、SHElikesと出会いWeb制作会社でマーケOLしてみたり。結果、書くことが天職だと思い込み、副業ライター道を歩んでいる。次なる野望は絵描きになること。思い込むのは自由です。

企業の経営戦略に基づいてIT戦略の策定などを行うITストラテジスト。IT系資格の中では取得の難易度が高いと言われています。その分、資格を持っていることで仕事やキャリアに役立てられる場面も多くあるでしょう。

今回は、ITストラテジストについて、仕事内容やITストラテジスト試験の難易度、合格率、また資格を取得するメリットなどについて解説します。ITストラテジストをはじめ、IT系の業務に興味があるという方はぜひ参考にしてください。

ITストラテジストとは?

ITストラテジストとは、システムやソフトウェア開発において経営者視点でIT戦略を策定し、プロジェクトの推進を行う役割を担います。ITの高度な知見を生かして企業の課題を洗い出したり、課題解決に向けて戦略を立てたり、システム・ソフトウェア開発の上流工程から参画します。

企業全体の戦略立案に関わるため、ITの知見だけでなく経営者視点での分析力なども必要になります。近年ではITを取り入れた事業やサービスを行う企業が増えているため、ITストラテジストが力を発揮する場面も増えているでしょう。

ITストラテジストになるには、資格は必須ではありません。しかし、ITストラテジストになるためには一定のスキルと知識が必要です。ITストラテジストとして活躍できるスキルがあることを証明する手段として、ITストラテジストの国家試験を受ける人も多くいます。

ITストラテジストの仕事内容

ITストラテジストの仕事内容は、大きく分けて以下の3つです。

  • 経営・事業戦略に基づいたIT戦略の策定
  • 全体・個別システム化計画の実行
  • システムのモニタリング・コントロール

対象となる企業や組織を分析し、経営戦略や事業戦略に基づいたIT戦略の策定を行うことがITストラテジストの最も中心的な業務です。適切な戦略を立てるために、ITの知見だけではなくしっかりと企業や事業の課題を洗い出す力も必要です。

次に、戦略を実現するために必要なシステム化の計画をしていきます。また、システム化計画ができたら、具体的なスケジュールへの落とし込みも行い、実際の運用に移ります。

システムの運用が始まってからも、システム全体のモニタリングやコントロールを行うこともITストラテジストの大事な業務のひとつです。運用管理やトラブル発生時の対応、計画全体の評価もITストラテジストが行い、効果に応じて改善案を検討をする場合もあります。

ITストラテジスト試験とは

ITストラテジスト試験は、ITに関する高度な知識・技能を問われる国家試験のひとつです。試験の詳細や合格率について、具体的に解説していきます。

ITストラテジスト試験の流れ

ITストラテジスト試験は、以下の4つの試験で構成されており、すべての試験で基準点を満たすことで合格となります。

  • 午前Ⅰ試験(四肢択一):100点満点中基準点60点以上
  • 午前Ⅱ試験(四肢択一):100点満点中基準点60点以上
  • 午後Ⅰ(記述式):100点満点中基準点60点以上
  • 午後Ⅱ(論述式):評価ランクA

1日ですべての試験が行われるため、試験当日は体力面でも精神面でもそれなりのエネルギーが必要になると想像できます。当日は、万全の体制で挑めるように準備したいところです。

ITストラテジスト試験の合格率

以下の表は、直近5回のITストラテジスト試験の合格率*1 です。

年度合格率
令和5年度春期15.5%
令和4年度春期14.8%
令和3年度春期15.3%
令和元年度秋期15.4%
平成30年度秋期14.3%

※令和2年度春期は新型コロナウイルス感染症の影響で中止

ITストラテジスト試験の合格率は14〜15%台を推移しており、約6.5〜7人に1人が合格していることになります。

ITストラテジスト試験と同じIPA(情報処理推進機構)が実施する国家試験で、IT入門と言われるITパスポート試験やITエンジニアの登竜門と言われる基本情報技術者試験は、直近の合格率が約50% *2でした。これらと比べると、ITストラテジスト試験の難易度は高いことが分かります。

あわせて読みたい
ITパスポートの難易度をデータと一緒に解説!必要な勉強時間の目安も
ITパスポートの難易度をデータと一緒に解説!必要な勉強時間の目安もITの基礎知識があることの証明となるITパスポート。これからITの知識を身につけたい人やIT業界初心者にもおすすめの資格です。 取得…

ITストラテジスト試験の合格に必要な勉強時間

ITストラテジスト試験に合格するために必要な勉強時間は、もともと持っている知識や経験によって異なります。中には、合格者の平均学習時間が272時間というデータもあります*3

ITストラテジスト試験に合格するには、十分な勉強時間の確保と対策が必要になるでしょう。また、長期にわたって計画を立て、コツコツと勉強を進めていくことが大切になりそうです。

試験制度のまとめ

ITストラテジスト試験について、以下の表にまとめました。そのほかの試験の詳細や最新情報については、公式サイトや最新の案内書などをご確認ください。

受験申込方法IPA(情報処理推進機構)ホームページより申し込み
試験日程・試験会場春期(4月)の年1回実施・全国56都市
受験資格特になし
出題形式午前Ⅰ:四肢択一、30問
午前Ⅱ:四肢択一、25問
午後Ⅰ:記述式、4問中2問解答
午後Ⅱ:論述式、3問中1問解答
試験形式ペーパー試験
受験料(税込み)7,500円
試験時間午前Ⅰ:9:30〜10:20(50分)
午前Ⅱ:10:50〜11:30(40分)
午後Ⅰ:12:30〜14:00(90分)
午後Ⅱ:14:30〜16:30(120分)
合格基準午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ:それぞれ100点満点中基準点60点以上
午後Ⅱ:評価ランクA

ITストラテジスト資格は役に立たないと言われる理由

「ITストラテジスト資格を取得しても役に立たない」という声も耳にします。そう言われる理由は何なのでしょうか。

ITストラテジストの業務をするには、資格が必須ではありません。資格を保有していなくても、実務で通用するスキルと知識を持ち合わせていればITストラテジストとして活躍することが可能です。

一方、ITストラテジストの資格を取得するのは簡単ではありません。試験に合格するにはそれなりの勉強時間が必要になるため、資格取得のためにかける時間と労力を考えるとコストパフォーマンスが悪いと感じ、ITストラテジスト資格は役に立たないと考える人もいるのではないでしょうか。

ITストラテジスト資格を取得するメリット

それでは、ITストラテジスト資格を取得するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

就職や転職で有利になる可能性がある

先に述べたようにITストラテジストに資格は必須ではありません。しかし、資格を持っていることで就職や転職で有利になる可能性があります。

ITストラテジストとして選ばれる際に注目されるのは、実務で通用する知識やスキルがあるかどうか。ITストラテジスト資格を持っていることで、知識やスキルを客観的に証明することができ、よい評価を得られることがあるでしょう。

ITストラテジストを目指す人はもちろん、システムやソフトウェアにおいてユーザーが直接触れて操作する部分のデザインを行うUIデザイナー職としてのキャリアアップを目指す人にもおすすめです。

仕事での活躍の幅が広がる

ITストラテジスト資格は、ITの高度な知見はもちろん、経営視点での分析力やコンサルティング力など、幅広いスキルを証明する資格です。そのため、資格を持っていることで仕事の幅が広がるチャンスを掴めるかもしれません。

企業によっては、ITストラテジストとして、CIO(最高情報責任者)やCTO(最高技術責任者)を担う人もいます。IT業界でキャリアの幅を広げたい人にとって、今後のキャリアパスに生かせる手段となるでしょう。

交流の幅が広がる

ITストラテジスト資格を持っていると、入会金・会費を支払い日本ITストラテジスト協会(JISTA)に入会することができますこのような交流の場を持つことによって、さらなるスキルアップにもつながるかもしれません。

また、ITストラテジストはフリーランスで活動する人も少なくありません。フリーランスとして活動する人たちにとって、新たな人脈作りや情報収集は欠かせないものです。外部の人や同業として活動する人たちとのつながりを作ることで、新たな仕事のチャンスが見つかったり、仕事に生かせる情報を得られたりすることがあるでしょう。

IT業界で活躍するには、幅広いスキルを持つことが重要!

ITストラテジストは、IT系資格の中でも難易度が高く、その分活躍の幅やキャリアアップにも可能性のある資格・仕事です。近年発展が目覚ましいIT業界において、ITストラテジストのような幅広い知見やスキルを持つ人材は、今後も重宝されることでしょう。

IT業界でキャリアを描きたいという人は、女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)もおすすめです。全40以上の職種スキルから必要なものを選び、掛け合わせでスキルを身につけることができます。

IT業界を希望する人は増えています。その分、スキルを掛け合わることでより市場価値の高い自分になれるはずです。唯一無二のスキルを身につけ、IT業界で活躍できるあなたを目指しませんか?

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

出典
*1 IPA 情報処理推進機構「情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 推移表(平成21年度春期以降)」
*2 IPA 情報処理推進機構「情報処理技術者試験 統計資料 令和5年11月分 ITパスポート試験」p1より
IPA 情報処理推進機構「情報処理技術者試験 統計資料 令和5年11月分 基本情報技術者試験」p1より
*3 ITEC|ITストラテジスト【ST】情報処理技術試験 平均学習時間より

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。