エンジニアリングとは?意味や種類についてわかりやすく解説

エンジニアリングとは?意味やエンジニアリングの種類についてわかりやすく解説
ABOUT ME
ライター 島田 史
美容・医療・ビジネス分野などで活動中のフリーライター。 2016年よりライター活動を始め、2019年に個人事業を開業。 保有資格を活かして美容分野を中心に、多くのwebメディア等で、執筆・記事企画・美容記事監修・撮影・取材などを担当。 保有資格:日本化粧品検定特級 コスメコンシェルジュ®︎、化粧品成分検定1級 化粧品成分上級スペシャリスト、一般社団法人 薬機法医療法規格協会YMAA認証マーク取得、など

「エンジニアリング業務ってどんなことをするの?」「エンジニアとの違いは?」

エンジニアリングという言葉に対して、このような疑問を感じたことはないでしょうか?

エンジニアリングとは「生活や社会を快適にするための技術の開発・改善・研究などの総称」のこと。その分野は幅広く、ITや化学などさまざまな職種があります。

本記事では、エンジニアリングの意味や職種について詳しく解説します。未経験からエンジニアになるための学び方や実例も紹介するので、エンジニアリングに興味がある方はぜひお役立てください。

エンジニアリングの意味とは?

エンジニアリング(engineering)とは、直訳で「工学」を意味します。わかりやすく定義すると、科学の応用によって生活や社会を快適にする生産物を生み出す技術や、そのための設計を立てたり研究したりすることの総称になります。

エンジニアリングに関する専門的なスキルを持つ技術者のことをエンジニアといいます。

エンジニアリングの種類と仕事内容

エンジニアリングにはさまざまな種類があり、職種によって仕事内容や専門分野が異なります。エンジニアリングの種類を見ていきましょう。

ITエンジニアリング

ITエンジニアリングは主にコンピューターを動かすための知識・技術のことです。ITエンジニアリングの職種は幅広く、システムの開発から運用まで行うシステムエンジニアから、ネットワークやデータベースなど分野ごとに設計や運用、保守を行う職種まであります。プログラミングやデータベースの管理など、ITに関する専門知識が必要になります。ITエンジニアリングの職種については、次の見出しで詳しく説明します。

機械エンジニアリング

機械エンジニアリングは、機械設備に関する設計・開発、製造、運用、管理などの技術のことです。クライアントの要望や課題をヒアリングして企画にまとめ、機械の性能や設計を提案するのも役割です。

担当する機械は、工場に設置されている機械から、自動車、家電、IT系、ロボットなどがあります。

プラントエンジニアリング

プラントエンジニアリングは、プラント(工場)で必要な企画・設計、建設管理、保守などの技術のことです。発電所から食品・医薬品工場などさまざまな分野のなかで、工場の設計や構築、機械の設計や品質管理などを行います。

化学エンジニアリング

化学エンジニアリングは、化学・建設・燃料・医薬品・食品など、さまざまな化学品や製品の製造開発や研究に必要な技術のことです。作業内容は石油や鉱物のプラントの設備管理、化学素材や医薬品の開発・合成・実験、環境分析など多岐にわたります。

電気工事エンジニアリング

電気工事エンジニアリングは、電気設備の設置や工事、品質管理などの技術のことです。電気や電子回路などに特化したスキルが必要になります。

ITエンジニアリングの職種

ITエンジニアリングの種類は「システムエンジニアリング」「ネットワークエンジニアリング」「インフラエンジニアリング」「サーバーエンジニアリング」「データベースエンジニアリング」があります。

それぞれITエンジニアのなかでも担当する分野や必要なスキルが異なります。ITエンジニアリングの職種の特徴を見ていきましょう。

システムエンジニアリング

システムエンジニアリングは、システム開発に関わる業務全体を担当する技術のことです。主にシステムの設計・開発・運用・保守などの役割を担います。

クライアントにヒアリングを行ったり、プログラマーに指示を出したりする業務を行うこともあります。そのため、ITの基礎知識やプログラミング力だけでなく、コミュニケーション力やマネジメント力も必要です。

あわせて読みたい
システムエンジニアとは?具体的な仕事内容や年収、必要なスキルを紹介
システムエンジニアとは?具体的な仕事内容や年収、必要なスキルを紹介「システムエンジニア(SE)って何?」「未経験からなれるのかな?」 システムエンジニアは、システムの設計や開発、運用、保守などを行う…

インフラエンジニアリング

インフラとはインフラストラクチャーの略で「基盤」という意味です。インフラエンジニアリングはシステムが動作するための基盤となる、サーバーやネットワークの設計・構築・運用・保守などの技術のことです。

インフラエンジニアリングの業務は幅広く、担当する分野によって「ネットワークエンジニアリング」「サーバーエンジニアリング」「データベースエンジニアリング」などに分かれます。

ネットワークエンジニアリング

ネットワークエンジニアリングは、ネットワークシステムの設計・構築・運用・保守を行う技術のことです。クライアントの要望に合わせたネットワークの設計・構築から、運用や不正アクセスから守る保守まで行います。ルーターやネットワーク機器の設定や接続、トラブルの対応など幅広いスキルが必要になります。

サーバーエンジニアリング

サーバーエンジニアリングとは、コンピューターシステムを運用するためのサーバーの設計・構築・管理・保守などの技術のことです。クライアントの要望や環境に合ったサーバーシステムを設計したり、障害が起きた際にサーバーを復旧をしたりと、サーバーに関する業務全般を担当します。サーバーのOSやセキュリティに関する知識が必要です。

データベースエンジニアリング

データベースエンジニアリングは膨大なデータをうまく管理するために、データベースの構築や活用を担当する技術のことです。

データベースとはデータを保管しておく場所のことです。このデータベースのなかから、必要なときにデータを瞬時に取り出せるようにするのがデータベースエンジニアリングの業務です。データを整えるためのプログラミングスキルやデータベース製品の知識が必要になります。

あわせて読みたい
【全17種】エンジニアの種類と主な仕事内容についてわかりやすく解説!
【全17種】エンジニアの種類と主な仕事内容についてわかりやすく解説!Web・ITの発展にともない、エンジニアの需要が高まっています。活躍する場が多くあるエンジニアは、携わる領域や分野によって多種多様な…

未経験からエンジニアになるには

エンジニアは実践で活かせる専門スキルが必要な仕事です。

未経験でエンジニアを目指すなら、書籍やスクールを通して基礎知識を学んだり、実績練習を重ねたりして、スキルを身につけていきましょう。

未経験からエンジニアになるために、おすすめの学習方法を紹介します。

書籍や学習サイトで学ぶ

独学でスキルを身につけたい方は、書籍や学習サイトを利用しましょう。実用書や入門書なら分野に特化した知識を深く掘り下げて学ぶことができます。

また、エンジニアは実践スキルが重要なので、学習サイトやプログラミングツールなどを利用して、実際に手を動かしていくことも大切です。書籍で知識をインプットしながら実戦練習も行っていきましょう。『サクラエディタ』や『Visual Studio Code』など、無料でダウンロードできるテキストエディタやコードエディタから試すのがおすすめです。

慣れてきたら実践練習を兼ねて、転職活動時に役立つポートフォリオ(作品集)を制作してみましょう。

資格の勉強をする

未経験からエンジニアに転職する場合、スキルを証明できると有利になります。ポートフォリオの用意も重要ですが、資格を取得しておくと履歴書でスキルを証明することができます。

エンジニアのスキルを証明できる資格のなかには国家資格もあります。ITを活用した知識・技能を期待される「基本情報技術者試験」や、高品質なデータベースを企画・運用・保守する知識や実績能力が問われる「データベーススペシャリスト試験」など、さまざまなものがあるので、スキルの習得と証明を同時にしたい方はチェックしてみましょう。

スクールで学ぶ

自分が目指すエンジニアに必要な知識を効率よく学びたいなら、ITエンジニアスクールやプログラミングスクールがおすすめです。プログラミング技術などは、独学で学んでいるとわからないことがあっても解決できず、そのまま挫折してしまう方が多いです。スクールだとわからないことがあったら講師に聞けるので、基礎をしっかり身につけることができます。忙しい方でもオンラインスクールなら、自分の都合に合わせて無理なく学ぶことができます。

また、プログラミングスクールのなかには実際に案件につなげてくれるところもあるので、スキルを学ぶだけでなく実績をつくることも可能です。案件の実績があると、今後の案件獲得や転職が有利になるでしょう。

あわせて読みたい
未経験からエンジニアになりたい女性へ - 転職する方法や向いている人の特徴
未経験からエンジニアになりたい女性へ – 転職する方法や向いている人の特徴エンジニアには男性が多い印象があり、未経験から女性が転職するのは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。ですが現状はエンジニ…

未経験からエンジニアになったロールモデル・竹村恵美さんの場合

SHEsharesでは未経験からエンジニアと経営を始められた、株式会社Coupe代表取締役の竹村恵美さんにインタビューを行いました。

竹村さんは立教大学文学部に在学中、インターンシップ先でアプリを作る過程を見て衝撃を受けたことをきっかけに、プログラミングに興味を持ちました。それから未経験でも可能なプログラミングスクールに通い始め、Webサイトの見た目を作るフロントエンドや、ユーザーからは見えない部分のバックエンドを学び、Webサイトを制作しました。

その後、美容師の親友が抱える課題を解決するための美容師とサロンモデルをつなぐウェブサービス「Coupe」を開発。大学4年生で株式会社「Coupe」を設立し、美容師とサロンモデル両者の課題となるマッチングを創業後2~3年で達成したとのこと。

竹村さんが未経験からエンジニアと経営を実現できた理由については、以下の記事で詳しく伺っています。

インタビュー記事はこちら
誰もが未経験からのスタート。竹村恵美さんが独学で経営者兼エンジニアを実現できた理由「やりたいことがあるけど、未経験だから不安」「新しい挑戦をしたいけど、自分なんてきっと上手くいかない」「本当にこの道が正解なのか分か…

エンジニアリングとは技術の開発・研究・改善のこと!技術習得にはオンラインスクールがおすすめ

エンジニアリングとは、生活を快適にするための技術の開発や改善、研究の総称のこと。

エンジニアリングを行うエンジニアには化学やITなど幅広い分野の職種があり、それぞれ専門スキルや知識が必要になります。

女性向けオンラインスクールSHElikes(シーライクス)では、全40以上の職種スキルが学び放題です。プログラミング入門コースでは、ITエンジニアの仕事に役立つプログラミングの基礎や実践的なスキルを学ぶことができます。SHElikesには受講生同士で学習の進め方や目標を共有しあえるコミュニティサイトもあるので、モチベーションを保ちながら、仲間と一緒にスキル習得が目指せます。プログラミングや在宅でできる仕事に興味がある方は、お気軽に無料体験レッスンに参加してみてください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。