動画編集の案件の取り方7選!初心者が仕事を獲得するコツも解説

動画編集の案件の取り方7選!初心者が仕事を獲得するコツも解説
ABOUT ME
ライター KeitoKurisu
埼玉県の美容学校を卒業後、銀座の美容室での経験を経て、雑誌・広告業界のヘアメイクとして活動。その後、SEOメディア事業や映像制作会社を立ち上げ、脚本とディレクター業務を行う。現在は、アート作品の個展を行いながら、フリーライターとして活動中。
エディター Kakuhata Kyosuke
同志社大学 生命医科学部医情報学科卒。在学中、基礎科学や生体情報の取得・制御、プログラミングについて学ぶ。大学院進学後Pythonデータ解析や生体化学を学んだあとライター業を開始。現在はフリーランスとして活動し、キャリア領域のメディアを中心にSEO記事を編集・執筆している。

動画編集を始めたい方のなかには「案件の取り方がわからない」「仕事を探して応募してはいるけど受注できない」と悩み、実績作りに苦戦する方も多いのではないでしょうか。

動画編集の仕事を継続して受注するためにも、案件の取り方やコツはしっかりと理解しておくことが重要です。そこでこの記事では、動画編集の案件の取り方や、受注しやすくなるコツを解説します。「動画編集の案件を獲得したい!」と考えている方は、ぜひ最後までチェックしてください。

あわせて読みたい
動画編集を仕事にしたい!仕事内容や動画編集者のなり方を解説
動画編集を仕事にしたい!仕事内容や動画編集者のなり方を解説動画編集の仕事の需要は、YouTubeやTikTok、Instagramなどの動画コンテンツが普及するにつれて高まりつつあります。ま…
あわせて読みたい
フリーランスの動画編集者になる方法は?気になる年収や案件相場、仕事内容を解説
フリーランスの動画編集者になる方法は?気になる年収や案件相場、仕事内容を解説「フリーランスの動画編集者の収入はどれくらい?」「動画編集初心者でもフリーランスになれる?」「フリーランスの動画編集者のリアルが知り…

動画編集の案件の取り方・探し方7選

動画編集の案件の取り方・探し方7選!

動画編集の案件の取り方・探し方は、主に下記の7つです。

  1. クラウドソーシングを利用する
  2. エージェントサービスに登録する
  3. 知人・友人に紹介してもらう
  4. スキル出品サービスを利用する
  5. 企業や個人に直接営業をする
  6. YouTubeやSNSを活用する
  7. スクールの案件紹介サポートを活用する

それぞれ特徴があるので、自分に合った方法を見つけましょう。ここでは、各方法について詳しく解説します。

あわせて読みたい
動画編集の仕事は未経験でもできる!具体的な受注方法を解説
動画編集の仕事は未経験でもできる!具体的な受注方法を解説「動画編集を始めてみたいけど、未経験でも大丈夫かな?」「未経験でもできる仕事ってどんな内容なんだろう?」 このようなお悩みはありませ…
あわせて読みたい
未経験の主婦でも動画編集の仕事はできる!理由や始め方を解説
未経験の主婦も動画編集の仕事はできる!理由や始め方を解説「動画編集って主婦でもできるのかな?」「5~10万円くらいの収入になるならチャレンジしてみたい」 このような悩みを抱えている方もいる…

1. クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、簡単にいうと仕事を受注したい人と発注したい企業・個人をつなげるサービスのことです。有名なサービスとして「クラウドワークス」や「ランサーズ」が挙げられます。

クラウドソーシングは無料で利用できるうえ、未経験可の案件もあり、初心者でも受注しやすいことが特徴です。実績作りの一環として参画できる案件も多くあります。これから動画編集・動画制作を始める方は、ぜひクラウドソーシングの利用を検討してみてください。

あわせて読みたい
クラウドソーシングとは?メリット・デメリットや初心者の副業におすすめのサイトを紹介!
クラウドソーシングとは?メリット・デメリットや初心者の副業におすすめのサイトを紹介!スキルを活かして副業を始めたい方におすすめのクラウドシーシング。初心者でも使いやすいことから、近年利用者が増えてきています。なかには…

2. エージェントサービスに登録する

エージェントサービスとは、登録者に案件を直接紹介してくれるサービスのことです。動画編集の仕事を紹介してくれるものとして、「レバテックフリーランス」などのエージェントサイトが挙げられます。

フリーランスや副業に特化したエージェントサービスを活用すれば、クラウドソーシングよりも高単価の仕事を紹介してもらえる傾向にあります。契約や請求書発行の手続きなどのサポートも充実しているので、仕事に集中したい方はエージェントサービスの活用を検討してみてください。

あわせて読みたい
フリーランスの動画編集の仕事内容は?年収や収入アップのポイントも紹介
フリーランスの動画編集の仕事内容は?年収や収入アップのポイントも紹介「動画編集の仕事でフリーランスってもう遅いのかな?」「動画編集でフリーランスになるためには何が必要なんだろう?」 このように悩む方も…
あわせて読みたい
動画編集の副業の始め方|稼げないって本当?単価相場や案件獲得方法を解説
動画編集の副業の始め方|稼げないって本当?単価相場や案件獲得方法を解説YouTubeやTikTokなどを見て「自分も動画編集をやってみたい!」と考える方も多いでしょう。近年では動画コンテンツが普及しつつ…

3. 知人・友人に紹介してもらう

動画編集の案件を探す場合、知人や友人に仕事をもらえないか相談してみるのも方法の1つです。近年は動画編集の需要が高まりつつあります。そのため、思わぬところから仕事の依頼が来る可能性があるのです。

知り合いから直接依頼の相談をもらうほか、友人からの紹介で新たなつながりが生まれることもあるでしょう。普段から動画編集の仕事をしていることや、案件を探していることを周囲に話しておくのがおすすめです。

4. スキル出品サービスを利用する

スキル出品サービスは、自分の技術や特技を商品として販売できるサービスです。人気のサービスでは「ココナラ」が挙げられます。スキル出品サービスのメリットは、自ら営業をしなくとも案件受注の可能性があることです。

スキルを出品して依頼を待つだけのシンプルなフローが魅力といえます。ただし、実際に仕事を受注するには実績や得意ジャンルの記載、説明文の工夫が必須です。動画編集の経験がある人、ライティングスキルに自信がある人などは、スキル出品サービスとの相性が良いといえます。

5. 企業や個人に直接営業をする

直接営業とは、文字通り動画コンテンツを作成したい企業や個人に直接営業をして案件を取る方法です。仲介業者を挟まず依頼主と直接契約できることが魅力といえます。動画広告を出稿している企業に提案をもちかけ、企業案件を受注する動画編集者も少なくありません。

ただし、直接営業で仕事を取るには動画編集のスキルや実績だけではなく、営業能力も必要です。動画編集のスキルを学びながら、コミュニケーション力などの営業に役立つスキルも身につけておきましょう。

6. YouTubeやSNSを活用する

YouTubeやSNSには、動画編集者を募集している投稿が多く見られます。そのため、各種SNSを利用しておいて損はないといえるでしょう。初心者から受注できる案件も募集されているため、実績作りをしたい方にもおすすめの方法といえます。

また、SNSで動画編集に関する有益な情報を発信していると、案件の相談がくる可能性も。発注者と直接契約できることが多いため、仲介業者によるマージン(仲介手数料)が発生しないこともSNSを利用する魅力の1つです。動画編集の案件を探すなら、SNSは積極的に活用すると良いでしょう。

7. スクールの案件紹介サポートを活用する

動画編集未経験者や初心者の多くは、「案件獲得のハードルが高い」と感じることがあるでしょう。特に独学の場合は案件獲得の仕方も手探りであることが多く、なかなか受注できないケースも。その場合は、案件獲得のサポートを受けられるスクールを活用するのも1つの方法です。

たとえば、女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)では、お仕事チャレンジ*の機会を用意しています。初心者でも挑戦できる案件もあり、実績作りに活用しやすいサポートが魅力です。気になる方は、ぜひ一度無料体験レッスンを覗いてみてください。

*一定のスキルが身についた方向けに、お仕事に挑戦できる機会の提供を行っています。ただし、すべての受講生のお仕事獲得を保証するものではありません。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

初心者が動画編集の案件を獲得・受注する7つのコツ

初心者にとって壁となるのが、実績作りです。動画編集のスキルを身につけても「未経験から案件を獲得するのが難しい」「応募しても案件がなかなか取れない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

ここからは、初心者でも動画編集の案件を取りやすくする方法を紹介します。下記の7つのポイントを意識して、案件獲得を目指しましょう。

実践的なスキルを身につける

動画編集の案件を継続的に受注するなら、実践的なスキルを身につけましょう。実践的なスキルが身についていれば、獲得できる案件の幅が広がるはずです。具体的には、下記のようなツールを用いた応用的なスキルが挙げられます。

  • カラーグレーディング:フィルムの色を調整して特定のムードやトーンを作成する工程
  • 音声編集:音声を削除したり、音量を調整したり、エフェクトを加えたりする作業
  • モーショングラフィックス:動きのない文章やイラストなどの素材に動き(モーション)をつける技術

他の動画編集者が作成した作品を参考にしたり、現役の動画クリエイターから指導を受けたりして、質の高いスキルを身につけることが重要です。幅広く活躍する動画編集者になるためにも、単なる知識だけでなく実践的なスキルの習得を目指してみましょう。

あわせて読みたい
【2024年最新版】社会人におすすめの動画編集スクール・講座15選!失敗しない選び方も解説
【2024年最新版】社会人におすすめの動画編集スクール・講座15選!失敗しない選び方も解説YouTubeやTikTokといった動画配信系SNSが注目されている影響で、数多くの動画編集スクールが誕生しているのはご存じでしょう…
あわせて読みたい
副業におすすめの動画編集スクール5選!選び方も詳しく解説
副業におすすめの動画編集スクール5選!選び方も詳しく解説動画編集の副業を始めたい方のなかには、「スクールに通うべきなのかな?」と考える方もいるのではないでしょうか。動画編集スクールの受講に…

ポートフォリオを作り込む

ポートフォリオとは、自分で作成した動画をまとめた作品集のことです。質の高い動画をポートフォリオにまとめると、スキルのアピールにつながります。また、駆け出しの動画編集者は自身のYouTubeチャンネルをポートフォリオに使用することが多いです。

投稿した作品を見た企業から案件の依頼がくる可能性もあるため、YouTubeは積極的に活用すると良いでしょう。YouTubeチャンネルの概要欄に動画のポイントや制作時間などを記載しておくと、仕事を発注してもらえる確率はグッと高くなる傾向にあります。ポートフォリオは案件の獲得に必要不可欠なので、丁寧に作り込みましょう。

あわせて読みたい
未経験でもできる魅力的なポートフォリオの作り方!コツや注意点も解説
未経験でもできる魅力的なポートフォリオの作り方!コツや注意点も解説仕事によって異なりますが、就職や転職、業務委託案件の受注などでは「ポートフォリオ」の提出が求められることが多々あります。しかし「ポー…

営業文・提案文を工夫する

クラウドソーシングや直接営業をする場合は、相手にとって魅力的な営業文・提案文を作成することが大切です。魅力的な営業文や提案文を作るポイントを下記にまとめました。

  • 応募(提案)した理由
  • 自分に依頼するメリット
  • 実績
  • 納品期日(最短どれくれいで納品できるか)
  • 見積金額(直接営業のみ)
  • 仕事に対する想い

特に長期の継続案件を獲得したい場合、相手の課題を解決できる具体的な根拠を提示することを意識してみてください。同じような仕事で成果を出した経験を記載したり、応募するジャンルに特化している実績を提示したりすると、魅力的な文章になります。提案文を考える際は、自分のスキルや実績が相手にどんなメリットを与えられるのかよく考えましょう。

専門分野を決める

専門分野を決めることで、動画編集の仕事を受注できる可能性は高くなります。理由は、特定の領域に特化していれば、そのジャンルに悩んでいる発注者の目に止まりやすいからです。たとえば、近年のSNSの普及に伴い、YouTubeTikTokなどに特化した動画編集者の需要が高まりつつあります。

活躍の場を定めてある領域に特化した動画編集者になると、活躍しやすいかもしれません。自分の好きな分野のコンテンツを深く勉強して、まずは特化型の動画編集者を目指すことをおすすめします。

同業者とのつながりを広げる

同業者とのつながりを広げることで、案件獲得につながる可能性もあります。なぜなら、仲間同士で案件を紹介している副業・フリーランスの動画編集者は多く見られるからです。

また、先輩の動画編集者とつながれば、編集中にトラブルが生じても解決方法を教えてくれるなどのメリットもあるでしょう。SNSでのつながりやオンラインサロンなどのコミュニティを活用して、同業者とのつながりを広げてみてください。

さまざまな案件の取り方を試してみる

さまざまな案件の取り方を試してみるのもおすすめです。サービスやサイトによって特色や案件の種類、受注までのフローは異なります。複数の手段で案件獲得を目指すことで、自分に合った方法がわかるでしょう。

また、複数の方法で案件獲得を目指すことで、単純に応募できる案件の数も増えていきます。チャンスを広げるためにも、さまざまな案件の取り方を試してみてください。

動画編集以外のスキルを掛け合わせる

動画編集以外のスキルを掛け合わせると、受注できる案件の幅が広がるのでおすすめです。たとえば、デザインスキルがあるとサムネイル作成が可能になります。SNSマーケティングのスキルがあると、SNS運用まで任されることもあるでしょう。

動画編集に関連した複数のスキルを効率的に身につけるなら、幅広く学べるスクールの活用がおすすめです。たとえば、女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)では、動画編集コースに加えてWebデザインコースマーケティングコースなど45以上の職種スキルが学べます。幅広く活躍する動画編集者を目指すなら、スクールの活用を検討してみましょう。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

動画編集の案件を受注する際の注意点

動画編集の案件を受注する際は、下記の3つ点を意識してください。

案件の取り方を間違えると思わぬトラブルになる可能性があります。各項目をしっかり理解し、案件を受注しましょう。

実績に使用できるか確認する

案件に応募する際は、納品した動画を自分の実績として公開できるか発注者に確認しておきましょう。というのも、契約内容によっては、自分が制作した動画コンテンツを実績として公開できない場合があるからです。

実績として公開できない作品は、ポートフォリオに載せてアピールすることが難しくなります。せっかく案件を受注して実績を作っても、他の案件に挑戦する際に活かせず、次の受注になかなかつながらないということも。駆け出しの頃は、実績に使用できるかどうかも考慮して、案件を受注しましょう。

単価が低すぎる案件に注意する

クラウドソーシングでは「初回のみテスト料金として100円」などの単価が著しく低い案件が見られます。お試しとして報酬額が低くなることはありますが、とはいえ金額があまりにも低い場合は注意が必要です。

案件によって異なりますが、動画制作の報酬は3,000〜20,000円が相場のため、相場よりも低い単価かどうかは受注時に確認しましょう。クラウドソーシングは発注者の評価を確認できるので、信頼できる依頼主か確かめてから案件にチャレンジすることをおすすめします。

あわせて読みたい
動画編集で稼げるようになるまでの期間は?収入アップのコツも解説
動画編集で稼げるようになるまでの期間は?収入アップのコツも解説動画編集の人気が高まるなか、「動画編集って本当に稼げるの?」「動画編集で稼げるようになるまでどれくらいの期間が必要なんだろう?」と悩…

納期は必ず守る

案件を獲得し、実際に仕事に取り掛かるときは、納期を必ず守りましょう。動画編集の案件を獲得することにばかりに注力すると、仕事が受注できたことに安心して気が抜けてしまう方も少なくありません。しかし、案件を獲得した後の対応は非常に重要です。

たとえば、一度案件を獲得したクライアントから定期的に受注したいのであれば、クライアントとの関係を良好に保つことが必要です。納期の遵守は信頼関係を構築するうえで重要なポイントといえます。継続的な受注につなげるためにも、納期は必ず守るようにしましょう。

初心者が効率的に動画編集の案件を獲得できるまでになるにはSHElikesの動画編集コースがおすすめ!

初心者が最短で動画編集の案件を獲得するには、スキルを身につけて実績を作る必要があります。案件獲得までの道のりには一定の時間を要するため、挫折する方もいるでしょう。効率的にスキルを身につけて案件獲得したい場合は、スクールの活用が向いています。

女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)の動画編集コースは、スキルの習得と案件獲得の機会のどちらも活用できるので初心者におすすめです。SHElikesには下記のような動画編集関連コースがあるため、幅広いスキルが身につけられます。

関連コース学べるスキル
動画編集コースPremiere Proの基本的な使い方
・YouTube動画の作り方
など
SNS動画制作コース・SNS動画の基礎知識
・SNS動画の作り方(企画・構成、撮影、編集)
など
モーショングラフィックスコースAfterEffectsの使い方
・目を引くアニメーション動画の作り方
など

動画編集コースを中心に複数のスキルを掛け合わせることで、応募できる案件の幅が広がるメリットも。効率的に動画編集のスキルを身につけて、案件獲得できるまで成長したい方には、SHElikesの活用がおすすめです。

インタビュー記事はこちら
YouTube登録者数60万人突破!未経験から副業動画編集者になった方法45種以上の職種スキルを掛け合わせ、自分の中の可能性を広げていくキャリアスクール、SHElikes。今回の記事では、未経験から“好き…
インタビュー記事はこちら
超多忙な副業インスタグラマーOL・石井里奈がたった2ヶ月で“動画編集スキル”を習得した方法

自分にあった方法で着実に動画編集の案件を獲得しよう!

動画編集の案件の取り方はさまざまです。スキルや経験に合った方法を選択することが、受注への近道といえます。また案件獲得には実践的なスキルの習得や仲間とのつながりをもつことも大切です。必要なスキルをバランスよく身につけ、動画編集の案件獲得を目指しましょう。

「動画編集のスキルに自信がない」「ひとりで案件獲得をするのは難しい」と感じたら、スクールを活用して効率的に案件獲得を目指すのもおすすめです。女性向けキャリアスクールSHElikes(シーライクス)では、動画編集やSNS、マーケティングなど、案件獲得につながるスキルを幅広く学べます。

オンラインで好きな時間や場所で受講でき、一緒に頑張れる仲間とつながる機会もあります。動画編集の副業を始めたい方やフリーランスになりたい方は、ぜひ一度無料体験レッスンにお越しください。

女性向けキャリアスクールSHElikes無料体験レッスンはこちら

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。